露三大銀行の一行、スイス支店での仮想通貨サービス提供に向けパートナーシップ締結

仮想通貨を対象としたサービス開始予定
ロシア3大銀行の一つである、ガスププロムバンクのスイス支店は、2019年半ばまでに仮想通貨資産を対象としたサービスの提供を予定していることが明らかとなった。仮想通貨による投資サービスなど様々なソリューションを提供するとしている。同行は、スイスの巨大フィンテック企業Metacoやテック企業Avaloq社とパートナーシップを結んでいる。

ガスプロムバンク:仮想通貨を対象としたサービス開始予定

ロシア3大銀行の一つである、ガスププロムバンクのスイス支店は、2019年半ばまでに仮想通貨資産を対象としたサービスの提供を予定していることが、同社の技術パートナーであるAvaloqがそのプレスリリースの公表で明らかになった。

同行は、顧客のポートフォリオ管理に関して、ビットコインなどの仮想通貨資産なども含めた「完全な統合プラットフォーム」を構築し、仮想通貨による投資サービスなど様々なソリューションを提供するとしている。

この計画には、スイスの巨大フィンテック企業Metacoもパートナーシップを結んでおり、同社が提供している金融機関を対象とした、仮想通貨アセット向けカストディ・インフラ「Silo」の提供を目的としている。

(Siloは仮想通貨ウォレットの管理や、ストレージ・プロダクトを提供するサービス)

同社のツイッター上においても、今回の協力関係締結についてコメントしている。

我々のパートナーAvaloq社と共に、仮想通貨アセット向けカストディ・インフラ#Siloをガスプロムバンクに提供するとの報告ができたことを大変誇りに思う。

Metaco社とのパートナーシップについて、Avaloq社のCTOであるThomas Beck氏は、以下のようなコメントを残している。

Metaco社のストレージ・ソリューションや、預金・資産マネジメントが導入されることにより、顧客が仮想通貨を取引する際、新たな第三者機関を信用する必要がなくなった。

我々のアセットクラスを一つのポートフォリオで見られるよう統合することで、我々のサービスの利便性、使いやすさは大いに向上するだろう。

Metaco社のCEO、Adrien Treccani氏も、こう語っている。

セキュリティや安全なカストディサービスは、最も大切なことであり、Metaco社の多面的なサポートにより、機関が利用することのできるソリューションを提供できる。

仮想通貨市場に参入する銀行は、スイス国内でかなり加速しており、スイスにあるロシア連邦貯蓄銀行や、チューリッヒに拠点を置くファルコン・プライベートバンクなどがある。

もしガスプロムバンクのサービスが開始されれば、機関投資家の仮想通貨市場参入の足がかりとして期待されており、与える影響は大きいだろう。

その他最近のスイス国内の動向

先日、コインポストでもお伝えしたように、スイスの金融市場監督局(FINMA)が、技術革新を推進するため、新たに「フィンテック・ライセンス」に関するガイドラインを発表、仮想通貨・ブロックチェーン関連企業もフィンテック企業として、2019年より申請することができるようになっている。

また、フィンテックライセンスの申請可能に加え、先日同局から初の仮想通貨投資ファンド向けの「仮想通貨ライセンス」を発行し、さらに以前よりICO規制ガイドラインを提供している。

このように仮想通貨・ブロックチェーン業界において、スイス政府の動きも大変活発になっている。フィンテック・ブロックチェーン等の革新的技術の成長を促進しようとしているスイスの今後の動向に目が離せない。

▶️本日の速報をチェック
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者7,000名突破。

CoinPostの関連記事

「仮想通貨を使用したブロックチェーンプラットフォーム」が銀行決済業務利用可能へ|米NY州金融サービス局が正式認可
米NY州金融サービス局は、Signature Bankが2019年1月よりサービスを開始する、新デジタル決済プラットフォーム”Signet”を認可したと発表した。
スイスに上場した仮想通貨ETPの出来高、金・銀・原油を超え圧倒的な首位に
今月21日から始まっている、スイス証券取引所「SIX Exchange」の株式市場に上場する初の仮想通貨ETPが、金や銀の取引高を抜き一位に。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら