中国ブロックチェーン業界人材を支援 リップル社が清華大学との提携を発表

中国名門大学、ブロックチェーン開発に注視
リップル社が中国のブロックチェーン技術展開を図るべく、中国の清華大学と提携し、ブロックチェーン技術リサーチ奨学金の発足開始を発表した。

リップル社、清華大学と提携を発表

リップル社は、清華大学との提携を通して国際的な規制方針とブロックチェーンの技術開発に特化した 「ブロックチェーン技術リサーチ奨学金プログラム(Blockchain Technology Research Scholarship Program)」を発足する方針を明かした。

今回新たに追加されたBRSPは生徒達が総合的な視点からブロックチェーン技術における最新の規制状況や、将来的にブロックチェーン開発のキャリア参入への促進を目指している。

今回の提携についてリップル社のグローバル・オペレーション部門でシニア・バイス・プレジデントを務めるEric van Miltenburg氏は発表内で以下のように言及した。

清華大学が率先して、ユニークで革新的なアプローチで中国の若きリーダー達に対してブロックチェーン業界に挑んでいる事を高く評価している。

このプログラムの目的は、多くの生徒達にブロックチェーン技術のリサーチへの機会を提供することだ。

リップル社のジョイントベンチャー提携・グローバル・オペレーション部門でシニア・ディレクターとして務める吉川絵美氏は以下のように述べている。

▶️本日の速報をチェック
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者11,000名突破。

CoinPostの関連記事

リップル社CEOが24日の「ダボス会議」関連で登壇|分散型決済システムの新時代は到来するか?
スイスの「ダボス会議(年次総会)」に関連するブロックチェーン経済フォーラムにて、リップル社CEOとポーランド金融大手ペカオ銀行の代表が「2020年の決済システム」について議論する予定。
英Mercury FXが仮想通貨XRP(リップル)を利用したxRapidのメリットを証明|手数料削減と送金時間の短縮に成功
リップル社のxRapidを利用するイギリスの外貨送金サービスMercury FXは18日、XRPを使用しイギリスからメキシコへ約50万円に相当するGBPをわずか数秒で送金したと報告した。迅速かつ手数料の低いxRapidの実利用が注目される。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら