Cboeの仮想通貨ビットコイン先物が明日で終了、過去最高水準のCMEと明暗くっきり

Cboeビットコイン(BTC)先物が明日で終了
米シカゴ・オプション取引所は19日、BTC先物の提供を取りやめる。1年半での撤退を余儀なくされたが、ビットコイン高騰に伴い、大幅続伸するCMEのBTC先物と明暗が分かれた理由とは。

Cboeビットコイン(BTC)先物が明日で終了

米大手デリバティブ取引所である、シカゴ・オプション取引所(CBOE)は明日19日、「ビットコイン(BTC)」先物の提供を取りやめる。

Cboeは3月中旬、先物契約の更新をしない方針を表明していた。

2017年12月18日にサービス開始して以来、わずか1年半での撤退を余儀なくされたことになる。取引数の低下によるデリバティブ事業の見直しを原因として挙げた。

なお、ビットコイン先物のサービス提供停止によって、Cboeが並行して進めるプロジェクト「ビットコインETF」には直接的な影響はでないものと見られている。

一方で、先物商品のプロモーションにも注力する、同じ米国のシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)が取り扱う「ビットコイン(BTC)」先物は、競合が減ったことも追い風となり、右肩上がりの成長を見せるなど絶好調だ。

4月1日の取引数2162を基準に、高騰後の5日取引高を比較するとおよそ10倍の上昇を見せたことになる。CMEは、競合他社が居ない機会を利用して、デジタル・アセットの先物市場のシェアをさらに拡大する構えだ。

出典:TradeBlock

明暗を分けた2取引所の特徴

2社の明暗を分けたのは、以下のような理由が挙げられる。

第一に挙げられるのは、ビットコイン(BTC)先物への「参入障壁」だ。

CME取引所は、ビットコイン先物提供開始する以前から、豊富な金融商品の提供で資産運用されている中で、仮想通貨ビットコイン(BTC)をエクイティとして投入した。すでにCMEで各種資産を取引している多数のトレーダーは、ビットコイン先物を利用するために面倒なステップを踏む必要は無かった。

それに対し、競合のCboeは、Cboeボラティリティ指数(VX)先物の取引が行われるCcoe先物取引所(CFE)にビットコイン先物を追加した。 ビットコイン先物取引をするため、1つのアカウントに付き、数百ドルの追加コストが発生する計算になる。

第二の理由は、「値決めの算出方法」である。

CMEが、複数のスポット市場の合計価格に落ち着く「価格設定方法」を導入・提供しているのに対し、Cboeは、仮想通貨取引所ジェミニ(Gemini)の登録だけに依存しているため、リスク面からも投資家のニーズを集めていたものと考えられる。またCMEでは、ポジション制限が大きいため、1つのアカウントでより多くの契約を結ぶことが可能となっている。

先物取引は、ボラティリティ(価格変動)の高い仮想通貨取引のヘッジ手段の一環として重宝するとの評価がある一方で、奇しくも、ビットコイン(BTC)価格は、2017年12月中旬までに2万ドル(220万円)の最高値を付けた後に暴落、中長期的な下落トレンドに移行した。

今年5月には、ビットコイン先物と市場との相関性について財務総合政策研究所が、独自の研究レポートを財務省広報誌「ファイナンス」で発表。

ビットコイン(BTC)先物の導入背景については、

「ビットコイン先物は、価格の透明性や業者のリスク管理を向上させること等を企図しており、株式や国債など幅広いアセットクラスで先物市場があることに鑑み、暗号資産市場の成熟のため先物の導入が求められた」と分析した上で、ビットコインの価格推移を見れば分かる通り、価格のトレンドが下がり始めた時期と、ビットコイン先物導入時期は時期を同じくしていると言及。

出典:財務総研

しかし、ビットコイン現物の価格に加え、ビットコイン先物の価格および取引高のデータを用い、先物の導入と現物価格の関係について、初めての実証研究を行った結果、最新の研究レポート(Hattori and Ishida 2019)では、先物の導入とビットコイン価格の下落の間の相関関係を否定する分析結果を結論付けた。

関連記事:

財務省広報誌「ビットコイン先物が2017年仮想通貨バブル崩壊をもたらしたのか」
財務省は23日、財務総合政策研究所による研究レポートを公開した。不正・規制に係る学術研究のほか、ビットコイン先物と市場との相関性についても分析を進めた貴重な内容となる。

Bakkt提供予定のビットコイン先物の影響

着目すべきは、機関投資家向けの仮想通貨プラットフォームBakktは、7月22日からビットコイン先物取引のユーザー受け入れテストを開始することを発表したことだ。

ビットコイン(BTC)の先物決済は法定通貨(米ドル)になるが、Bakktの場合は「現物先渡し」先物を提供する方針であり、米CFTC(商品先物取引委員会)の認可待ちとなっている。つまり、実質的に「現物取引のBTC取引が可能になる。」というメリットがある。

Bakktは昨年8月、親会社であるICE(インターコンチネンタル・エクスチェンジ)が、マイクロソフトやスターバックスから出資を受ける形で発表され、話題になっていたビットコインETFを凌ぎ「2018年最大級のニュース」と呼ばれた経緯がある。

ICEのプラットフォームで米国規制下初の現物先渡し取引先物取引取引が行われることで、機関投資家の参入への期待感のほか、市場への影響にも期待感が高まっている。なお、日間の現物先渡し先物取引を提供するため、実質的な現物取引のBTC取引が可能になることで、これまで制限されていた大口の取引にも幅がもたらされることとなる。

12日には、ビットコイン先物を提供するCMEの2019年5月分の出来高と建玉が、取引開始以来の過去最高水準の約1.3兆円に達したことが判明した。 先物取引の需要は、4月比で+27%の続伸を見せるなど、ビットコイン(BTC)の高騰に伴い急増している。

CoinPostの関連記事

Bakktビットコイン先物、7月22日にUATを開始|仮想通貨市場の上昇要因に
機関投資家向けの仮想通貨プラットフォームBakktは7月22日からビットコイン先物取引のユーザー受け入れテストを開始することを発表した。発表を受けBTC価格は重要ラインを突破、現在も続伸している。
仮想通貨ビットコイン先物が人気続伸|月間出来高は過去最高の1.3兆円に到達
米CMEが提供するビットコイン先物における5月分の出来高が、過去最高水準の約1.3兆円に達したことが判明した。BTC先物取引に対する需要が直近2ヶ月で急増している要因についても解説。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら