LINE、国内で仮想通貨取引所「BITMAX」を来月にも開始か|独自通貨ホワイトリスト入りの可能性も

LINE、国内で仮想通貨取引所「BITMAX」を来月にも開始か
LINEグループが、来月にも国内で仮想通貨取引サービスを開始する可能性が浮上した。ブルームバーグが報じた。独自トークンLINKが認められれば、数年ぶりの新規ホワイトリスト入りとなる。

LINE、国内で仮想通貨取引所「BITMAX」を来月にも開始か

世界最大級のコミュニケーションアプリLINEグループが、早ければ来月にも国内で仮想通貨交換業者として取引開始する可能性があることが分かった。ブルームバーグが、関係者の話として報じた

LINEのブロックチェーン関連事業を手掛けるグループ会社LVCが、金融庁の審査を経て早ければ月内にも認可される可能性が浮上しており、独自通貨「Link」を含む仮想通貨の売買サービスを提供する見込みだ。

同社は今年1月、金融庁の認可を受けた自主規制団体「日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)」の第二種会員に加盟。LVCは「LINEの仮想通貨事業、およびブロックチェーン関連事業を展開する企業。LINEのセキュリティのノウハウを引き継ぎ、ブロックチェーン技術の研究開発を推進し、ブロックチェーンや仮想通貨の発展に貢献する」としている。

国内に8000万ユーザーを抱えるLINEは昨年7月、グループ会社を通じてシンガポール拠点のBITBOX(ビットボックス)」を開設。15カ国の言語を対象とし、日本とアメリカを除く世界の投資家向けに提供されていた。

2018年1月28日には、金融事業拡大に向けて、仮想通貨取引所の運営も視野に入れた新規会社LINE Financialの立ち上げを発表、仮想通貨取引所の運営だけでなく、ローンや保険といった金融関連サービスにも事業拡大を目指していた。

LINEの独自トークン「LINK」

同取引所を介した取引や送金サービスの対応通貨にあがるLINEの独自トークン「LINK」がサービス開始と共に認められれば、日本では20銘柄目の新規通貨となり、数年ぶりの新規ホワイトリスト入り通貨が誕生する。

ホワイトリストとは、金融庁の交換業者ライセンスを有する取引所で取り扱われる仮想通貨のことで、2018年10月以降では、認定資金決済事業者協会JVCEAがその上場審査基準審査の一部を担っている。

国内では、その上場基準の厳しさから、すでに他の取引所で取り扱われていた通貨の上場事例(CoinCheckのモナコイン上場など)は見られていたが、新規の銘柄追加事例は2018年以降見られていない。今回、新規通貨としてLINKトークンが上場した場合、国内取引所における通貨の新陳代謝が再び活発になる一歩目となるかもしれない。

LINKトークンは、2018年に国外でLINEが運営を行う「BITBOX」で取引されている通貨で、LINE Token Economy構想で利用が見込まれている。これは、インターネットとSNSの普及によりコンテンツ生産者が増加する現代の中で、適切なユーザー還元の仕組みとしてLINEが構想する新プロジェクトとなる。

Facebookのリブラを含め、IT業界の金融参入が見られる中で、仮想通貨がどのようにプロジェクトに関わっていくか、業界の潮流に変化の兆しが見え始めている。

CoinPostの関連記事

LINE独自の巨大経済圏『LINEトークンエコノミー』を始動|5つのdAppsサービスを発表
月間アクティブユーザー数7,600万人以上とされるLINEが、独自の経済圏を始動する。未来予想やQ&A、商品やグルメレビューなど5つのdAppsサービスを開始。貢献レベルに応じたインセンティブとして、独自コイン「LINK Point」を獲得できる。
【速報】『LINKトークン』とLINEの独自仮想通貨エコシステムを「年内に」稼働開始予定と発表
>Coindesk社主催の仮想通貨カンファレンス、Consensus Singaporeで行われたプレゼンテーションでLine社は独自仮想通貨エコシステムを今年12月までに稼働開始する予定を明かした。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら