国内大手取引所Liquid by Quoine、仮想通貨の税金計算サービス「クリプタクト」と業務提携を発表

Liquidが仮想通貨税金計算サービス「クリプタクト」と業務提携
クリプタクトとの業務提携にあたり、Quoine社は「業界最高水準のセキュリティを兼ね備えたリキッドでの取引において、仮想通貨取引により生じる損益の煩雑な計算を簡素化することができる」としている。

Liquidが仮想通貨の税金計算サービス「クリプタクト」と業務提携

グローバルフィンテック企業のQUOINE(コイン)株式会社は30日、同社が運営する仮想通貨取引所「Liquid by Quoine)の顧客に仮想通貨取引の損益計算が簡単にできるサービスを提供するため、株式会社クリプタクトと業務提携したことを発表した。

QUOINE社は、今回の提携によるメリットして、「リキッドのユーザーは、100%コールドウォレットにより顧客資産の保護を行う、業界最高水準のセキュリティを兼ね備えたリキッドでの取引において、仮想通貨取引により生じる損益の煩雑な計算を簡素化することができる」ことを挙げ、その利便性を強調した。

独自通貨も取り扱う、QUOINE

QUOINE社は、ブロックチェーンテクノロジーを基盤とした次世代の金融サービスを提供するグローバルフィンテック企業だ。

安心安全なセキュリティだけでなく、高い流動性を兼ね備えた仮想通貨取引プラットフォーム「Liquid by Quoine (リキッド)」の開発・運営や、QASH(キャッシュ)トークンの発行など、独自のサービスを提供している。

QASH チャート・価格・相場・最新ニュース一覧
仮想通貨QASH(キャッシュ)のチャート・価格・相場や、最新ニュース一覧を掲載しています。また、QASH(キャッシュ)とは何か、通貨の概要やその詳細も解説しています。

優れた税金計算サービス、cryptact

tax@cryptact」は、仮想通貨取引の損益計算をオンラインで行うサービスで、32,000人を超える国内最大級のユーザー数を抱え、国内外の27の取引所および2,600種類以上の仮想通貨に対応している。

tax@cryptactでは、各取引所での取引履歴データをアップロードするだけで仮想通貨の損益を自動計算することができ、複数の仮想通貨取引所をまたいで所得計算できる。

また、国内唯一となる11分単位の時価データによる計算が可能で、100万件を超える大規模取引にも対応しているほか、実現損益のシミュレーションも可能なサービスとして好評を博している。

CoinPostの関連記事

3月に迫る確定申告、仮想通貨にかかる損益計算の課題と解決方法 | 『Cryptact(クリプタクト)』
煩雑な仮想通貨の損益計算を簡単に 2019年になり、確定申告へ向けた損益計算を始めている...

代表のコメント

QUOINE 栢森CEO

今回のクリプタクトとの業務提携は、仮想通貨取引におけるペインポイントの一つとなっている税務申告において生じる煩雑な損益計算を簡略化したいという切実な思いから実現致しました。

クリプタクトの「tax@cryptact」導入により、今後リキッドユーザーの皆様は、これまで通りの安全で安心な取引に加え、これまで以上に利便性の高いサービスをご利用いただけます。

クリプタクト代表取締役:アズムデ アミン氏

本提携により、クリプタクトが提供する仮想通貨実現損益計算サービス「tax@cryptact」を通じて、リキッドを利用するユーザー様がより快適に仮想通貨取引に関する損益計算を実施できることを期待しています。

tax@cryptact

tax@cryptactとは暗号資産の確定申告を短時間で簡単に行うために開発されたツールです。すでに30,000名以上の皆様と30以上の税理士法人様にご利用頂いています。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者11,000名突破。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら