「仮想通貨・ブロックチェーンへの理解が必要」米SEC、CFTCが予算委員会で提議

SEC、CFTC:デジタルアセットに対する理解を深める必要あり
米SECとCFTCの長官らは予算委員会の公聴会にて、規制者としてデジタル資産およびブロックチェーン技術に対する知識を深める必要性があると主張。スタンスの異なる両局はそれぞれの重点を改めて示している。

SEC、CFTC:デジタルアセットへの理解を深める必要あり

米国の2大金融規制当局であるSECとCFTCは国会の公聴会にて「デジタル資産およびブロックチェーン技術に対する認識と理解が重要である」との姿勢を改めて示した。

今回の公聴会は国会上院によって開かれた「2020年度SECおよびCFTC における予算」ヒアリングに、SEC(証券取引委員会)のJay Clayton長官と、CFTCのChristopher Giancarlo会長が共に出席した。

Clayton氏は予算委員会に対して、同局のコンプライアンス検査局は仮想通貨などのデジタル資産が高リスクな投資商品としており、取引市場部では仮想通貨およびブロックチェーンにおける専門家を募集していると報告。つまり同局はデジタル資産市場に対して警戒しながらも、発展の速いブロックチェーン業界に関する知識を重要視している。

なおClayton氏は、仮想通貨は2018年同様でコンプライアンス検査局の2019年の監視活動6大優先事項の一つであることに再び言及し、SECの投資家保護の原則を改めて強調した。

一方で、仮想通貨への肯定的な姿勢で「仮想通貨の父」ともコミュニティから称されるCFTCのGiancarlo会長はブロックチェーン技術に関して、「既存のビジネスと異なりサードパーティが必要とされないことやプロジェクトの開発が進んでいることから、当局もそのペースに追いつくためにはリテラシーが必要不可欠で、現在規制者にとってはその知識力が最も欠如している。」と述べている。

なおGiancarlo氏は以前より掲げている「量的規制者(データに基づく)」になるためには、独自で市場データの分析・ブロックチェーンネットワークの分析を行う能力が求められていると言及し、予算委員会に提示した予算ではCFTCのブロックチェーン、仮想通貨データ分析や研究に当てるものだと説明。このように、今回の公聴会でもSECはCFTCと異なって、より慎重な姿勢を見せている。

先日CFTCの関係筋から、今年中にイーサリアムの先物取引商品が認可される可能性は高いことが明らかになっていた。仮に今後イーサリアムの先物取引がCFTCから認定される形で実現すれば、イーサリアムの現物にも投資しようとする機関投資家に向けて、アクセス可能となることが今後のETH市場の好ファンダとされている。

CoinPost関連記事

「イーサリアム先物承認される可能性は高い」米CFTC高官が明かす|前向き材料でETH価格に好影響
匿名の米CFTCの高官が今後イーサリアムの先物取引商品が認可される可能性は高いと発言。これまで先行き不透明だった時価総額2位通貨のデリバティブ商品に関する前向きな見解を受け、ETH価格も+10%の上昇を記録している。

またETHの先物承認に当たって、CFTCが定めるすべてのルールに従う必要があり、仮に規制に則れば、自己認定される権利が与えられる可能性は非常に高いという。

米国の仮想通貨・ブロックチェーン規制において、連邦レベルでは統一した規制が未だ存在しておらず、SECやCFTCのようなトップ規制者では各自でその管轄権を主張している状況だ。今回の予算委員会公聴会でもその合意と不一致が見られており、将来仮想通貨の規制健全化に向けて両局がどのように連携していくか注視され続けるだろう。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック