人気キャラスタンプのライセンス料は2000ETH(約5000万円)、クオン社がブロックチェーンを活用したライセンス権を販売

クオン社がブロックチェーン活用のライセンス権販売を開始
株式会社クオンがブロックチェーンを活用し、人気キャラの独占ライセンス権の販売を開始した。実績のあるキャラクターのライセンス権をNFT化して販売する試みとして注目される。

クオン社がブロックチェーン活用のライセンス権販売を開始

インターネット発のキャラクター開発や流通を手がける株式会社クオンは、ブロックチェーンを活用して、同社が保有するキャラクターの独占ライセンス権の販売を、リンカー合同会社と協業で開始した。

ライセンス権の販売は、「ニャータウン」と「ファンタスティック相撲」のキャラクターで、それぞれNFT化(ブロックチェーン上で生成される代替が不可能なトークン)された形で、OpenSea社運営のNFT取引所で販売される。

ライセンス権ごとに販売

人気キャラクターのライセンス料は、「ニャンタウン」が2000ETH(約5200万円)、「ファンタスティック相撲」が500ETH(約1300万円)となっている。

また、ニャンタウンのFacebook Messengerでのダウンロード合計数は約1億2900万、ファンタスティック相撲は約6億となっており、それぞれ世界で1億以上ダウンロードされているキャラクターである。

すでに実績のあるキャラクターのライセンス権をNFT化して販売するといった新たな試みであるが、クオンはブロックチェーンを用いる利点を次のように挙げている。

  • 世界中の事業者からの取引オファー獲得
  • スマートコントラクトが実現するエスクロー取引(第三者が介在し、代金と商品の安全な交換を保証する取引)による安全な決済
  • 電子署名によるライセンス保有証明などが可能となり、従来のライセンス取引での手間やコスト、リスクが大幅に低下

同社は、2015年頃から全世界の有名チャットアプリと提携しており、日本での普及率の高いLINEスタンプを始め、カカオトーク、Facebook、WeChat、Zalo、Hike、Kik Messenger等でもスタンプを展開。累計ダウンロード数は、27億件(2019年4月末)、累計送信回数は240億回を超えている。

また、2018年には、ブロックチェーン上でキャラクターを採掘するアプリケーション「CryptCrystal」の開発、運営を行なっており、15万人が事前登録、1万以上のキャラクターがすでに採掘されているという。

dAppsでの利用が目立つNFTであるが、今回はライセンス権の販売といったところで活用される格好となった。今後も、そのような様々な新たなユースケースの誕生が想定される。

CoinPostの関連記事

dAppsのイーサリアム取引量が過去最高記録を更新|ゲーム市場では国内がリード
dAppsにおける仮想通貨イーサリアムの取引量は先月、776,000ETHに達して4ヶ月連続続伸。昨年12月に記録したATHを更新した。分散型取引所やギャンブルアプリ領域が特に急伸しているという。
日本企業も続々参入:dAppsゲーム市場の成長と可能性(寄稿:dAppsMarket)
1日6,600ETH動くこともあるdAppsゲーム。市場拡大に伴い大手企業も参入し始めており、ゲームを通してデジタル資産に投資できる新しい可能性が話題になっています。当記事は「dAppsMarket」さんから寄稿頂きました。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら