アメリカンエクスプレスがブロックチェーンで顧客情報を管理し還元するシステムを特許出願

アメリカンエクスプレスがブロックチェーンを活用したシステムを特許出願
クレジットカードでお馴染みの企業アメリカンエクスプレスが、ブロックチェーン技術を応用して顧客の利用履歴を正確に収集し還元するシステムを発表しました。
銀行やカード会社など決済システムを導入する企業のブロックチェーン導入相次ぐ
決済システムを導入している多くの企業がブロックチェーン技術応用するというニュースが相次いでいますが、競合他社が多い業界で勝ち抜く為にはすでに技術導入は最低ラインとなっているのか?

American Express(Amex)グループの、旅行関連及び金融サービスを提供している『American Express Travel Related Services Co.』は、ブロックチェーン技術を利用した個人顧客向けの褒賞(還元)システムの特許を出願しました。

この褒賞制度は、ポイントやデジタル通貨または特定のプロダクトと紐づいた商品を顧客の正確な利用履歴を元に還元するシステムとして機能します。

2017年10月中旬に米国特許商標庁(USPTO)によって公開された特許出願に基づき、同社はこのブロックチェーン技術を情報の保存と更新につなげるリソースとして利用し、顧客の利用支出パターンの履歴である個人データをブロックチェーンで収集した上で、その顧客にあった正確な報酬を提供できる環境を提供する予定です。

※アプリケーション概要の一部は以下の通りです。

  • ブロックチェーンの構造は、増大し続けるデータやリストの履歴を分散化したデータベースとして保存ができます。
  • さらにブロックチェーンの各ブロックには、処理された時間の記録と前のブロックとリンクした情報が保存され、各取引履歴とブロックチェーンで実行された結果を分散させて保存することができるため、セキュリティ面も強化することができます。

アメックスブロックチェーン技術プロジェクト

競合他社である他のクレジットカード企業も次々にブロックチェーン技術を応用するプロジェクトを打ち出しています。

この状況を勝ち抜く為にも、アメックスも同様にブロックチェーンをベースにしたアプリケーション開発プロジェクトを進めています。

アメックスは7月に同社のブロックチェーン技術をより促進するために、『Linux Foundation』によって開始された『Hyperledger Blockchain consortium』に参加しました。

Hyperledgerはオープンソースのブロックチェーンプラットフォームで、ブロックチェーンの技術を仮想通貨だけでなく最大限に利用できる環境をつくることを目的として生まれた、ブロックチェーン技術の推進コミュニティです。

Amexの最高情報責任者(CIO)Marc Gordon氏は以下のように語りました。

このコンソーシアムへ参加したことにより、我々の既存のビジネスプロセスとアプリケーションを大きく変革をもたらし、顧客やビジネスパートナーにブロックチェーンの功績として革新的な製品の提供することができるでしょう。

American Express Files Patent on Blockchain-Based Personalized Customer Rewards System

Oct 24,2017 by Lisa Froelings

参考記事はこちらから

CoinPostの考察

先日アメックスの競合他社であるマスターカードもブロックチェーン活用を目指し、すでに仮想通貨を一切利用しないという”法の規制を受けない”独自ブロックチェーンの開発し成功したことを発表しました。

マスターカードがブロックチェーン技術を適用した決済システムを導入
大手クレジットカード提供会社であるマスターカードが支払い処理システムにブロックチェーン技術を導入決定しました。最大の特徴は、既存の多くのブロックチェーンとは違い、仮想通貨を使用せず、国家の通貨を使用します。

このように銀行だけでなく、決算手段を有する企業の中で勝ち抜くためにはすでにブロックチェーンは最低条件にまで来ているのではないか?と思わせるほど、多くの企業がこの技術の開発に精力的に乗り出し投資をしています。

我々が日々利用する銀行送金やカード決済がより早くより安価なコストで導入または、利用できる日も近いのではないでしょうか?

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加