CoinPostで今最も読まれています

ビットコインゴールドとは/未だ知られていないBTGの本質

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ビットコインのハードフォークにより誕生予定のビットコインゴールドの詳細記事
ビットコインという名前が含まれているために誤解しやすいですが、アルトコインの一種です。ビットコインのマイニングに注目して、その問題点の改善を目指したものです。
ビットコインゴールドには幾つかの問題点があるため取扱いを予定していない取引所が多い
プレマイン(非公開環境における採掘の独占)が行われている、リプレイ攻撃保護がされていない等といった問題点があります。
通貨名 ビットコインゴールド
通貨コード BTG
ハードフォークブロック数 491,407 ブロック
ハードフォーク予定日時 2017 年 10 月 25 日頃(ブロックの進行状況に左右される)
通貨ジャンル ビットコインから派生したアルトコイン

前提知識(BTGと同様にビットコインから派生したBCH)

ビットコインゴールドを知る前に、同じハードフォークのやり方で生まれたビットコインキャッシュの説明をいたします。

ビットコインキャッシュは2017年8月にビットコインからハードフォークをして生まれた派生通貨でありアルトコインです。

ビットコインに人気が集まり本来のポテンシャルではその取引量をこなす事ができないことからの取引スピードの低下などスケラビリティという問題が、話題となりました。

ビットコインキャッシュは、このビットコイン自体をアップグレードしよう(これが後のSegWit2xのようなやり方です)というやり方ではなく、ビットコインの性質をそのまま受け継ぎより大量の取引が可能となる”ビットコインの上位互換”を目指した新しいアルトコインとして、一部のビットコインマイナーにより生み出されました。

ビットコインゴールドの概要

ビットコインゴールドも、ビットコイン自体をアップグレードするわけではなく、ビットコインの問題点を改善した新たな通貨を発行する事を目的した、ビットコインキャッシュと同様のハードフォークとそれに伴う通貨発行方法をとっています。

ビットコインゴールドの目的は、ビットコインキャッシュがビットコインのスケラビリティに注目したように、ビットコインのマイニングに注目して、その問題点の改善を目指したものとなります。

ビットコインは現在中国マイナーを中心に数社がほとんどマイニングのハッシュパワー(マイニングする力)を有しています。

これはビットコインが目指す非集権化である、一つの権力に依存しない通貨という概念に反していると捉え、世界で議論されています。

このようにマイナーの中央集権化やマイナーの急激な成長への抵抗から生まれ、その状況を打開するビットコインを目標に作られます。

ビットコインのマイナーたちは、全力でビットコインのマイニングに投資しており、マイニング専門に設計されたASICコンピューターという特殊な高い計算能力をもつプロダクトを使用しています。

このASICは非常に高価で、規模を広げる程コストを削減できるスケールメリットが適用されます。

結果的に、ビットコインネットワーク上の、メジャーなマイナーたちにビットコインをマイニングする権利が中央集権化されてきていて、数少ないマイナー(やマイニングプール)がビットコインのマイニングを独占しているという状況が出来上がってきています。

しかし、ビットコインゴールドでは、新たなネットワークで新たなマイニングアルゴリズムを設定し、承認ルールを変更する予定です。

このアルゴリズムの変更は、ASICを牽制し、比較的簡単に手に入るGPUでのマイニングを可能にし、少数マイナーによるマイニングの独占を軽減、幅広い人がマイニングできるビットコインを目指します。

ただこの目指すという意味は、ビットコインとして目指すのではなく、ビットコインから派生したアルトコインであり違う通貨として目指すことになります。

ハードフォークはいつ行われるのか?

ハードフォークは、元のビットコインから派生するためビットコインのブロックチェーン(Bitcoin Core)に依存します。

このビットコインのブロックチェーンはこちらから確認できます。

直接BTGの正確なハードフォーク日程を確認したい方はこちらから

このビットコインブロックチェーンのブロック数が 491,407 ブロックにハードフォーク実行システムが設定されており、ハードフォークが行われます。

よってブロックの進行速度によって時間は多少左右されます。

25日に予定されていたBTGハードフォークですが、現在のハードフォーク進行状況では日本時間24日 21:40頃を予定しています。

取引所がBTGを付与するタイミングは?

各取引所の対応予定は異なります。詳しくはこちらでまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

ビットコインゴールド対応取引所まとめ/付与予定の取引所を随時更新
ビットコインのハードフォークにより誕生するビットコインゴールドの各取引所の対応についてのまとめ記事です。また、今回のハードフォークによる危険性もまとめました。

現在CoinPostで把握している範囲ですが、BTGを付与した上で、取引所で扱うと表明している日本の取引所はbitFlyerのみ、また海外取引所ではHitBTCとなります。

BTG付与を表明している中で、多くの顧客を有する取引所は、ハードフォーク時、取引所がBTG付与のために行う、取引所の顧客のウォレット内にある保有資産の証明”スナップショット”を基準にします。

このスナップショットに付与を表明する取引所が対応する形となり、これが完了した段階で顧客のBTG量が確定になることが多いでしょう。

このアナウンスが、BTGハードフォーク後に付与を表明する取引所から行われると予想されます。

また日本人が多く利用する海外取引所Bittrexでは、現在BTGハードフォークに対応するため、BTCの入出金を停止していますが、これの解除はスナップショット完了と共に行われる予定です。 (正確な情報は公式アナウンスを参考にしてください。)

なぜBTGを取り扱う取引所が少ないのか?

ビットコインキャッシュがハードフォークした際、取り扱いを行う取引所は多く、付与も後々ですが多くの取引所がハードフォーク時のスナップショットに添って、BCH付与を行い取引所上場を行いました。

これには幾つかの理由があると考えますが、ビットコインから派生し、ビットコインと名がつくハードフォークがあまり行われていなかったこと(この時点ではこのようにビットコインの名がつく派生コインの誕生が相次ぐことはあまり予想されていなかった)や、 BCHをサポートや計画した団体が大手マイニングファームであったことなど、大手のマイナーが付きハッシュパワーを確保できることから通貨としての未来があったことなども考えられるでしょう。

また取引所上場の際に重要視される、リプレイ攻撃の保護が備わっていたことも大きな利点となります。

BTGは、これに対し付与を行うための準備はBTCブロックチェーンに依存するため正常にスナップショットを確保できます。

しかしハードフォークが行われた後のBTGブロックチェーンに変更後、リプレイ攻撃に不安点があることや、取引所が取引を実装するプログラミングを書くためのソースコードが十分でないことも大きな原因となっています。

詳しい原因はビットバンク様の説明がとても詳しかったため引用紹介いたします。

プレマイン

10月19日時点において、BTG(github.com/BTCGPU)には8,000Blocksのプレマイン(非公開環境における採掘の独占)が含まれます。

プレマインは公平な分配が行われず、マイナーが利益を独占することができるため、その是非は度々議論の的になっています。

Equihash PoWのコードが完成していない

BTGはCPU/GPUで採掘できることを標榜する仮想通貨ですが、10月19日時点においてEquihash PoWへの移行が完了しておりません。

これからユニットテスト及びリグレッションテストを実施する予定ですが、予定日までの時間が残されていません。

リプレイ攻撃保護がされていない

9月29日に、Bitcoin Cashで用いられたSIGHASH_FORKIDによるリプレイ攻撃保護が提案されていますが、10月19日時点において導入の検討が行われていません。

分岐を前提としたハードフォークを行う場合、リプレイ攻撃保護を明示的に行う必要があります。

リプレイ攻撃保護が行われていない場合、分岐したコインを使用することにより、予期せずもう片方のコインも同時に送信してしまい資産を失う恐れがあります。

リスケジュールの可能性

BTGは当初、8月31日に16,000ブロック(200,000BTG)のプレマインを行い、これを10BTG=1BTCの価格で販売するICOを計画していましたが、計画の見直しを行っています。

Bitcoin Goldに対するビットバンクの対応方針について

2017年10月19日 by bitbank, inc.

参考記事はこちらから

このように多くの問題点を抱えています。

ハードフォーク後状況は大きく変化する可能性はありますが、現在の状況では取引開始を行うには危険な状況ではないか?というのが世界の取引所関係者の考えであることは間違い無いでしょう。

CoinPostの考察

このように多くの問題を抱えてると考えられるBTGハードフォークですが、BCHのハードフォーク時大きな価格をつけたため、世の中では大きく話題となり、ハードフォークの日にちに備えビットコインの価格が上昇しています。

ただビットコインキャッシュと同じ形で行われるハードフォークですが、状況は大きく違うことを頭に入れた上で、より確実な方法でハードフォークに備えることが重要になるでしょう。

またこちらで、ビットコインゴールドだけでなく、次回行われる可能性があるSegWit2Xのハードフォーク対応方法もご紹介しています。

ビットコインゴールド/SegWit2xハードフォーク時対応初心者用案内書
ビットコインゴールド及びSegWit2xの2つのハードフォークが予定されています。本記事では2つのハードフォークに安全性の高い方法で対応するための方法が記されています。また、ウォレットの選択についても記されています。
『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/28 火曜日
15:58
米マイクロストラテジー会長「ビットコインETF承認で資産クラスとしての地位は確固たるものに」
米マイクロストラテジー社のマイケル・セイラー会長は、今年1月に米国でビットコイン現物ETFが承認されたことで、機関投資家にとってビットコイン投資の地位が確固たるものとなったとその重要性を強調した。
13:50
Ledger Stax™配送開始 世界初の湾曲E Ink®タッチスクリーン搭載ウォレット
Ledger社が革新的なセキュア・タッチスクリーンデバイス「Ledger Stax™」の配送を開始。世界初の湾曲E Ink®スクリーンで暗号資産(仮想通貨)管理が簡単に。2024年夏に新規注文再開予定。
12:45
イーロン・マスク氏のAI企業「xAI」、9,400億円を調達
イーロン・マスク氏が設立したAI企業「xAI」は約9,400億円を資金調達した。「xAI」は3月、GPT4に匹敵するAIモデル「Grok-1.5V」をリリースしている。
12:25
7万ドル弱で揉み合うビットコイン、PEPEコインは過去最高値を更新
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが7万ドル目前で推移する。イーサリアムETF承認でミームコイン相場の投機熱が高まり、PEPEコインが過去最高値を更新し時価総額TOP20入りする場面もあった。
10:25
アービトラム、Web3ゲーム開発への出資で投票実施中 賛成多数
イーサリアムL2アービトラムのコミュニティはゲーム開発に2億ARBトークンを割り当てる提案の投票を開催中だ。現時点で賛成が多数を占める。
09:35
アルゼンチン、エルサルバドルからBTCについて情報収集
仮想通貨ビットコインの法定通貨化などについて情報収集するため、アルゼンチンの規制機関がエルサルバドル当局と会合を開いた。今後の計画も明らかになっている。
08:28
世界のビットコインETF、保有額100万BTC超え
米国の仮想通貨ビットコイン現物ETFへのエクスポージャーの20%以上が、大口投資家や機関投資家によって保有されていた。大手ヘッジファンドや、投資銀行、さらにはウィスコンシン州の年金基金までも含まれる。
07:20
JPモルガン「SECはETH以降はETFを承認しない可能性」
米SECはイーサリアム以降ソラナや他の仮想通貨の現物ETFを承認しない可能性があるとJPモルガンは分析。同社の幹部がその根拠を説明している。
07:00
フレンドテックの仮想通貨「FRIEND」急落、Baseチェーン離脱を嫌気か
Friend.techの移転先に関しては、L2ブロックチェーン「Blast」やソラナなどが候補に上がっている。
06:10
野村とGMOが提携、日本でのステーブルコイン発行を検討
野村證券とその仮想通貨資産子会社であるLaser Digital(レーザーデジタル)は、GMOインターネットグループと提携し、日本でのステーブルコインの発行を模索している。
05:45
トランプ氏の仮想通貨ウォレット、保有資産15億円超え 
元大統領で共和党の有力大統領候補であるドナルド・トランプ氏に関連する仮想通貨ウォレットは、一時約1000万ドル相当の資産を保有していることが確認された。
05/27 月曜日
17:59
The Graph、AI推論とエージェントサービス導入へ AI駆動型アプリケーションの開発を強化
The Graphのコア開発チーム「Semiotic Labs」は28日、AI(人工知能)サービスを提案する新しいホワイトペーパーを発表し、The Graph上に構築されたChatGPTを基盤としたプラットフォーム「Agentc」の公開デモを公開した。
15:59
FTX、残り保有分のソラナ4000億円相当をディスカウントで売却完了 
22年11月に経営破綻した仮想通貨取引所FTXは、保有していたソラナ(SOL)26億ドル相当を大幅な割引価格で売却完了した。パンテラキャピタルなどが購入している。
14:55
イーサリアム共同創設者ルービン氏「ETF承認はゲームチェンジャー」
米Consensys CEOでイーサリアム共同創設者のジョセフ・ルービン氏は、イーサリアム現物ETFが業界の予想に反してSECから承認されたことは、米国における仮想通貨の流れを大きく転換させるものだとの考えを示した。
12:15
ETF米国初承認のイーサリアム週足大陽線、BTCドミナンスに変化の兆しも
暗号資産(仮想通貨)市場ではETFが米国で初承認されたイーサリアムが週足大陽線となり、強気シグナルが出ている。ビットコイン(BTC)ドミナンスに変化の兆しも見受けられ、一部ミームコインが買われている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア