CoinPostで今最も読まれています

米株投資でリーマンショック以来最大のリスクヘッジ率、ビットコイン需要急拡大の背景に注目

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

株のリスクヘッジでビットコイン需要急拡大か
急落する国際株式市場と、急騰する仮想通貨市場の関係性に高い関心が集まっている。新債権王が「BTC市場と株高」に独自の見解を示したほか、全米で放映中のCMの影響も相場を後押しした。

株のリスクヘッジでビットコイン需要急拡大か

日本経済新聞の報道によれば、新債権王の異名をとる著名投資家、ジェフリー・ガンドラック氏が「ビットコインと株高」について独自の考察を述べた。

同氏は、多くの著名投資家がビットコインへの懐疑的な姿勢を一貫する中、仮想通貨市場が低迷していた今年1月時点で5,000ドル超えを予想していた、数少ない著名投資家だ。

機関投資家の参入障壁もあり、自身が運用する運用資産1300億ドル(約14兆円)の「ダブルライン・キャピタル」こそビットコイン投資は行なっていないとするが、昨年11月に実施された日経新聞のインタビューでは、以下のような見解を示していた。

ビットコイン価格は、株式市場の投機的ムードを測る上で、非常に有効な先行指標だ。

曰く、「ビットコイン価格とS&P500種株価指数」には相関性も確認されており、、過去相場で米ハイテク株を中心に急騰急落に連動したほか、米連邦準備理事会(FRB)のハト派転換を受けた”投機熱”の加速も背景にあるという。

半導体銘柄を含む米ハイテク株には、エヌビディア(NVIDIA)などの最大手マイニング関連企業も含まれており、2018年末にかけての採掘需要大幅減に関連し、米アナリストリポートでもセクター判断を「インライン(標準的)」から「コーシャス(慎重)」に引き下げていたことから、その影響面は看過できない。

伝統金融マーケットからの資金移動

仮想通貨市場への資金流入を示唆する興味深いデータとして、米バンクオブアメリカ・メリルリンチの調査によれば、米中貿易摩擦や英EU離脱問題など先行き不透明感の高まりを受け、回答者の34%が今後の株価急落に備えてリスクヘッジを行なっていることが判明した。これは、2008年に発生したリーマン・ショック以来、最大の数値となるという。

リスクヘッジとは、保有金融資産のポートフォリオを縮小、あるいは異なる業種への分散投資を進めることで、株価の急落局面に伴う「総資産額の大幅ドローダウン」リスクを最小限に抑える投資手法のことを指す。

ヘッジの対象手段としては、安全資産とされる金(ゴールド)や避難通貨の日本円、日経平均ダブルインバース・インデックス連動型上場投信<1357>などが代表的であるが、直近の相場環境においては、デジタル・ゴールド要素のある仮想通貨ビットコインもこれに含まれるものと思われる。

元来ビットコインは、2008年の世界金融危機を経て誕生し、2013年のキプロス危機では「避難通貨(デジタル・ゴールド)」として高騰した経緯がある。先日、仮想通貨取引所TAOTAO創業者である尹煕元氏が、仮想通貨税制を変える会のゲスト講演で言及したように、仮想通貨(暗号資産)はこれまでの「財産の交換手段であるお金の在り方」を問うテーゼであり、各国の政府や銀行など中央集権へのアンチテーゼでもあるからだ。

フォロワー40,000人を超え、米株を中心にトレードする「T.Kamada(@Kamada3)」氏も、株の投資家がビットコインに避難していることを示唆するデータとして、米大手仮想通貨投資企業Grayscaleの「ビットコイン投資信託」の高騰と出来高が8倍まで急上昇したことを挙げている。

同社が開示した2019第1四半期レポートでは、1Qにおける仮想通貨投資商品への資金流入は、前期比42%増。2018年4Qの3,000万ドルから2019年1Qの4,270万ドル(約46億円)へと大幅に上昇した。

米国で高まるCM効果

またGrayscaleは、ビットコインのコマーシャルを展開。「Drop Gold」(金をやめよう)と題されたキャンペーンのストーリーは、ニューヨーク州マンハッタンを中心に全米で放映されている。

なぜ人々は、未だゴールドに投資するのか?

デジタル世界の中で、(持ち運びに不便な)ゴールドをポートフォリオにすべきではない。

ビットコインのような仮想通貨には、未来がある。

長期化する米中貿易戦争の悪影響などを踏まえた、世界的な景気後退(リセッション)リスクが取り沙汰される中、避難資産を想起する「デジタル・ゴールド」の側面に注目するCM放映も、投資家のビットコイン買いを後押ししているものと考えられる。直近の米トランプ政権の関税引き上げの影響による世界同時株安では、ビットコインが急騰するなど逆相関を示した。

coinlibのマネーフローを確認すると、ステーブルコインUSDTのほか、仮想通貨投資家の多い日本からの資金流入以上に、米中貿易戦争の当事者である米ドルや中国元からビットコインへの流入が増加傾向にあることが確認できる。

出典:coinlib 拡大可

CoinPostの関連記事

日本政府、景気一致指数を「悪化」に下方修正|ビットコイン市場への資金流入の可能性も
内閣府が3月の景気動向指数を発表。景気後退局面を示す「悪化」に下方修正した。リセッション懸念で国際株式市場が中・長期下落トレンドに突入した場合、先進国でもビットコインを資金逃避先とする動きが加速する可能性もある。
ビットコインは70万円台まで高騰、異常な強さにある「5つの理由」と今後の展望|仮想通貨市況
年初来高値を更新して70万円目前のビットコイン高騰の理由を考察、大荒れ模様の株式市場が仮想通貨市場に与える影響を探る。また、BTCドミナンス高騰でXRP/BTCは大底圏まで下落している。
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
09/25 月曜日
21:35
5000BTC以上ビットコイン買い増し、米マイクロストラテジー
米マイクロストラテジーは新たに1.47億ドルのコストで5,445 BTCの仮想通貨ビットコインを取得した。
20:14
三菱UFJ信託銀行、バイナンスジャパンと協業で新たなステーブルコイン検討へ
三菱UFJ信託銀行は、バイナンスジャパンとステーブルコイン発行・管理基盤「Progmat」の協業により、円建てやドル建てを対象とした新たなステーブルコインの共同検討を開始することがわかった。
14:16
テラクラシックコミュニティ、 ステーブルコインUSTCの発行停止を決定
仮想通貨テラ・クラシック(LUNC)のコミュニティは、ステーブルコインUSTCの全ての新規発行及び再発行の停止を決定した。コミュニティ投票では、59%が賛成票を投じ、発行停止が可決された。
13:36
コインベース、世界最多のビットコイン準備金「推定94.7万BTC」保有か|Arkham分析
ブロックチェーン分析企業Arkhamは、大手仮想通貨取引所コインベースがサトシ・ナカモトの推定保有量に匹敵する94.7万BTC(3.7兆円相当)のビットコイン準備金を保有しているという分析を発表した。
11:52
軟調推移のビットコイン、イーサリアムのガス代平均は過去最低水準に
暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコイン(BTC)価格が続落する中、イーサリアムのガス代平均は過去最低水準となった。ETHの通貨供給量はデフレからインフレに転じている。
10:50
韓国大手仮想通貨取引所Upbit、偽アプトス(APT)の入金処理めぐり大騒動に
韓国の大手取引所Upbitで、仮想通貨アプトス(APT)のフェイクトークンが正規トークンとして入金認識され、不特定多数のアカウントに配布される事件が発生した。
09/24 日曜日
14:00
「ビットコインは最も寿命が長いブロックチェーン」VCが語る
第2回のGM Radio: Beyond The Priceは21日に公開。ゲストは仮想通貨ビットコインに特化したVCのファウンディングパートナーNico Lechuga氏である。
11:30
BTC上値トライに失敗、目先は下げ渋る展開見込む|bitbankアナリスト寄稿
国内大手取引所bitbankのアナリストが、一時400万円台に乗せるも上値トライに失敗し、ほぼ横ばいで推移している今週のビットコインチャートを図解。今後の展望を読み解く。ビットコイン・オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊まとめ|ETH初期投資家の相次ぐ資産移動に注目集まる
今週は、イーサリアム初期投資家の相次ぐ資産移動について書いた記事が最も多く読まれた。このほか、日本政府が、仮想通貨企業が資金調達を行う際の規制を緩和することなど、一週間分の情報をお届けする。
09/23 土曜日
18:00
米コインベースが過去に欧州FTX買収を検討
米仮想通貨取引所コインベースは破綻したFTXの欧州法人を買収することを検討していた。デリバティブ商品に力を入れていることが背景とみられる。
17:10
グーグルクラウド、BigQueryにアバランチなど11のブロックチェーンを追加
Google Cloudは、ビッグクエリ公開データセットにアバランチ(AVAX)など11の仮想通貨ブロックチェーンを追加したと発表した。
07:40
イーサリアム「Dencun」、2024年に実施か
仮想通貨イーサリアムの開発者は21日に会議を開催。次期アップグレードDencunについて、実施が来年初めになる可能性が示された。テストの開始が遅れる可能性があるという。
09/22 金曜日
16:29
大手VCパラダイム「仮想通貨は新たな惑星のようなもの」 投機需要も欠かせないと見る理由
仮想通貨関連技術に特化した米大手ベンチャーキャピタルParadigmは、「火星のカジノ」と題した論説で、仮想通貨を新しい惑星に例え、投機的な投資も「移住の起動プロセスの一部」として欠かせないものだと主張した。
16:15
セガ三国志大戦IP活用のBCG「Battle of Three Kingdoms」、動画初公開
  三国志大戦のIP活用BCGのチュートリアル動画公開 セガの人気ゲーム『三国志大戦』のIPを活用し、double jump.tokyo株式会社が開発を手がける新作ブロックチェ…
14:00
米FRB「資産のトークン化」に警鐘
米FRBは、トークン化が金融安定性に及ぼす影響について詳細に調査した論文を公開した。トークン化がデジタル資産のエコシステムと伝統的な金融システムとの相互接続を促進し、伝統的な金融システムに新たなリスクをもたらす可能性があると指摘している。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
重要指標
一覧
新着指標
一覧