米金融大手「ノーザントラスト」がブロックチェーン事業を売却・譲渡

ノーザントラスト社がブロックチェーン事業を売却
米メガバンク「ノーザントラスト」が、非上場株の運用に活用するブロックチェーン開発の事業譲渡することが明らかになった。事業を引き継ぐ米国の金融企業ブロードリッジ社は、業界の透明性向上や業務コスト削減を目指す。

米金融大手ノーザントラスト社がブロックチェーン開発事業を売却

金融サービス大手ノーザントラスト社が、プライベートエクイティの運用に活用するブロックチェーンの開発の事業を、同じ米国の金融企業であるブロードリッジ社に譲渡することが明らかになった

明確な譲渡の理由は公式に説明されてはいないが、ノーザントラスト社は今回の譲渡はブロックチェーンソリューションの発展への大きな一歩と発表している。

今回の譲渡契約締結後は、ノーザントラスト社のブロックチェーンの開発の全てをブロードブリッジ社が継承する。このブロックチェーンを導入すれば、プライベートエクイティ(非上場企業の株式)の複雑な投資サイクルに関するデータや分析ツールを市場に参加する全投資家に提供できるという。

また投資家の管理や投資家とのコミュニーケーションをより円滑に行うことができ、資産の管理を強化し、業務の一部を自動化できるようになっている。

ブロードリッジ社の資産管理部門のトップであるEric Bernstein氏は、プライベートエクイティの市場は急速に拡大している一方で、その市場の拡大に技術の提供が追いついていないと話す。ブロードリッジ社がブロックチェーンを活用してデータを記録していけば、プライベートエクイティ業界を変革できると意欲を見せている。

なお、ブロードリッジ社は市場運営の効率化を高め、ビジネスとしての価値を顧客に提供できるようにすることを重要視すると発表。このブロックチェーンを活用して、金融サービス業界の透明性を高め、業務のプロセスを効率化し、コストの削減を狙うという。

昨年、ノーザントラストは仮想通貨ヘッジファンドへ資産の管理サービスの提供を行うことを発表した。直接のカストディサービスではないが、仮想通貨の関連事業に携わっている。

BTC相場関連記事

資産運用会社大手グレイスケール、イーサリアム投資信託の一般公開を開始
機関投資家などにも仮想通貨商品を提供する大手グレイスケール社がイーサリアム投資信託の一般公開を開始した。
ビットコイン(BTC)高騰、テレビ番組でもゴールド価格や日米株式市場との相関性指摘
急騰続くビットコイン。テレビ東京WBSでも世界の金融市場の変化を背景に、金価格同様の性質を有する逃避資産として特集が組まれたほか、米Bitcoin Trust BTCは年初来リターン330%に到達した。
英最大手インターブローカーディーラー、CMEのビットコイン先物提供を開始
イギリスに拠点を置く世界最大手のインターブローカーディーラー「TP ICAP」はCMEが提供するビットコイン先物の提供開始を発表。今後機関投資家の更なる参入と提供プレイヤーの増加が期待される。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら