世界最大イーサリアム技術者会議の開催地が大阪に決定|33億円の年間予算も明らかに

Devcon、開催地が大阪に決定
世界最大のイーサリアム技術者会議である「Devcon 5」の開催地が大阪に決定した。開催日は2019年10月8日から10月11日の四日間。またイーサリアム財団が今後積極的に出資を行う意向も示された。

Devcon、開催地が大阪に決定

世界最大のイーサリアム開発者カンファレンスである「Devcon 5」の開催地が大阪に決定した。開催日は2019年10月8日から10月11日の四日間となる。

イーサリアム財団のアドバイザーなどを務める宮口 綾氏が、5月10日にイーサリアルで公表したことで明らかとなった。

また、宮口氏は同ステージ上で、イーサリアム財団が今後12ヵ月のうちに、3000万ドル(約33億円)の資金を様々なプロジェクトに投資していく意向であることを明らかにしている。

そのうちの一つは、「イーサリアム 1.x」のPoWのパフォーマンス及びセキュリティの向上に取り組むプロジェクトで、その他には、アカデミックな分野での投資も行うとしている。その目的には、優秀な調査員や開発者をイーサリアムプロジェクトに引き込みたいという思惑がある。また、分散システムの開発に取り組む「MolochDAO」への支援も表明しており、ポテンシャルのあるプロジェクトにも少額での投資を行っていくとした。

イーサリアム1.x 今後の予定など

昨年10月の終わりに開催された「Devcon4」の秘密会議で、イーサリアム開発者らは内密に「ethereum 1x」とネーミングされたアップグレードを2019年の6月に行う計画について、議論を行っていた。

このアップグレードに関しては、未だ具体的なコード変更や機能の詳しい情報が開示されていないが、主にイーサリアムブロクッチェーンの有用性を高めるとされている。なお、現時点ではこのような概要が公開されている。

  • システム全体のアップグレード。目標は2019年半ば。
  • イーサリアム・バーチャルマシンからEWASMへの移行。
  • スマートコントラクト向けの「ストレージフィー(保管料)」というコンセプトの提案

なお、大型アップデート「Constantinople/St. Petersburg」が3月に無事完了し、次のアップグレードとなる「イスタンブール」は10月に仮予定されている。実際、確かな日時やブロックチェーン#などは決まっていないものの、それに向けたロードマップはデベロッパー会議で合意された。

  • 2019年5月17日:イスタンブールへの提案受け入れ最終期限(hard deadline)
  • 2019年7月19日:主要なクライアント導入の期限(soft deadline)
  • 2019年8月14日:テストネットハードフォーク予定日
  • 2019年10月16日:メインネットハードフォーク(イスタンブール)予定日

このように年間予算が充実する前提で、複数のイーサリアム開発プロセスはより順調に進み、期待されているPoSへの移行もより計画通りに進められていくだろう。つい先日、そのPoS(イーサリアム2.0のコンセンサスメカニズム)の第一段階となるビーコンチェーンのテストネットはコミュニティを対象に開始した。今後もイーサリアムの開発および実装はより加速化していくと見込まれている。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら