CoinPostで今最も読まれています

日立が仮想通貨の新技術を発表、ブロックチェーン秘密鍵を生体認証管理

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

日立が生体情報自体をブロックチェーンの秘密鍵として利用できる技術を開発
生体認証を行うたびにユーザーの体から一時的に秘密鍵を抽出する、という技術なので、今までのように秘密鍵を外部管理する必要がなくなり、厳重な不正防止になります。
「自動取引向け短期デバイス証明書生成技術」により、取引のたびに生体認証を行わなくてはならないという手間を解消
取引条件を設定しておくことで自動で取引が行われて、取引の度に本人認証をするという手間が省かれる、という技術です。

2017年10月5日、株式会社日立製作所(以下、日立)は仮想通貨業界にとって革新的な技術を発表しました。

生体情報から電子署名を生成するという、日立独自の「公開型生体認証基盤(以下、PBI)」技術を応用した、「PBI-ブロックチェーン連携技術」です。

この技術を活用することにより、指静脈などの生体情報を元にして電子署名を生成することで盗難や漏えいのリスクが抑えられて、この生体情報を取引記録へ付与することが可能となり、また設定した条件に従って電子署名を自動生成することも出来ます。

この結果、今後ブロックチェーン上での実現が期待される様々な取引の際の本人認証を、生体認証により簡単に行うことが出来ます。

PBI-ブロックチェーン連携技術の優れている点

生体情報によりブロックチェーンの秘密鍵を管理する、と書くと結局はデータとして存在し外部管理している秘密鍵にアクセスするために生体認証を行うだけで、そもそもの秘密鍵自体が漏えいするリスクは存在するように聞こえてしまいます。

「PBI-ブロックチェーン連携技術」の優れている点は、従来の生体認証技術と異なり、生体情報自体を秘密鍵として利用できる点です。

よって、秘密鍵を外部管理する必要がなくなります。

生体認証を行うたびにユーザーの体から一時的に秘密鍵を抽出する、という技術なので、今までのように秘密鍵を管理する必要がなくなり、厳重な不正防止になります。

生体情報自体が秘密鍵であるため、当然本人でなければ電子署名を生成出来ません。本人確認を慎重に行うべき取引もこの技術を使うことで簡略化することが出来ます。

また、日立は取引のたびに生体認証を行わなくてはならないという手間を考え、それを解消するため設定した条件に従って電子署名を自動生成可能な、「自動取引向け短期デバイス証明書生成技術」も開発しました。

自動取引向け短期デバイス証明書生成技術とは?

簡単に述べると、取引のたびにユーザーが本人認証をする必要がなくなり、設定した条件で自動取引が可能となる技術です。PCやスマートフォン等のデバイスから行うことも出来ます。

例えば、利用者がデバイスから「AをB価格で購入する」と取引条件を設定します。

すると、短期間だけ有効な「短期デバイス秘密鍵」、公開鍵へと電子署名を付け足した「短期デバイス証明書」の二つが生成されます。

先ほどの「AをB価格で購入する」という取引条件が成立した場合、上記した二つを使って電子署名が生成されます。

証明書の有効期間は短期間に設定が可能であるため、「短期デバイス秘密鍵」が漏えいした時のリスクも抑えることが出来ます。

まとめ

日立はこれらの技術を2018年度中に実用化を目指しているそうです。

2017年10月11日(水)に東京都にて開催される「Blockchain.EXE*7」では、これらの技術の一部成果発表がある予定だそうなので、是非チェックしてみて下さい。

ブロックチェーンにおけるセキュアな取引を実現する生体認証技術を開発

2017年10月5日 株式会社日立製作所

参考記事はこちらから
『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/19 水曜日
09:45
Hashdex、現物ビットコインとイーサリアムの混合ETFをSECに申請
ブラジルの仮想通貨投資企業Hashdexは、現物ビットコインとイーサリアムの両方を保有するETFを米SECに申請した。
09:20
コインベース、先週に続き仮想通貨3銘柄の取引停止へ
米仮想通貨取引所大手コインベースは先週に続き、3銘柄の取引停止予定を発表した。
08:40
ETH現物ETF、米SECは早くに承認か
仮想通貨イーサリアムの現物ETFに対する米SECの要求は厳しくないと発行企業の情報筋が明かした。早くに承認される可能性があるとも述べている。
08:18
Ondoの米国債型ステーブルコイン、ソラナDriftで証拠金として利用可能に
ソラナの最大手オンチェーン・デリバティブ取引所Drift ProtocolはOndo製の仮想通貨ステーブルコインUSDYを担保資産として導入した。
08:00
Phantomスマホウォレット、仮想通貨の価格チャートを導入
Phantomはこれまで価格だけ表示しているが、新機能では保有するトークンをクリックすると、チャートと24時間の変動率を見ることができる。また、トークンのホルダー数と総発行数も掲載。
07:05
「BTCは6万ドルまで下落する可能性」CryptoQuant
仮想通貨ビットコインの価格は6万ドルの水準まで下落する可能性があるとCryptoQuantが分析。相場の勢いが弱まっているとみる背景を説明した。
06:50
Uphold、欧州MiCA法準拠でUSDTなどのステーブルコイン上場廃止へ
仮想通貨取引所Upholdは、欧州のMiCA規制環境に備え、7月1日までに欧州市場でUSDTを含むすべてのステーブルコインを上場廃止する。
06:25
自称トランプ氏の公式ミームコイン「DJT」高騰、未だ真偽不明
ブロックチェーンインテレジェンスサービスArkhamはSNSで、仮想通貨DJTの本当の創造者を特定した人に、15万ドルの賞金をかけると投稿し、プラットフォーム内でバウンティを設定した。
05:50
米クラーケン、ソラナとベース基盤のミームコインの先物を提供
米仮想通貨取引所クラーケンは19日、複数のミームコイン無期限先物を提供し始めた。また、現物取引では銘柄の新規上場も実施した。
06/18 火曜日
17:29
JBA、新年度の重点課題に「申告分離課税」と「レバレッジ倍率の見直し」など
日本ブロックチェーン協会(JBA)は2024年度の役員体制を発表。代表理事に再任した加納 裕三氏は、申告分離課税とレバレッジ倍率改定などを重要テーマとして取り組む方針を示した。
16:37
バイナンス新CEO、年末ビットコイン価格見通し・相場サイクルの特異性を語る
バイナンス新CEOリチャード・テン氏が、2024年末の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン価格見通しと暗号資産市場サイクルの展望を語る。市場はまだ初期段階にあり、さらなる成長を見込む。
15:01
ZKsync大型エアドロップは2時間で45%が申請完了 一躍ランキングTOP100圏内に
ZKsyncが36億7500万ZKトークンの大型エアドロップを実施。2時間で45%が申請完了し、暗号資産ランキングTop100圏内に急浮上。バイナンスでの取り扱いも開始。
13:50
エチオピアの仮想通貨事情、禁止から規制へ
エチオピアは、仮想通貨の全面禁止から、仮想通貨とブロックチェーン技術のメリットを慎重に検討する方向へと、この2年間で方針を転換してきた。現在はビットコインマイニングが活発化し、モバイル送金サービスも成長を続けている。
12:25
ビットコイン続落でメジャーアルト全面安、IEO銘柄BRILは公募価格の2倍超で推移
暗号資産(仮想通貨)相場は米連邦公開市場委員会(FOMC)の利下げ観測後退もあり引き続き軟調。ビットコインの続落でイーサリアム(ETH)やソラナ(SOL)では売りが先行した。一方でIEO銘柄ブリリアンクリプト(BRIL)は公募価格の2倍超で推移する。
11:21
ビットコインの対円は緩む展開、マイナーやハッシュレートの動向も注視が必要か|bitbankアナリスト寄稿
6/8(土)〜6/14(金)の仮想通貨相場 国内大手取引所bitbankのアナリスト長谷川氏が今週のビットコインチャートを図解し、今後の展望を読み解く。 目次 ビットコイン・オ…

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア