ソフトバンク投資ファンド、保有していた「米エヌビディア」株を全売却|仮想通貨ビットコイン暴落に伴うマイニング事業縮小の余波も

ソフトバンク投資ファンド、保有していた米エヌビディア株を全て売却
世界有数の「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」が、保有していた米エヌビディアの株価低迷を受け売却した。中国経済減速のほか、ビットコインなど仮想通貨市場の大幅下落が影響を及ぼしたものと思われる。

ソフトバンク投資ファンド、保有していた米エヌビディア株を全て売却

ソフトバンクグループは6日、2019年3月期第3四半期の決算発表を行い、10兆円規模の投資ファンド「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」が保有していた米エヌビディア株を全て売却したことが判明した。

日本経済新聞によれば、「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」の投資額は、2018年12月末までに5兆円規模に達した。サウジアラビア政府が約50%を出資して発足、10兆円規模の運用を行う世界有数のファンドで、人工知能(AI)を応用するスタートアップ企業などに積極的な投資を行うことで、投資額は3カ月間で6割以上増加したという。

その中には、日本でも中高生を中心に流行中の短編動画共有アプリケーション「TikTok」の運営会社、中国のバイトダンスも含まれる。

苦境に立たされるマイニング関連企業

投資拡大を進める中、ソフトバンクグループの「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」、及びデルタファンドからの営業利益は8088億円だった。

米ウーバー・テクノロジーズや米ウィーワークの価値が上昇する一方、ビットコイン価格および仮想通貨マイニング市場低迷を受けて、エヌビディアの株価が大幅下落して約20兆円から10兆円分剥落。40億ドル(約4400億円)の評価損となっていたという。

米エヌビディアは、ここ3年で企業価値が11倍に膨らむなど急成長してきた。2018年第1四半期には、仮想通貨市場向けのチップ販売で2億8900万ドル(約316億円)をに売り上げ、売上高全体(32億ドル)の内、9パーセント以上を占めるに至っていたが、ビットコイン価格の低迷に伴い需要が激減。中国経済減速のあおりも受け、株価が半減していた。

CoinPostの関連記事

Nvidia:第1四半期は仮想通貨市場向けチップ売り上げが3億ドル弱に到達・全体の9%を占める
アメリカのGPUメーカーNvidiaが仮想通貨市場向けのチップ販売で2億8900万ドル(約316億円)を第1四半期に売り上げたの発表が行われ、また同社から第2四半期は売り上げが減少するだろうとの予測も公表されました。
GMOマイニング、過去最高の月間ビットコイン採掘数を記録|仮想通貨採掘事業月次開示は終了へ
GMO インターネット株式会社は8日、「2018年12月仮想通貨マイニング事業の月次報告」を発表した。前月比でハッシュレートの変化はなかったものの、BTC採掘量が過去最高を記録した。なお月次開示を終了する旨も述べ、今後は、四半期ごとの決算発表時に収益状況、事業KPIを開示するとしている。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者11,000名突破。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加