韓国仮想通貨取引所も擁するCoinone、リップル社のxCurrentを自社サービスで利用開始

Coinoneがリップル社xCurrentを自社サービスで利用を開始
Coinoneの子会社Coinone Transfer社が、ブロックチェーン技術を用いた国際送金サービスを開始したとリップル社が明らかにした。同社はRippleNetへの加盟とxCurrent利用を発表している。

Coinoneがリップル社xCurrentを自社サービスで利用を開始

韓国取引所Coinoneを経営し、ブロックチェーンを活用した各種金融ソリューションを提供するCoinone社の子会社であるCoinone Transfer社が、ブロックチェーン技術を用いた国際送金サービスを開始したとリップル社が明らかにした。

今回送金の初導入にいたった同社の送金モバイルアプリ兼Webサービス「Cross」は、韓国初のブロックチェーン基盤の送金サービスとなる。

同社は、今後アジア地域へ積極的に拡大するべく、リップルネットを利用しているタイのSiam Commercial BankとフィリピンのCebuana Lhuilier銀を通して、サービスを提供し始めた。

CoinOne Transfer社は、2018年RippleNetに参加、xCurrentを実装する韓国初の取引所になったことでも注目を浴びた。

また、同時期にアジア地域で分散台帳技術(DLT)を活用した次世代決済基盤を展開するSBI Ripple Asia株式会社ともxCurrentライセンス契約の締結を発表している。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

リップルネットに新企業が加入|増加するRipple社との提携企業
リップル社が提供するRippleNetに新たなイギリス企業MoneyNetInt社が加わった。その他でもxRapid、XRPの使用・採用実例は増加しつつある傾向が見られている。
リップル『SWELL 2018』前夜にRippleNet委員会発足|イベント内容はYoutube発信予定
リップル社最大級の国際カンファレンス「SWELL」の内容は、公式サイトやSNS、Youtubeで発信予定。前夜開催のRippleNet委員会には、三菱UFJやSBI、バンクオブアメリカ、メリルリンチ、アメックス等の代表が集結した。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者7,000名突破。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック