CoinPostで今最も読まれています

最重要ビットコインETF申請企業責任者が「ナスダック提携に関する詳細」を明かす|仮想通貨市場の展望も

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

VanEck社の仮想通貨部門トップがナスダックとの提携詳細を語る
VanEck/MVIS社仮想通貨戦略部門Gabor Gurbacs氏が、正式に発表された仮想通貨先物商品を目的としたナスダックとの提携について語り、注目される詳細が明らかになった。仮想通貨商品市場が20年後には約1100兆円(1000億円ドル)規模になるとデジタル通貨の将来性を大きく見込んでいる。

VanEck社仮想通貨部門トップがナスダックとの提携について語る

VanEck/MVIS社の仮想通貨戦略部門のディレクターであるGabor Gurbacs氏がNasdaqの番組Trade Talksに出演し、最近発表されたナスダックとの提携や今後提供が予定される仮想通貨先物商品について語った。

ナスダックとVanEck社の提携について

Van eck MVIS と Nasdaqが協業して規制されて、透明性の高い仮想通貨先物商品を提供すると改めて説明した。

VanEck社の傘下であるMVIS社が価格指標を提供し(11月21日発表)、世界2位の規模を誇る先物取引所を提供するNasdaqが協力し、仮想通貨と仮想通貨先物に「成熟した市場」提供を目指すとGurbacs氏は語った。

またGurbacs氏は先月末に仮想通貨カンファレンス「Consensus Invest」で発表されたVanEck社とナスダックの提携と、そのパートナーシップを通して提供が見込まれる仮想通貨先物商品の利点を3つ挙げた。

  1. 市場監視技術(NASDAQのSMART技術
  2. 市場操作への耐性
  3. 適正な価格形成

さらに現在VanEck社側が6月末に米SECに申請したビットコインETFも前述の「成熟した市場」、または「クリプト2.0」に必要であると説明。

ビットコイン先物やビットコインETFの提供を通して規制当局に限らず、投資家から信頼を得て、市場参入を促したいのが狙い。

と述べた。

CboeとCMEのビットコイン先物との差別化

また既にCboeやCME、来年1月からはインターコンチネンタル取引所もBakktを通じてビットコイン先物を提供するが、他社との差別化できる点として市場監視技術と価格インデックスの優位性を挙げた。

NASDAQは世界有数の市場監視技術を有している。

(我々が)提供する先物取引と根となる取引所も全て監視される。

これは投資家と規制当局からの信頼獲得につながる。

さらにVanEck社の傘下企業であるMVISが先月発表したばかりの価格インデックスが適正な価格形成につながると言及。

正しい価格と市場の透明性は仮想通貨市場における信頼を生む。

現状まだ市場が正しく監視されているか、市場操作が行われているかに関する疑問が残っている。

しかし我々は市場操作が行われている不安、市場が監視されているかに関する心配を全て取り除く。

ナスダックと提供する仮想通貨先物商品が業界に与える影響

さらにナスダックとVanEck社が業界にもたらす一番の影響は信頼だと述べた。

規制当局の一部では、既に存在するソリューション(仮想通貨商品)は所々手が抜いているという声もあるが、我々は決して手を抜かない。

(この提携を通して)仮想通貨が他の資産クラスと見分けがつかなくなる事を目指し、必要な要素を築いていきたい。

Gurbacs氏の仮想通貨市場に対する今後の展望

さらにVanEck社の仮想通貨部門のトップであるGurbacs氏は低迷が続く仮想通貨市場の今後についても展望を語った。

価格は重要ではない。 ビットコイン価格が1000ドルでも50000ドルでも関係ない。

正しいカストディ、価格形成、そして市場監視の3つの市場構造が整っていなければならない。

それらが整えば、市場は繁栄して、20年後の2038年には1000億ドル規模の市場に成長するだろう。

今から20年後の2038年、この(仮想通貨商品)市場は1127兆円(1000億ドル)規模になるポテンシャルがある。

ETFは市場で取引が開始されてから約20年で670兆円規模に拡大しているが、私は仮想通貨に関してはもっと速く成長すると見込んでいる。VanEck社/MVIS、そしてナスダックと共にその1000億ドルの市場を築くことを楽しみにしている。

同氏の考える将来はかなり強気な予想と言えるが、Gurbacs氏は仮想通貨市場が急落する前の11月11日にも同様の内容をツイートしていた。

2038年にはデジタル資産は1000億ドル規模になると予想する。大胆だが、未来のプログラム可能なお金、価値の保存、そしてペイメントやプロトコルを甘く見るべきではない。

ETFは20年で0から600億ドルまで成長した。仮想通貨は明日の技術を見据えるとさらに速く成長するだろう。

VanEck社のここまでの動き

まず、VanEckとSolidXによるビットコインETFの申請は、今回が初めてではない。

以下の様にその経緯を追っていく。

  • SolidX(仮想通貨カストディ企業)が2015年からビットコインETFに携わり始め、2017年にVanEckと提携。
  • 両社は、2016年3月にNYSEと提携でビットコインETFを申請し、2017年7月に否決を受けた。
  • 2018年6月、上記両社はCboeとの提携で、再びビットコインETFの申請を行なった。
  • 8月、9月、12月、計3回の延期がSECによりなされた。
  • 最終判断期限まで延期=2019年2月27日まで(本日発表)

SECが最終判断を2月末への延期を正式発表

また本日未明、ビットコインETFの最終判断権限を有する米国証券委員会はVanEck社のビットコインETFに関する判断の最終締切日を2月27日まで延期する事を発表した。

これは最初の申請がSEC側からコメントを求める為に公開された7月2日から240日後に当たる為、来年初旬についにビットコインETFに関する発表がされる。

今回のSEC側の発表と専門家の意見はこちらから。

米SEC、VanEck版仮想通貨ビットコインETFの最終延期決定|判断期限は来年2月末
米国証券取引委員会(SEC)は米時間12月6日、VanEck版ビットコインETF(最有力とされている)の申請に対し、判断における最終延期の通知を発表した。最終判断期限は2019年2月27日。
▶️本日の速報をチェック
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者7,000名突破。

CoinPostの関連記事

米ナスダック責任者「ビットコイン先物」上場計画を公式発表|2019年仮想通貨市場に特大材料
これまで関係筋の証言ベースであった米ナスダックのビットコイン先物上場計画に関して、ナスダック コミュニケーション部門VPが、実際に進められている計画であると正式に声明を発表した。低迷相場にある仮想通貨市場だが、Bakktやフィデリティに加え、ナスダックが正式に加わった事で、期待感が高まっている。
VanEck子会社、業界初ビットコインOTCスポット・インデックスを開始|ETFなど機関投資家向け商品開発促進へ
数々のビットコインETFの中で、最も有力視されているVanEck社の子会社MVIS社がビットコインOTCスポット・インデックス開始を発表。 同インデックス商品は、機関投資家に透明な価格に基づいて大規模の取引を行うためのツールを提供する可能性を持っているという。
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
04/24 水曜日
13:00
香港の現物ビットコインETF 4月30日にも発売かー報道
香港でボセラとハッシュキーキャピタルが提供するビットコインETFが取引を開始すると報じられた。2社の現物ビットコインETFは、価格安定性が高く、投資家に直接的な市場価格連動のメリットを提供する。
12:09
半値戻しのビットコイン、投資家心理改善で買い先行
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが66000ドル台まで反発し、50MA手前で一服した。イランとイスラエルを巡る中東リスク後退で米国株式市場でも買い戻しが先行しており、投資家心理が改善した。
12:00
ブラックロックのビットコイン現物ETF「IBIT」、70日連続流入を記録
ブラックロックのビットコイン現物ETF「IBIT」が70日連続で資金流入を記録した。運用資産は約2.8兆円に達している。
11:00
リップル社、SECによる20億ドルの罰金提案を過大と反論
リップル社は、XRPをめぐるSECとの裁判で新たな書類を提出。リップル社に対して約3,100億円の罰金支払いを求めるSECの主張に反論した。
09:40
「BTC価格上昇は半減期から50〜100日後」QCP Capital
仮想通貨ビットコインの今後の価格が急上昇するのは半減期から50〜100日後であるとQCP Capitalが分析。また、Bitfinexも半減期後の相場レポートを公開した。
08:45
ソラナJupiter、DEXモバイルアプリ5月公開予定
既存のUltimateウォレットは5月22日から利用できなくなるため、その前に仮想通貨の一時的移転(PhantomやMagic Edenウォレット)を推奨した。
08:10
米国のイーサリアムETF上場申請、5月承認は見込み薄か
申請中の仮想通貨イーサリアム現物ETFの多くは5月に最終判断を迎える予定だが、多くのアナリストは承認の確率が低いと予測。背景には、イーサリアム財団への任意捜査で米SECがETHを有価証券に分類しようとしている点や、ビットコイン現物ETFが承認されてからまだそれほど時間が経っていない状況などがある。
07:10
ビットコインの機能を拡充する新提案が公開
仮想通貨ビットコインのブロックチェーン上でスマートコントラクトなどを実現する開発提案がBIP-420として公開。以前から関心を集めている提案の内容が改めて説明された。
06:35
バイナンスアプリの削除、フィリピン当局がアップルとグーグルに命令
フィリピンはバイナンスの顧客基盤における重要な構成国だが、同SECは2023年11月以降、バイナンスを投資に利用しないよう国民に積極的に警告していた。
05:50
エルサルバドルの国営ビットコインウォレット、ハッカーがコードを流出
今回の漏洩は、4月上旬に報告された510万人のサルバドル人の個人情報リークを含む、一連のChivoウォレット関連のハッキングに続くものだ。
04/23 火曜日
19:00
メゾンマルジェラ MetaTABI NFT発売
メゾンマルジェラがMetaTABI NFTを一般販売開始。デジタル専用設計のタビシューズはThe Fabricantとのコラボで、限定版タビブーツとレザーウォレットが付属。今後のWeb3ブランドイベントにも参加可能。
18:00
ライフカードVプリカ 仮想通貨で購入可能に
ライフカードが暗号資産(仮想通貨)決済サービス事業者Slash Fintechと提携。2024年5月15日から「Slash Vプリカ SHOP」でステーブルコイン等を使ったVプリカギフトの販売を開始する。インターネットショッピングやオンラインゲーム等、デジタルサービスでのプリペイド決済が拡大する見込み。
14:00
ベネズエラ、石油取引で仮想通貨使用を加速か
ベネズエラの国営石油会社PDVSAは原油と燃料の輸出において、暗号資産(仮想通貨)の利用を増やす計画だ。背景には米国による制裁再発動がある。
13:00
SEC弁護士2名が辞任、「重大な権力乱用」と非難受け 
米仮想通貨企業Debt Boxに対する訴訟において、連邦地裁が「重大な権力乱用」を理由に米国証券取引委員会に制裁を課したことを受け、同委員会の担当弁護士2名が辞任したことがわかった。
12:00
「スイス中銀はビットコインを準備資産に持つべき」2B4CHが提唱
スイスの仮想通貨擁護団体「2B4CH」は、スイス国立銀行がビットコインを準備金として持つことを提唱している。国民投票を目指す計画だ。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/04/24 11:30 ~ 13:30
その他 オンライン
2024/04/25 ~ 2024/04/26
東京 国立新美術館
2024/04/27 10:30 ~ 20:00
東京 東京都渋谷区
重要指標
一覧
新着指標
一覧