リスク(LSK)の高騰要因は?海外主要取引所に重要な動きが相次ぐ|仮想通貨市況

仮想通貨市場

●リスク高騰に複数の要因

●BittrexのIEOセールに早くも反響

●海外主要取引所の動きに、トークン価格が好反応

日付 NYダウ 日経平均 BTC価格
3/6(水) 25,806ドル(-13) 21,596円(-129) 42.8万円
3/7(木) 25,673ドル(-133) 21,456円(-140) 43.0万円
3/8(金) 25,473ドル(-200) 21,025円(-430) 43.0万円
3/9(月) 25,450ドル(-22) 21,125円(+99) 43.1万円
3/10(火) 25,650ドル(-206) 21,503円(+378) 42.6万円

本日の東京株式市場は、前日比378円高の21,503円まで戻すなど、海外短期筋の買い戻しもあり強めに反発。米国株市場のハイテク株上昇が相場を牽引した。

これに伴い、仮想通貨(ブロックチェーン)関連株も、軒並み反発した。

ただし、大引け後に英国メイ首相の「合意案の可決は難しい」との悲観発言を機に、英ポンドが2円以上急落するなど乱高下、世界中の投資家に警戒感が台頭している。当面の間、英国の政情不安や米中貿易摩擦の動向に対し、国際金融市場が振り回されることになりそうだ。

仮想通貨(ブロックチェーン)本命銘柄|関連株の最新情報まとめ
株式市場の仮想通貨(ブロックチェーン)の関連株一覧です。仮想通貨(暗号通貨)の将来性と市場の盛り上がりに伴い、時価総額(株価)の大幅上昇を期待できる本命銘柄と最新のポイント解説をまとめています。

ビットコインテクニカル分析

本日のビットコイン価格は、高値を切り下げて一時強めに下落。

本日、バイナンスで実施された最長8時間予定の「システム・メンテナンス」が無事完了し、価格変動にも特に影響せず、ほぼ無風で終わった。

仮想通市場全体が軟調に推移したが、チャネルのレンジ下限到達前に、反発を見せている。

日足ベースで確認すると高値を切り下げており、さらに下落した場合、40万円付近でサポートされるかどうかは焦点の一つとなるだろう。

リスクか高騰した3つの理由

本日は、リスクが大幅に上昇した。

仮想通貨Lisk(リスク)は、前日比8%以上の高騰を見せている。その要因については、3つの理由が挙げられる。

出典:CoinMarketCap

1. Lisk、INATBA協会に参入

また12日には、欧州連盟委員会が支援する「国際信用ブロックチェーンアプリケーション協会 INATBA」に参入したことを明らかにした。

米Ripple社やカルダノ財団も創設メンバーとして参画している「INATBA」は、EU全土におけるブロックチェーンの普及と法的整備の活動を行う団体だ。ドイツ本拠地のLiskが参入することは、同国および周辺国家のブロックチェーン推進にとって、非常に良い影響を与える可能性が高い。

2. Lisk「サイドチェーン」の進捗

なお、人気SNSプラットフォームRedditのモデレーターによれば、Liskの「サイドチェーン・プロジェクト」は、オンチェーンにおける機械学習の実装を遂げた。

報道によれば、共同開発企業GNYのCTOは、Liskのサイドチェーン上でGNY機会学習のアルゴリズムを長い間試行した結果、互換性を実現したという。

3. Lisk主催のミートアップ

3月29日、ドイツ・ベルリンのHQにて、ブロックチェーンのミートアップが開催される予定。

今回のミートアップでは、Liskのコンセンサスメカニズムである「DPoS」の改善提案に関して協議される模様だ。

Bittrexが初IEOセール予定

大手仮想通貨取引所Bittrex International(ビットレックス)は12日、初のIEO(取引所でのトークンセール)を行う予定を公式で発表した。

IEO(イニシャル・エクスチェンジ・オファリング)とは、資金調達のための、ICOのような仮想通貨トークンセールのこと。

従来のICOと異なり、大手取引所の上場が約束されている点や、トークンのロックアップの時間、もしくはトークンプロジェクトのセール、上場に関わる審査の欠如など懸念点が大幅に取り除かれるため、特に大手取引所が開催すれば、投資家人気も集まりやすいとされている。

そんな中、世界有数の仮想通貨取引所Huobi Globalがトークン発行プラットフォーム「Huobi Prime」の設立を示唆。バイナンスでは、「Binance Launchpad」の人気沸騰。「BitTorrent(BTT)」と「Fetch.AI(FET)」がものの数分で完売。

これに伴い、Huobiの「HTトークン」価格は、前週比+25%、前月比+56%と大幅上昇を見せている。

CoinPostの関連記事

マーシャル諸島政府、年内のデジタル法定通貨「ソブリン」の発行を予定|仮想通貨の市況が戻り次第開始へ
独自のデジタル法定通貨「ソブリン(SOV)」の発行を目指すマーシャル諸島はイスラエルの送金企業Neemaと提携して、年内の発行を目指すことが判明した。
ビットコイン超大口クジラの最新動向で「売り圧力」低減か、明日のバイナンス長期メンテに要警戒|仮想通貨市況
仮想通貨市場 ●最大11.3万BTC保有、超大型クジラの動きを探る ●ビットコイン半減期に向けて2倍に...
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者13,000名を突破しました。

▶️本日の速報をチェック

免責事項

当ページは、仮想通貨の信憑性・正確性を保証するものではありません。

掲載されている内容やリンク先、サービス等、または投資情報からの不利益や損害については、当サイトでは一切の責任を負いかねます。投資する際は、ご自身の判断の元、自己責任でお願い致します。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら