CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨取引所bitbankの特徴や手数料等を解説

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

リップル取引高国内No.1bitbank.cc
リップル取引高が国内仮想通貨取引所の中でも高く、取引することで手数料が貰えて、スマートフォンアプリからの操作も簡単です。
追証なしレバレッジ最大20倍のビットコインFXが出来るbitbank Trade
ビットコインは値動きが激しいため、FXは通常のものよりも更にハイリスクハイリターンな投資であるということに注意する必要があります。
目次
    1. bitbankの概要
    2. 取り扱い仮想通貨
    3. bitbank.ccとbitbank Tradeの違い、それぞれの特徴
      1. bitbank.ccの特徴
      2. bitbank Tradeの特徴
    1. 登録/口座開設の方法
      1. bitbank.ccの口座開設
      2. bitbank Tradeの口座開設
    1. 仮想通貨の購入、売買方法について
    2. 手数料について
      1. 取引手数料
      2. 入出金手数料
      3. ビットコインFX手数料
  1. bitbankの評判まとめ

bitbank(ビットバンク)の概要

公式 bitbank.cc bitbank Trade
会社名 ビットバンク株式会社
設立 2014年5月
資本金 11億3100万円(資本準備金含む)
代表取締役CEO 廣末 紀之
本社所在地 東京都品川区西五反田7丁目20−9

取扱い仮想通貨

  1. ビットコイン BTC
  2. リップル XRP
  3. ライトコイン LTC
  4. イーサリアム ETH
  5. モナコイン MONA
  6. ビットコインキャッシュ BCH

bitbank.ccとbitbank Tradeの違い、それぞれの特徴

bitbank.ccbitbank Tradeという二つの取引所の特徴について説明します。

bitbank.ccの特徴

bitbank.ccは、現物取引に特化した取引所です。販売所機能はありません。 国内取引所の中でも比較的多くのアルトコインを取り扱っています。 ビットコイン、ビットコインキャッシュ、リップル、モナコインは日本円建てで取引することが出来ます。イーサリアムとライトコインはビットコイン建て取引のみです。 bitbankにはアプリ版もあり、bitbank.ccはPCやスマートフォンブラウザからの取引画面が使いやすく、評判が良いです。

bitbank Tradeの特徴

bitbank Tradeはビットコインの証拠金取引に特化した取引所です。つまり、レバレッジをかけたビットコインFXによるハイリスクハイリターンな投資を行うことが出来ます。 最大の特徴は「追証なし」という点です。通常のFXでは証拠金維持率が規定の数値を下回ると発生することが多いですが、bitbank Tradeではそれが起こりません。 ただし、維持率が20%を下回った場合は強制的にロスカット(決済注文)が発動するため注意が必要です。
取引通貨ペア BTCUSD(ビットコイン・米ドル)
レバレッジ 最大20倍
取引時間 24時間365日
追証 なし

口座開設、アカウント作成の方法

それぞれの取引所のアカウント作成、口座開設方法について解説します。

bitbank.ccの口座開設

まず、bitbank.ccトップページへと行きます。

するとメールアドレスの入力を求められますので、入力後に「新規登録」を押します。

その後登録したメールアドレスにURLが送られてきますので、それを押します。

パスワードを8文字以上で入力し、利用規約、取引ルール、リスク事項を一読後チェックを入れて「登録」を押します。

以上でアカウント作成は終了です。

日本円の入出金や仮想通貨入出金等の機能を使用する場合は本人確認を行う必要があります。

本人確認では、名前、住所の入力と、免許証等の本人確認書類の提出が求められます。

bitbank 手数料

bitbank Tradeの口座開設

まず、bitbank Tradeトップページへと行きます。

メールアドレスとパスワードの入力を求められますので、入力後に「私はロボットではありません」にチェックを入れ、「無料会員登録」を押します。

すると登録したメールアドレスにURLが送られてきますので、それを押します。

利用規約、取引ルール、リスク事項を一読後チェックを入れて「登録」を押します。

その後登録完了画面が出ますので「ログイン」を押すと、取引パスワードの入力が求められます。

この設定が終了後、ビットコインFX取引を行うことが出来ます。

この時点でのアカウントクラスは「L0」となっていて、取引機能に制限はかかっていませんが、ビットコインに10万円相当の出金制限がかかっています。

氏名や本人確認書類、住所確認、職業、取引目的等を入力することで、出金制限500BTC/日の「L3」にアカウントクラスを上げることが出来ます。

仮想通貨の購入、売買方法について

bitbank.ccでの仮想通貨の売買について簡単に説明します。

まず、bitbank.ccトップページからログインしましょう。すると以下のような画面に移ります。

仮想通貨の売買はトレード画面の注文フォーム(上画像の赤枠)から行う事が出来ます。

注文は、「成行注文」「指値注文」の2つの方法から選択可能です。

指定した数量をすぐ購入したい場合、成行注文がおすすめです。その場合は「成行」を選択します。

成行注文は数量のみを指定する注文方法で、取引板に並ぶ売り注文の最も安い価格から順番に、指定した数量が全て約定するまで購入をし続けます。

指定した価格で購入する場合、指値注文を利用します。なるべく安く買いたい方へのおすすめ注文方法はこちらです。

買い注文の場合、指値注文は購入したい価格と数量を指定します。他のトレーダーが発注した注文と合致しなければ約定しませんが、指定により購入価格が保証されています。

未約定の注文は取引板に並んでいるため、約定する前にキャンセルすることが出来ます。

bitbank.ccはスマートフォンでのブラウザ操作も簡単でおすすめです。

手数料について

取引手数料と入出金手数料について解説します。

取引手数料

メイカー(※1) テイカ―(※2)
BTC/JPY -0.05% 0.15%
XRP/JPY
LTC/BTC
ETH/BTC
MONA/JPY
MONA/BTC
BCC/JPY
BCC/BTC
  • ※1メイカー:注文者、注文を出す人
  • ※2テイカ―:注文者から買う、もしくは売る人

入出金手数料

入金手数料 出金手数料
日本円 無料(※1) 540円/756円(3万円以上)(※2)
BTC 無料 0.001 BTC
LTC 無料 0.001LTC
XRP 無料 0.15XRP
ETH 無料 0.0005ETH
MONA 無料 0.001MONA
BCH 無料 0.001BCH
  • ※1 銀行への入金時の振込手数料は消費者負担
  • ※2 登録銀行口座が間違っていた場合、組戻手数料として1,296円(税込)が差し引かれる

住信SBIネット銀行

提携の仮想通貨取引所は何度でも入金無料。 ATM手数料は最大15回まで無料。

公式サイトはこちら

ビットコインFX取引手数料

新規 0.01%
決済 0.01%
キャピタルゲインフィー 決済時の利益に対して0.2%

キャピタルゲインフィーは、ビットコインFXで取引された建玉の中で、反対売買決済、途中決済、期日決済等の決済時に利益が出た場合、利益に対して0.2%が徴収されるというものです。

損失が出た場合、徴収されることはありません。

bitbankの評判まとめ

bitbank.ccは手数料0円で仮想通貨を購入、売買することが出来る上、スマートフォンブラウザからの操作も簡単で使いやすいと評判が良いです。

また、取引銀行に住信SBIネット銀行が追加されたことで入出金がやりやすくなりました。顧客からの要望をよく取り入れているといえるでしょう。

bitbank Tradeの追証なしレバレッジ最大20倍取引も魅力的です。

国内の仮想通貨取引所ではbitFlyerの名前を聞くことが多いと思いますが、bitbankもおすすめ出来る取引所の一つに挙げることが出来ます。是非口座開設してみて下さい。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/31 水曜日
17:22
改正資金決済法施行で国内ステーブルコイン発行可能に
改正資金決済法施行により、法定通貨を裏付けとするステーブルコインが発行可能になることへの関心が急上昇している。海外発行のステーブルコインについては、発行者ではなく流通業者が資産を保全するよう義務付けられる。
16:59
仮想通貨取引所SBI VCトレード、エックスディーシー(XDC)を国内初上場
SBIグループにて暗号資産(仮想通貨)交換業を運営するSBI VCトレード株式会社は31日、国内初となる「エックスディーシー(XDC)」の取扱い開始を発表した。
14:00
イーサリアムからビットコインへのNFT移行を実現する「BRC-721E」が誕生
イーサリアム上で流通するNFTを、ビットコイン・ブロックチェーン上に移行可能にする新トークン規格「BRC-721E」がローンチされた。トークンブリッジプロトコル「Bridge any NFT to Ordinals」も同時に提供されている。
13:17
米デジタル商工会議所、テキサス州の反ビットコイン的なエネルギー法案成立を阻止
米デジタル商工会議所はテキサス州議会に提出された「反ビットコインマイニング法案」が法制化に至らなかったと発表した。マイニング企業の収益に大きな影響を与える「電力クレジット」の取得制限に関連する法案は成立しなかった。
13:12
ビットコインの採掘難易度、過去最高値更新へ
翌年に「半減期」を控えるビットコインマイニングの採掘難易度が過去最高値を更新する見込み。Ordinals プロトコルおよびBRC-20トークン需要やAI(人工知能)流行に伴う半導体企業の成長などを受け、マイナー間の争奪戦が激化している。
12:00
バイナンス、一部顧客の担保資金を銀行に預ける仕組みを検討か=報道
大手仮想通貨取引所バイナンスは、機関顧客の一部が取引担保を銀行に保管する仕組みを検討していると伝えられる。カウンターパーティリスクの軽減が目的の一つとみられる。
11:45
OPとSUIのトークンアンロックにより、流通量が急増する見込み
イーサリアムのL2ソリューションOptimismと、高速L1ブロックチェーンSui Networkは、トークンアンロックを迎える。この結果、OPとSUIの流通トークン数が大幅に増加することになる。
10:35
ANAグループ、NFTマーケットプレイス立ち上げ メタバースも準備
ANAグループは、エアライングループとしては世界初のNFTマーケットプレイスを立ち上げた。旅をモチーフとするメタバース「ANA GranWhale」の準備も進めているところだ。
09:40
自民党、新たな提言を承認しWeb3を推進へ
自民党は、新しい資本主義実行本部の提言を承認し、成長戦略にした。この提言にはWeb3の推進が含まれ、暗号資産やトークンについても言及している。
08:25
テザー社、ウルグアイでBTC採掘を推進へ
テザー社は、ウルグアイでリソースを投資しエネルギー生産と持続可能なビットコインマイニングに取り組むと発表。再生エネルギー大国として知られる同国で、エネルギーのイノベーションと仮想通貨の未来に注力する。
08:05
AI・仮想通貨マイニング関連株高騰|31日
本日のNYダウは−50.5ドルと小幅に下落。ナスダックは+41.7ドルで取引を終えた。米債務上限の交渉について先週末バイデン大統領とマッカーシー下院議長の間で合意したことが市場に好感された。
05/30 火曜日
15:15
bitFlyer、トラベルルール導入に伴う対応内容を発表
国内大手の仮想通貨取引所であるbitFlyerは、「トラベルルール」の導入に伴う対応策を公表した。MetaMaskなどの仮想通貨ウォレットは今後も利用が可能だが、国内で送金や預入が可能な暗号資産交換業者としては、Coincheckだけという状況が生じる格好だ。
15:07
群馬県沼田市、歴史文化保全のためNFTアート返礼品の「ふるさと納税」受付開始
群馬県沼田市は、ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」を企画・運営するトラストバンクやCoinBestと提携し、「ガバメントクラウドファンディング」を利用したNFTを返礼品とする寄付金の受付を開始した。
13:50
米債務上限合意で仮想通貨業界に朗報 マイニング増税案は見送り
バイデン米大統領と共和党のマッカーシー下院議長は、連邦政府の債務上限引き上げで最終合意に達し、米国政府によるデフォルトが回避される運びとなった。合意を反映した法案では、マイニング企業に対する新たな課税提案は阻止され、仮想通貨業界にとっては朗報となった。
13:20
BNBチェーンNFT市場Tabiが14億円を調達
BNBチェーンに注目したNFTマーケットプレイスであるTabiは、大手Web3企業Animoca Brandsが主導するエンジェルラウンドで約14億円の資金調達を果たしたと発表した。また、コミュニティ向けの報酬プランを5月29日からスタートさせている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア