NHK朝のニュース番組で「仮想通貨ビットコイン」に言及、Google検索数は昨年11月ハッシュ戦争超え

NHKテレビ「仮想通貨ビットコイン」に言及
NHKニュースは20日、ビットコイン価格の高騰を報じ、短期的な利益を求めて投機資金が入り込んでいるとの専門家の意見を紹介した。中高年への認知度向上につながる可能性が高い。

NHKテレビ「仮想通貨ビットコイン」に言及

テレビ番組、NHK朝のニュースは20日、「仮想通貨ビットコイン」の価格高騰ニュースを報じた

NHKの朝のニュース番組がビットコイン関連ニュースに触れるのは、2017年のバブル相場以来だと思われる。

番組内でアナウンサーが、「ビットコインの価格がこの3週間ほどで一時1.5倍に急上昇するなど、再び変動が大きくなっており、専門家らが値動きを注視している」と言及。専門家らの意見として、「米中貿易摩擦の激化を背景に世界的に株価が不安定になる中、短期的な利益を求めて投機資金が入り込んでいることなどが影響しているとみられるが、明確な理由が見当たらないという声もある」と紹介した。

関連記事

米株投資でリーマンショック以来最大のリスクヘッジ率、ビットコイン需要急拡大の背景に注目
急落する国際株式市場と、急騰する仮想通貨市場の関係性に高い関心が集まっている。新債権王が「BTC市場と株高」に独自の見解を示したほか、全米で放映中のCMの影響も相場を後押しした。

その上で、ニュースの最後に「世界有数の交換会社で今月、多額の仮想通貨の流出が確認されるなど、安全性や信頼性に関わる事件は依然続いており、価格の急上昇には警戒感もある。荒い値動きが続く可能性があり当面、注視したい」などと、懸念点も注意喚起している。

ビットコインの興味指数

キーワードの人気度を調べられるサービス「Googleトレンド」によると、仮想通貨市場の盛り上がりに伴い、グーグルでの「Bitcoin」の検索数が急上昇、ここ1年で最も高い数値となっている。検索数は興味指数を示しており、関心度の再上昇が伺える。

アルファベットで「Bitcoin」と検索するのは、基本的に海外投資家だ。国内(カタカナで「ビットコイン」検索)では、現在の検索ボリュームは「26」の値を示した。これは、昨年11月のビットコインキャッシュのハッシュ戦争で仮想通貨市場が大暴落した「22」の数値を超えている(下図)。

出典:Googleトレンド(カタカナ検索)

現在の検索水準は、様々なメディアで紹介され、ビットコインの認知度が急速に高まっていた2017年9月に匹敵するところまで回復した。

検索ボリュームの最盛期は、国内最大手コインチェックの出川哲郎CMが大きな反響を呼び、1BTC=200万円まで高騰した2017年12月〜2018年1月であることから、相場が急回復してきたとは言え、現時点での世間一般の関心度は当時の1/4に過ぎないと捉えることも出来る。検索ボリュームが50〜70を超えてきたら、バブルを警戒する一つの目安となるかも知れない。

口座申し込みが急増

なお、コインチェックの広報担当者が明らかにしたところによれば、仮想通貨の価格高騰を受け、国内最大手コインチェックの口座申し込み件数が急増している。

BTCが5,000ドル(55万円)を回復し、相場が好転し始めた4月の申し込み件数が3月の2倍となったほか、ビットコインが70万円を突破した10日以降には口座申し込みが殺到し、3月実績の7倍を記録したという。

業務改善命令を受けた大手取引所が新規申し込みやプロモーション活動を自粛する中、ビットコイン高騰は最大のカンフル剤だ。仮想通貨への投機熱が冷め、株や為替に移行していた個人投資家の出戻り組だけでなく、新規の資金流入を示す貴重なデータだと言えるだろう。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら