米商業銀行CEO「3月から機関投資家が参入するだろう」|Bakktのビットコイン先物とフィデリティ仮想通貨カストディの日程に言及

米商業銀行CEO、仮想通貨市場の展望を語る
米商業銀行Galaxy Digital社のCEO、マイケル・ノボグラッツ氏が機関投資家がカストディや先物取引などの発展を通して仮想通貨市場に「今後6ヶ月から1年をかけて参入してくる」と予想した。他にもビットコインがアルトコインと差別化した「デジタル・ゴールド」となる理由も語った。

機関投資家の参入が裏付ける仮想通貨の再浮上

Galaxy Digitalの創設者兼最高経営責任者であるマイケル・ノボグラッツ氏は、「来年までに機関投資家の資金が仮想通貨に流入し始める」との見解をブルームバーグとのインタビューで示した。

ノボグラッツ氏は2017年末~2018年初頭にかけて弾け飛んだバブルが多くの投資家にとって痛手となったことを認める一方、ビットコインに対する確信が変わらない理由ついて以下のように述べた。

(仮想通貨市場は)最初の革命だった一般投資家から大手の機関投資家などの金融機関を迎え入れるプロセスにある。

仮想通貨の誕生は金融の歴史を塗り替える「革命」として投資家から一般投資家まで幅広い層を熱狂させたが、「史上最大」のバブルが崩壊した後にある現在、再び仮想通貨市場が上昇するためには莫大な資金力をもつ大型金融機関など、機関投資家へバトンタッチする時期が訪れているとの見解だ。

機関投資家の参入

また、同氏は「機関投資家が安心して仮想通貨に投資するために必要な構造はすべて整った」と見ており、3月中旬には開始が予想されている世界最大規模の投資信託運用企業、フィデリティ社による機関投資向けカストディ(金融機関による証券の保管業務)サービスを挙げた。

その他にもニューヨーク証券取引所が提供するBakktも「3月頃に始動するだろう」と述べ、機関投資家に向けた環境が整っていくとしている。

しかしその一方で、既にカストディ業者が4-5ほどサービスを提供している点や、フィデリティが仮想通貨カストディのサービスを開始した直後に機関投資家は殺到するわけではなく、

これから6ヶ月から1年をかけて、徐々に運用資産のごく一部を仮想通貨に投じていくだろう

と述べた。

だが機関投資家などの大型金融機関の「ごく一部」の資産は、総額にすると相当な金額になるため、ノボグラッツ氏は「スマートマネー」の本格的な市場参入を待つ姿勢を示している。

ビットコインはデジタル版ゴールド

そのほかにも、ノボグラッツ氏は「仮想通貨の次なる動き」について、ビットコインとその他の仮想通貨の境界線がより浮彫になり、ビットコインがデジタル版ゴールドになる日がくると繰り返し述べた。

180種類ある仮想通貨の中でゴールド(金)はたったひとつしかない。

またビットコインが金に例えられる理由として、その独立性(Sovereignty)を挙げた。

ビットコインが他のどの法定通貨とも関連していない点や国境に縛られない点が、コモディティとして長く地位を保ち続けている「金」と類似しているとして、その独立性には「多少のコストをかけても利用する価値がある」と述べた。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

米フィデリティの仮想通貨事業が遂に始動|機関投資家向けビットコイン保管サービス3月提供へ
米大型金融企業フィデリティ社が、3月中に機関投資家を対象にBTC保管サービス提供を目指していることが判明し。今後の予定としてイーサリアムのカストディサービスも視野に入れている。
JPモルガン・アナリスト「仮想通貨市場の将来性」について懐疑的な見方から態度を軟化|機関投資家の関心度回復のカギを語る
米大手投資銀行「JPモルガン」のアナリストが、米経済番組CNBCにて、ビットコインなど仮想通貨相場の低迷期に言及。米ウォール街の関心度に関して独自の見解を述べた。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者12,000名突破。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加