IBM、ブロックチェーンプロジェクトの電子広告を「日本の電車の液晶ディスプレイ」に掲載

IBM 、ブロックチェーン広告が電車の液晶ディスプレイに掲載
日本IBMが、電車内のモニターで流れる電子車両広告で、ブロックチェーンに関連する広告を掲載したことがわかった。東京・渋谷エリアを通る「東急東横線」などで確認されている。

IBMのブロックチェーン広告が電車の液晶ディスプレイに掲載

日本IBMが、電車内に設置された液晶ディスプレイに、ブロックチェーン関連の広告を掲載していることがわかった。

ブロックチェーン関連のプロダクトを紹介する電子広告が、日本の電車で掲載されたのは、初めての事例の可能性もある。

現在掲載されている路線名は明らかになっていないが、渋谷エリアを通る東急東横線などで確認されている。

掲載された広告は、IBMブロックチェーンを活用する社会貢献のプロジェクト「Smart Recycling:」で、ブロックチェーンを活用した、ゴミのリサイクル報酬をデジタル・トークン(仮想通貨?)の発行で行うシステムを提供している。このトークンは、学費、食料や公共料金など幅広い支払いに利用ができるという。

IBMのプラスチックバンクに関するページでは、ブロックチェーンがビジネスだけでなく、ソーシャルグット(社会貢献)にも活かせる点を強調。廃棄プラスチックで汚染された貧困地域に住む 10 億超の人々が、プラスチックごみを収集し、そのごみを必要な物やサービスと交換するための支援を行なっている。

プラスチックバンク創設者は、「金融サービスにアクセスをもたない人々が、通貨としてプラスチックごみを利用できる」と紹介している。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

米大手投資企業がIBMのクラウド技術で機関投資家向けの仮想通貨セルフ・カストディを提供へ
ニューヨークの大手投資ファンドがIBMのプライベートクラウド技術を利用し機関投資家向けの仮想通貨カストディを提供することが判明。IBM独自のカストディインフラ「DASC」が草分けの存在へ。
日本IBM、3つのブロックチェーン活用事例が本格運用段階へ
日本IBM株式会社の髙田充康 事業部長が1月末に日本で開催されたカンファレンスで登壇し、IBM社のブロックチェーン活用事例について言及。実証実験段階から本格運用にシフトしていることが判明した。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者13,000名突破。

Nutmos / IgorGolovniov / Shutterstock.com


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら