仮想通貨マイニング最大手ビットメイン「期限切れを迎えたIPO申請は再び行う予定」

ビットメイン、社内再調整+IPO再申請
中国仮想通貨メディアの独占情報によると、仮想通貨マイニング最大手のビットメイン社は26日に社内報を公表し、現在内部組織の再構築および販売業績の回復を明らかにしている。

ビットメイン、社内再調整やIPO再申請など

中国仮想通貨メディア「o-daily」の独占情報によると、仮想通貨マイニング最大手のBitmain社(ビットメイン)は26日に社内報を公表し、現在内部組織の再構築の計画および販売業績の回復を明らかにしている。

また、Coinpostの本日の既報で伝えたように、ビットメイン社は現在「香港取引所」へのIPO上場申請の期限を迎えているが、同社内報でもそれを確認しており、「時期を見計らって、再びIPOの申請を行う」と明確にしている。

本記事では、その社内報の内容を以下のようにまとめている。

まず、Bitmain社は開業5周年を節目とし、業務、組織編成および管理体制を必要に応じて、調整することにする。

仮想通貨とAIチップに関するハード・ソフトウェアとサービスに注力する各部門、子会社のリソースを統合し、より効率的かつ高品質が保たれるサービスラインを提供することを目指す。

同社の役員会議で、CEOを王海超(Haichao Wang氏)と任命したが、吴忌寒(Jihan Wu氏)は以前噂されたように、Bitmainの取締役を継続するという。

新たなチップ製造およびASICマイナーに関しては、以前Coinpostでも報じた、新開発の第2代の7nmチップ「BM1397」を搭載したAntMiner「S17」と、「T17」は、近いうちに生産に取り掛かると明かし、なお第3代となる「BM1684」のチップが実装された新型サーバー「SA5」の市場発売は、今年の第4四半期に予定している。なお、「SA5」の性能は旧型「SA3」の数倍となるとしている。

さらに、IPOに関して、Bitmain社はこのように伝えている。

現在のIPO申請は期限切れとなるが、今回の申請によって、Bitmain社はより透明性があり、企業ルールに遵守した企業に成長してきた。

Bitmainの財政は健全であり、サプライチェーンも正常に稼働している。

タイミングを図り、再びIPO申請を行う予定だ。

以上が主な内容となるが、「仮想通貨の厳冬」とも呼ばれている市場の低迷期を乗り越えたBitmain社、ポジティブな社内報を発表することにより、極めて前向きな事業方向性を見せている。

今後、Bitmain社がどのように市場動向に応じたビジネス手段をとるか、継続して注視すべきだろう。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

仮想通貨採掘大手Bitmain、上場審査期限が目前に  審査難航の背景には
「IT企業史上最大のIPO(Initial Public Offering)案件になる」と注目されていた仮想通貨マイニング最大手Bitmain社の上場審査が、承認を得られないまま期限切れを迎える可能性が高まっている。その背景とは?
ニューヨーク州の仮想通貨マイニング企業が直面する壁|マイニング業者の実情とは
米国ニューヨーク州において、マイニング業者はエネルギーコスト増加や規制の影響を受け、また弱気市場も重なり、同州のマイニング企業は窮地に立たされている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら