バイナンスCZ氏、財産の99.99%が仮想通貨|ビットコイン下落相場に左右されずに普及を重要視

仮想通貨バイナンスの代表者CZ氏、財産の99%が仮想通貨
世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスの代表CZ氏は、ツイッターでのユーザーコメントに応じる形で、「自身の保有財産の内、99.99%が仮想通貨」になっていることを明かした。

BinanceのCEOの財産:99.99%が仮想通貨

取引高世界最大級の仮想通貨取引所Binanceの代表者であるCZ氏は、ツイッター上で、自身が持っている財産の99.99%が仮想通貨だと明かした。

同取引所は、分散型仮想通貨取引所のデモ動画や、Binanceチェーンという独自のブロックチェーンプラットフォームの発表など、技術構築の発展や自社トークンの普及を加速させている。

同氏はツイッターフォロワーに対し、「次の上昇相場の起爆剤となるのは何か」と質問を投げかけており、「CZが自分の財産でビットコインを買えば、暴騰するだろう」というユーザーのコメントに対し、以下のように返答した。

私の財産は、すでに99.99%が仮想通貨だ。ビットコインを買う分の法定通貨もないし、法定通貨を保有する考えも無い。

続けて「つまり、Binanceの利益で仮想通貨を購入しているのか。」という質問に対しては、このように答えた。

我々の収入もすでに仮想通貨になっている。法定通貨でしか支払いの出来ないものにだけ、仮想通貨を法定通貨に換金するだけだ。残りの仮想通貨は保有したままである。

CZ氏のコメントは、Binanceが仮想通貨の普及に向けて、全力で努めていることを裏付けている。

仮想通貨保有の背景には、将来性にかけるCZ氏の思い

CZ氏は、2018年最大級の弱気相場にあった11月に、CNBC AFRICAの番組CRYPTO TRADERに出演、現相場と今後の展望を語っている。

番組内の質問の一つ、「現在の弱気相場と相場を動かす要因はなにか?」に対して、予想自体は困難であるとしながらも、仮想通貨市場は以前と比較し安定性も高く、健全なプロジェクトも増えてきているとした上で、状況は刻一刻と変化していると言及し、依然として強気な姿勢を示している。

バイナンスの仮想通貨マーケット関連事業の展開スピードは、他社と比較しても抜きん出ており、仮想通貨の将来性にかけるバイナンスの理念は明らかである。

最近報道されたBinancn・BNBトークンに関する仮想通貨の普及事例は、以下にピックアップした。

  • 日本も含む45万軒以上のホテルの予約サービスを提供するブロックチェーン企業Tripioの予約対象(仮想通貨として利用可能)
  • 豪州の空港内決済専門企業Travelbybitと提携し、BNBトークンによる決済可能
  • 3Dコンテンツに特化したブロックチェーンプロジェクト『Decentraland』で、BNBによるVR不動産を購入可能
  • その他、シンガポールなどの地域にあるレストランで支払い可能
▶️本日の速報をチェック
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者7,000名突破。

CoinPostの関連記事

世界取引高No.1の仮想通貨取引所バイナンス|分散型取引所やBinanceチェーンの最新状況
米有力ビジネス誌フォーブス主催のカンファレンスにて、Binanceの代表格CZ氏は開発中のBinance Chainについて、数ヶ月内に完成と言及。これを基軸とした独自の分散型取引所のデモビデオも公開。
バイナンス、情報配信に係る仮想通貨プロジェクトの評価基準「Gold Label」を導入|既に複数アルトで評価事例も
仮想通貨取引所Binanceが、適切な情報を提供を行う仮想通貨プロジェクトに対して、Binanceの認定基準を新たに導入した。直接的なプロジェクト評価ではないが、Gold Labelバッジを取得で、世界最大級取引所Binanceにより、コミュニティ、ブランド力、透明性、名誉という4つの側面から恩恵を受けることができるとされている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら