上場や採用事例相次ぐビットトレント、仮想通貨決済企業CoinPaymentsでも導入へ

ICO完了直後のBitTorrentトークン、オンライン決済が可能に
先月末トークンセールを完了したばかりの仮想通貨BitTorrentトークン(BTT)がアルトコイン決済企業CoinPaymentsで取り扱い通貨として追加された事が発表された。 TRON財団の創設者兼BitTorrent社CEOであるJustin Sun氏は仮想通貨BTTの流動性増加に期待している。

仮想通貨BTT、ネット決済手段として追加

先日大手仮想通貨取引所バイナンスのICOプラットフォームでトークンセールを完了した仮想通貨ビットトレント・トークンがアルトコイン決済企業のCoinPayments上で決済手段の一つとして追加された事がBitTorrent社の公式ブログから発表された。

公式発表によると、CoinPayments社では今回追加されたBTTのほかにもビットコイン(BTC)、バイナンスコイン(BNB)、そしてトロン(TRX)等を含む約80の仮想通貨銘柄でオンライン決済が可能となっている。

トロン財団の創設者でBitTorrent社のCEOであるJustin Sun氏は、今回の発表が8月に開始する新たなコンテンツ・シェア用のプラットフォーム「BitTorrent Speed」に向けた準備でもあると以下の様に説明した。

CoinPayments社やその他パートナー企業と連携して、BitTorrentトークンが完全にデスクトップやモバイル商品に統合される前に、マーケットの中でBTTの流動性を高めたい。

仮想通貨BTTの値動き

大手仮想通貨取引所バイナンスのICOプラットフォーム上でICOが行われた仮想通貨BitTorrentトークン(BTT)は先月29日、総額7億6500万円以上の売り上げを記録し、その後1月31日にバイナンスへの上場が決定した。

出典:CoinMarketCap

バイナンスへの上場を経た後、本稿執筆現在では1BTTは0.00093ドル相当となっており、5日時点では最大10倍の価格となっていたBitTorrentトークンはなおもICOの完売価格である0.00012ドルから約8倍の価格で推移している。

なお、2月11日には仮想通貨トロン(TRX)保有者を対象に、BitTorrentトークンのエアドロップが予定されており、BitTorrent社は第一回目のエアドロップで108億9000万BTTを配布する計画を公表している。

また現段階では、エアドロップの為のスナップショットが行われる日時は明らかとなっていない。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

仮想通貨取引所バイナンス、独自のICOプラットフォームでセールを行なったBTTトークン31日に上場・取引開始
29日に総額7億6500万円以上の売り上げを記録したBitTorrentのICOトークンBTTは31日に、独占のトークンセールを行なった仮想通貨取引所Binanceに上場し、3つの取引ペアが開始される。
バイナンスの査定クリアした新仮想通貨BTT、総流通量約20%をトロン(TRX)保有者にエアドロップ(無料配布)へ
BitTorrent社が発行する新通貨BTTのエアドロップに関する情報が公開され、TRX保有者を対象に第1回は108億9000万トークンが無料配布される予定で、スナップショットは2月11日に記録される。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者12,000名突破。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加