CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨 DigiByte(デジバイト)とは?

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

segwit(セグウィット)を最初に採用した仮想通貨。
ビットコインなどでも採用されたスケーラビリティ問題の解決策であるSegwitを最初に採用したのはDigiByte(デジバイト)です。
5つのアルゴリズムでマイニングできる。
マイナーは『SHA-256』『Scrypt』『Groestl』『Skein』『Qubit』の5つから好きなものを選んで採掘できます。
目次
  1. DigiByte(デジバイト)の概要
  2. DigiByte(デジバイト)の特徴
  3. DigiByte(デジバイト)を扱っている取引所
  4. DigiByte(デジバイト)を扱っているウォレット
  5. DigiByte(デジバイト)のマイニング
  6. まとめ

DigiByte(デジバイト)の概要

通貨コード DGB
取引開始日 2014/01/12
承認アルゴリズム Proof of Work(Scrypt / SHA-256 / Qubit / Skein / Groestl)
発行上限 21,000,000,000DGB
現在の流通量 約8,100,000,000DGB
ブロック生成サイクル 約15秒
ブロックチェーンURL https://digiexplorer.info/

DigiByte(デジバイト)は「DigiShield」という独自のdifficulty(採掘難度)調整アルゴリズムを最初に発明・導入したコインです。

Dogecoinがdifficulty調整アルゴリズムの主流であったKimoto Gravity WellではなくDigiShieldを採用したことで有名になりました。

DigiByteはゲームデベロッパー・ゲームユーザー・広告主をつなぐプラットフォームを形成する構想を考えており、現在既に『League of Legends(リーグオブレジェンズ、通称:lol)』や『Minecraft(マインクラフト)』などの有名なゲームで実装されています。

最近では、10月3日に行われたCity bank主催のCity T4iアワードで受賞したことが話題になりました。

DigiByte(デジバイト)の特徴

DigiByteの特徴として主に挙げられるのは以下の5つです。

5つのアルゴリズム

DigiByteの最も大きな特徴として言われるのは、『マイニングをするのに5つのアルゴリズムを採用している』という点です。

  • SHA-256
  • Scrypt
  • Groestl
  • Skein
  • Qubit

と5つありますが、マイナーはこの中から好きなものを選んで採掘できるようになっています。

基本的にはブロックチェーンは1つなので、1つのアルゴリズムで採掘しますが、DigiByteは先ほどの5つのアルゴリズムがそれぞれ20%ずつに分散されており、ブロックチェーンは1本ですが、アルゴリズムごとにブロックが存在します。

もちろん、アルゴリズム毎にdifficluty(採掘難度)調整等も行われます。

このメリットとしては、アルゴリズムが5つに分かれていることによって、PoW攻撃(51%攻撃)を受けたとしても大きな被害を出す可能性が低いのです。

DigiShield

もともと存在していたdifficluty調整アルゴリズムでは、十分に機能していないという問題点がありましたが、これらの問題を解決した形で公開されたのがDigiShieldです。

DigiShieldによりブロック生成の際に直前のブロック生成におけるハッシュレートからdifficulty調整を行うため、高すぎず低すぎない採掘難度を維持できます。

そのため、ビットコインで懸念されるブロック報酬減少を低く抑えることができます。

これにより、半減期による価格下落リスクを下げることができるのです。

Segwit(セグウィット)が最初に採用された仮想通貨

ビットコインなどでも問題となり、相場に大きく影響を与え、分裂騒動を起こしたスケーラビリティ問題の解決策であるSegwit(セグウィット)

これを最初に採用した通貨がDigiByteです。

ビットコインもSegwit2xとしてロックインされ、問題は解決に向かっていることからもSegwit(セグウィット)の重要度が伺えます。

DIGUSIGN(ディグサイン)

イーサリアムなど同様にスマートコントラクトの機能も持っています。

医療・政府記録・法的書類・契約書などでの導入が考えられ、DigiByteが仮想通貨以外での用途が非常に開かれており汎用性があるものだと言えます。

トランザクション速度の拡大

DigiByteは2年ごとにブロックサイズを2倍にする特別なコードを導入しています。

  • 2017年に560トランザクション/秒
  • 2019年に1,120トランザクション/秒
  • 2021年に2,240トランザクション/秒
  • 2035年に280,000+トランザクション/秒

トランザクション速度とネットワーク容量を拡大する計画になっています。

DigiByte(デジバイト)を扱っている取引所

DigiByteは国内取引所では扱っておらず、以下の5つの海外取引所で取引を行います。

  • POLONIEX
  • BITTREX
  • Litebit
  • Yobit
  • Cryptopia

POLONIEXやBITTREXは大手の取引所なので、DigiByte以外も様々な通貨を取り扱っており、開設しておいて損は無いでしょう。

Poloniex(ポロニエックス) 世界最大級のアルトコイン取引所
Poloniex(ポロニエックス) の基本情報・最新ニュースを網羅的に解説しています。Poloniexは世界最大級のアルトコイン取引高を誇る仮想通貨取引所であり、取引可能アルトコインは60種類以上となっています。
仮想通貨取引所 Bittrex(ビットトレックス)とは?
bittrex(ビットトレックス)は、アメリカにある仮想通貨取引所です。2014年に設立され、マイナーな仮想通貨を取引するのに最適な取引...

DigiByte(デジバイト)を扱っているウォレット

DigiByteを管理するウォレットは公式ウォレットがいいでしょう。

DigiByte Gaming Wallet
Android,Mac,Windows
DigiByte Gaming Wallet公式サイト
DigiByteはCopay Walletがベースになっているので操作が簡単であるメリットがあります。また、DigiByte coreに比べて機能が豊富なのでDigiByteウォレットとしてはこちらをオススメします。

Android版なら公式アプリがありますので、そちらがオススメです。

iOS版はリリースされるかもと言われているので、要チェックです。

DigiByte(デジバイト)のマイニング

上でも書いたようにマイニングに5つのアルゴリズム(Myriadcoin)が使われていて、PoW攻撃(51%攻撃)を受けたとしても大きな被害を出す可能性が低いのです。

また、difficluty調整アルゴリズムのDigiShieldにより、difficlutyが高すぎず低すぎないよう調整されるため、半減期による価格下落リスクを下げることができます。

まとめ

2017年6月のマインクラフトの一件でDigiByteを高値で買ってしまい、その後の下落で塩漬けになってしまっている方が多いと言われている仮想通貨ですが、元々ポテンシャルは高く、今後も上がっていく可能性は十分ある通貨だと思います。

今後の動向に期待に期待が集まります。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11/30 水曜日
19:30
ブラジル議会、決済手段としてのBTCを承認へ
ブラジル下院は29日、ビットコイン(BTC)などの仮想通貨を決済手段として認定する法案を可決した。今後は大統領の署名次第で施行されることとなる。
19:05
ソラナ基盤のSerumが閉鎖、Openbookがローンチ
ソラナ基盤のDEXインフラプロジェクト「Project Serum」は、Serum コードのフォークによりローンチされた新たなDEX「Openbook」を発表した。
18:33
岸田政権、Web3.0の環境整備に向けたロードマップ示す
岸田政権による「スタートアップ育成5か年計画」の内容が決定した。ブロックチェーン技術とWeb3の税制を含む環境整備が含まれている。
17:18
バイナンスが日本進出へ、サクラエクスチェンジ買収
世界最大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスが日本進出を発表した。サクラエクスチェンジの全株式譲渡を受け、完全小会社化する。
15:36
オフィシャルライセンス許諾の『トレサカ Jリーグ(β版)』配信開始
Jリーグのオフィシャルライセンス許諾を得た『トレサカ Jリーグ(β版)』が配信された。開発はオルトプラスとプレイシンク。パブリッシングはアクセルマークが担う
14:00
TBD、分散化されたWeb5の基本指針を打ち出す
ブロック(旧スクエア社)の仮想通貨部門TBDは分散化と個人のアイデンティティを重視したWeb5の基本指針を発表。より分散化されたインターネットの概念と今後の連携を呼びかけた。
13:03
FTX前CEO、破産申請や暗号資産ハッキング事件について受け答えに応じる
大手仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏がインタビューに応じ、ハッキング被害による不正流出被害やバハマ当局への対応、FTXシステムの「バックドア」疑惑などについて語った。
12:52
担保付資産(wBTC、wETH)のティペッグ騒動相次ぐ
仮想通貨ビットコインを担保に発行する「ラップドビットコイン(wBTC)」について、1:1のペグを外れて1.5%ほどマイナスに乖離する「ディペッグ」が発生した。その背景について探る。
12:05
BTC17000ドル台に反発、アルトは前日比7.7%高のETH主導
FTX破綻で警戒感燻る暗号資産(仮想通貨)市場では、上値抵抗線を抜けてビットコインが反発。悪材料で売り込まれていたイーサリアムも強めに反発した。
11:22
米議員、複数の仮想通貨取引所に書簡
米国のRon Wyden上院議員は、バイナンスやコインベースなど6つの大手仮想通貨取引所に宛てて書簡を提出した。FTXの破綻を受けて消費者保護について問い合わせる内容だ。
10:30
ウクライナ中銀 CBDCの構想案を公開
ウクライナの中央銀行は、同国の中央銀行デジタル通貨についての構想案を提示した。機能の一つとして、ビットコインなど仮想通貨の流通を支援することを挙げている。
09:30
米政治家、FTX前CEOからの1億円超の寄付を返金
米テキサス州の知事選に出馬したベト・オルーク候補は、仮想通貨取引所FTXのサム・バンクマン=フリード前CEOから受領した寄付を返金していた。寄付の金額は1億円超である。
08:45
Phantom、イーサリアムとポリゴンに対応へ
ソラナの主要ウォレットPhantomは29日、イーサリアムとポリゴンブロックチェーンに対応することを発表した。
08:15
OpenSea、BNBチェーンのNFTに対応開始
NFT電子市場大手OpenSeaは新たにBNBチェーンのNFTに対応し始めた。
07:40
コインベースウォレット、BCHやXRPの対応停止へ
仮想通貨ウォレット「コインベースウォレット」は複数銘柄の対応停止予定を発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧