CoinPostで今最も読まれています

ジンバブエ、決済通貨にビットコインを使用せざるを得ない理由とは

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ハイパーインフレを起こしているジンバブエはUSドルに依存し続けることは困難である
ジンバブエの人々は決済通貨にビットコインを使用し始め、約110万円で取引されています。

ジンバブエでの金融状況は非常に深刻なものになってきています。

国家通貨が機能していない今、国民はUSドルに依存しており、この状況は、ビットコインのような新しい形の通貨にとっては好機となっています。

1BTC(ビットコイン)が、現地では取引市場の約2倍で取引されているのは、投機が理由ではなく、実際は、事業者たちが請求書を支払う際にビットコインを必要としているからです。

この状況は、控えめに言っても、非常に興味深いものと言えます。

多くの人は、ビットコインを新規マーケット開拓者や投機者のツールとしか見ていません。

そして、それは、あながち間違いではありませんが、ジンバブエでは、全く違う用途で使われています。

ジンバブエの金融分野は、現在ハイパーインフレ状態の苦境に立たされており、この問題を解決するには至難を極めます。しかし、人々は請求書の支払いを変わらずしなければなりません。

そこで、現地企業は、ジンバブエの金融分野の苦境の影響をできるだけ抑えるため、ビットコインを採用し始めているのです。

ジンバブエではビットコインの需要が大きい

国がUSドルに完全に依存している状況は良いとは言えません。

ジンバブエは、一つ一つの取引全てにUSドル紙幣を使用しているのです。ジンバブエ・ドルは、その価値を既に失っており、最近では通貨として認められなくなってきています。

よって、USドルで、より具体的には、USドル紙幣で代替するのは唯一の方法と考えられていました。

しかし、このUSドル依存は同時に現地政府が、現金(ここではUSドル)を毎週輸入しなければいけないことを表しており、この状況を長く続けるのは困難だと考えられています。

よって、現地企業はできるだけUSドルへの依存を改善しようとしています。

具体的に言うと、現地企業は中央銀行から資金調達する手間を省きたいと考えているのです。この状況だと、ビットコインを決済通貨として採用するのも頷けます。

そして、これは、ジンバブエがどうしてビットコインを10,000ドル(約110万円)で取引されているのかも理解できます。USドルは輸入するのが非常に困難なのです。

ジンバブエでのこの状況が、どのような結果に繋がるのか興味深いところです。

企業が請求書を払うなどの目的を持って仮想通貨に集まってくるのは、良い傾向に見えます。

しかし、不運にも、この興味深い傾向を考慮しても、ジンバブエに対する迅速な追加投資には結びつかないでしょう。

本質的な問題に取り組むのは依然として最優先事項ではありますが、これは言うほど簡単ではありません。よって、ビットコインには多くの機会があり、その多くの機会に触れていくべきなのです。他のアフリカ諸国もこの国の躍進に続くかもしれません。

Businesses in Zimbabwe are Forced to Embrace Bitcoin to Pay Bills

Oct 23th, 2017

参考記事はこちらから

CoinPostの考察

先日、この記事でもジンバブエでビットコインが約80万円で取引されているという記事を取り扱いしていますが、ビットコインの需要が増え取引価格も上昇しているのかと思います。

ジンバブエではビットコインが80万円?自国通貨がインフレしている国の仮想通貨需要について
ビットコインが80万円もの価格を付けるジンバブエ。自国通貨のインフレが起きているため、政府にコントロールされない通貨であるビットコインへと国民達の興味が移っています。

ビットコインは非中央集権であり、どこかの国が発行している通貨ではありません。

金と比較されることもあるビットコインですが、金に価値はありますが通貨としての流通し使用されていることはなく、ビットコインは通貨としても意味を持ちます。

それらのことや自国通貨の価値が復活するまでUSドルを輸入し続けることも困難であるため、ジンバブエではビットコインを決済通貨として取り扱われ、他国と比較すると非常に高い110万円ほどで取引されている状況だと考えられます。

おそらくジンバブエの経済状況とビットコインの取引価格上昇は続くのではないでしょうか。

仮想通貨ビットコイン最新ニュースまとめ:価格に関する情報を随時更新
仮想通貨ビットコイン(BTC)のニュースをまとめた特集記事です。価格の下落や高騰についても触れていきます。
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11/30 水曜日
15:36
オフィシャルライセンス許諾の『トレサカ Jリーグ(β版)』配信開始
Jリーグのオフィシャルライセンス許諾を得た『トレサカ Jリーグ(β版)』が配信された。開発はオルトプラスとプレイシンク。パブリッシングはアクセルマークが担う
14:00
TBD、分散化されたWeb5の基本指針を打ち出す
ブロック(旧スクエア社)の仮想通貨部門TBDは分散化と個人のアイデンティティを重視したWeb5の基本指針を発表。より分散化されたインターネットの概念と今後の連携を呼びかけた。
13:03
FTX前CEO、破産申請や暗号資産ハッキング事件について受け答えに応じる
大手仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏がインタビューに応じ、ハッキング被害による不正流出被害やバハマ当局への対応、FTXシステムの「バックドア」疑惑などについて語った。
12:52
担保付資産(wBTC、wETH)のティペッグ騒動相次ぐ
仮想通貨ビットコインを担保に発行する「ラップドビットコイン(wBTC)」について、1:1のペグを外れて1.5%ほどマイナスに乖離する「ディペッグ」が発生した。その背景について探る。
12:05
BTC17000ドル台に反発、アルトは前日比7.7%高のETH主導
FTX破綻で警戒感燻る暗号資産(仮想通貨)市場では、上値抵抗線を抜けてビットコインが反発。悪材料で売り込まれていたイーサリアムも強めに反発した。
11:22
米議員、複数の仮想通貨取引所に書簡
米国のRon Wyden上院議員は、バイナンスやコインベースなど6つの大手仮想通貨取引所に宛てて書簡を提出した。FTXの破綻を受けて消費者保護について問い合わせる内容だ。
10:30
ウクライナ中銀 CBDCの構想案を公開
ウクライナの中央銀行は、同国の中央銀行デジタル通貨についての構想案を提示した。機能の一つとして、ビットコインなど仮想通貨の流通を支援することを挙げている。
09:30
米政治家、FTX前CEOからの1億円超の寄付を返金
米テキサス州の知事選に出馬したベト・オルーク候補は、仮想通貨取引所FTXのサム・バンクマン=フリード前CEOから受領した寄付を返金していた。寄付の金額は1億円超である。
08:45
Phantom、イーサリアムとポリゴンに対応へ
ソラナの主要ウォレットPhantomは29日、イーサリアムとポリゴンブロックチェーンに対応することを発表した。
08:15
OpenSea、BNBチェーンのNFTに対応開始
NFT電子市場大手OpenSeaは新たにBNBチェーンのNFTに対応し始めた。
07:40
コインベースウォレット、BCHやXRPの対応停止へ
仮想通貨ウォレット「コインベースウォレット」は複数銘柄の対応停止予定を発表した。
07:20
Huobi、ドミニカ国やトロンと提携
仮想通貨取引所Huobi Globalは、ドミニカ国、トロン(TRX)、DMC Labsとの提携を発表。国家トークン「ドミニカコイン」やDIDの発行を共同で行う。
06:55
30日朝|NYダウ横ばい 中国のコロナデモが沈静化へ
中国のコロナデモ沈静化を受けて中国の株価指数が29日に反発。米国では明日のパウエル米FRB議長の講演を控えている。
11/29 火曜日
16:27
コインチェック、NOT A HOTEL会員権NFTの取扱い開始
国内仮想通貨取引所コインチェックのNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT」は、NOT A HOTELの会員権に紐づくNFTの第二期販売について、先行して取り扱うことを発表した。
16:13
「熊手」とNFTを融合、XYZAの新プロジェクト
高品質なNFTデジタルアートを販売する「XYZA」を手掛けるFRMは、日本の伝統文化「熊手」とNFTを掛け合わせた新プロジェクトを発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧