CoinPostで今最も読まれています

ビットコイン(BTC)暴騰で反撃の狼煙、2つの上昇要因と今後の展望|仮想通貨市況

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨市場

●反転攻勢を見せるビットコイン(BTC)、上昇要因とこの後のシナリオを考察

●海外著名アナリストが10,850ドルに注目する理由

仮想通貨ビットコイン(BTC)市況

ビットコイン(BTC)は急反発。17日の大陰線を否定するかのような大陽線を付けた。現在は、ペナント上限ラインに頭を押さえ付けられている。

このまま戻り売り圧力に屈して下降チャネル内に回帰するか、逆三尊を形成し、ネックライン上抜けから上昇トレンドに転じるかは定かではないが、わずか1週間で(4000ドル)45万円幅の暴落が強烈なふるい落としとなった。

ファンダメンタル要因では、背景に2つの要因が考えられる。

1つめは、中国の仮想通貨事情だ。

中国メディア「新京報」の報道によれば、中国地裁が、ビットコイン(BTC)を初めて仮想財産として認定した。この法的解釈は、中国において初めての判断事例であり、ビットコインを含む仮想通貨投資・取引を全面的に禁止している中国で「ビットコインの保有を法的に認める」ことは、異例の結果とされている。

中国情勢に詳しい米仮想通貨ファンド関係者は、ビッグニュースとして取り上げた。

中国・深セン市では昨年10月、ビットコインに関わった仲裁案件では「ビットコインを含む仮想通貨は、財産として法律に守られる」との判決が下ったが、今回の裁判にて、初めて「バーチャルな性質」が認められた。

ビットコイン30分で9%反発|中国の裁判で初めてBTCが合法なバーチャル財産に
ビットコインが18日夜、短時間で大幅に上昇し前日比10%高を記録。中国の裁判所で初めてBTCをバーチャル財産とみなすことや、昨日米公聴会でのビットコインに関するポジティブな言及が材料視されたか。

また、イランの無人機が米国艦艇に撃墜されたことでの地政学リスクの高まりも一因に挙げられる。先日も、米国の無人偵察機がイラン軍に撃墜されており、偶発的な軍事衝突の懸念が再び高まった。

米中貿易摩擦や中東情勢の悪化は、6月にビットコイン(BTC)が高騰し、1万ドルを超えた時の上昇要因になったともされた。世界経済で景気後退リスクが高まり、各国の金利低下傾向が顕在化する中、国際金融市場の先行き不透明感が急速に高まったことが、オルタナティブ資産であるビットコイン(BTC)に資金が退避したと見る向きもある。

テレビ東京の経済番組「WBS」でも先日、ゴールド価格との相関性を考察したほか、英フィナンシャルタイムズでも、主要安全資産である日本円、スイスフラン、ゴールドのほかに、新たな選択肢となり得ると報じられた。

そのほか、悪材料視されていたリブラの公聴会を通過したことも、投資家心理を改善したものと見られる。29日から再開されるテザー裁判で、よほど悪材料が出ない限り、織り込み済みでアク抜けとなる可能性もある。

ビットコイン(BTC)が100万円台を維持した理由 米公聴会における温度感の変化と今後の注目点
2日連続で行われた公聴会。上院の追及内容に対し、下院では仮想通貨市場に影響が及ばなかった理由を解説。今後の注目ポイントも併せて掲載。

ビットコインテクニカル分析

下落の続いていたビットコイン(BTC)は、昨日に反発から大きく値を下げるも、安値を割り込むことなく再び反発。18日21時から急騰し、一時15万円幅上昇した。

現在は、1h200EMAとトレンドライン(緑)の上値抵抗線に抑えられ、売り圧力がチェックされている。

17日時点で9,000ドルの節目で反発した際、昨日の市況で記したセリクラを示唆する出来高急騰のほか、1hチャートではRSI、MACDのダイバージェンス(逆行現象)で買いシグナルが発生していた。

今回の急騰に相場の意思があるとすれば、10,000ドルのロールリバーサルで逆三尊を形成し、ネックラインをブレイクするというシナリオ(赤矢印)も考えられる。下降チャネルを上抜けたほか、4hMACDも再びゴールデンクロスした。

直近の過剰な下落スピードと上位足チャートが崩れたことで、戻り売りに徹する投資家や8,000ドル以下で待機していた投資家も相当数いるとみられ、その場合は再び置き去りにされることになる。

ただし、現在位置の抵抗線では上値が重く、売られやすい水準か。「一時的なショートカバーの範疇に過ぎない」との見方も根強い。ここから急落後、全戻しでシンプソンズに移行するようであれば、勢い付いたまま8000ドル(約90万円)以下を目指すなど、直近安値を掘っていくシナリオも全く否定できないだろう。

いずれにせよ、直近1ヶ月は仮想通貨市場でもなかなか類を見ないボラタイル相場が続いており、どちらに行くにしても慢心は禁物と言える。

アナリストが示す BTCの次期ターゲット

続報: 海外アナリストJosh Rager氏は18日、4時間足軸で10,192ドル(110万円)〜10,342ドル(111.5万円)の価格帯を日足のレジスタンスを指摘した。18日23:30ごろの大幅反発を受け、Rager氏はビットコインの上昇勢いが上値を10,850ドル(約117万円)にプッシュアップする必要があると分析した。

現在のチャートでは、19日における現時点の最高値は10,799ドルであり、Rager氏の言ったような「10,850ドル」までは突破できていない。

著名経済アナリストAlex Kruger氏も、それを意識し、10,800ドルのラインの上値が重い可能性を示唆した。その対比は、先日急落の前に見られた複数回の10,000ドルラインに対する試みだったとされる。

CoinPostの関連記事

ビットコイン(BTC)高騰、テレビ番組でもゴールド価格や日米株式市場との相関性指摘
急騰続くビットコイン。テレビ東京WBSでも世界の金融市場の変化を背景に、金価格同様の性質を有する逃避資産として特集が組まれたほか、米Bitcoin Trust BTCは年初来リターン330%に到達した。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【3/7更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。

免責事項

当ページは、仮想通貨の信憑性・正確性を保証するものではありません。

掲載されている内容やリンク先、サービス等、または投資情報からの不利益や損害については、当サイトでは一切の責任を負いかねます。投資する際は、ご自身の判断の元、自己責任でお願い致します。

『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/24 金曜日
17:59
コインチェック IEO「BRIL」が注目される3つの理由
暗号資産(仮想通貨)のコインチェックIEO第3弾として注目されるブリリアンクリプトトークン(BRIL)。投資家が期待する3つの理由について、過去の国内IEOとの比較や親会社コロプラの強み、需給面やロードマップなどから期待度を解説した。
17:49
深刻化する仮想通貨の盗難被害を専門家が分析、リスクと対策を解説|KEKKAI共同企画
仮想通貨投資家のGrypto氏がマルウェア被害でデジタルウォレットの資金を抜かれ大きな損失を被った事例が発生しました。さらなるハッキング被害を抑止するため、Web3セキュリティアプリ開発KEKKAIとCoinPostの共同企画で、ハッキングの手法や対策について解説します。
17:40
Omakase、野村ホールディングスから資金調達でWeb3インフラ強化へ
Kudasaiの関連会社Omakaseが、野村ホールディングスからの出資を受け、Web3インフラ・エンジニアリング需要に対応する体制を強化。Avalanche、Eigenlayerなどのノード運営で400億円相当の暗号資産(仮想通貨)の委託を受けており、将来的なステーキング事業の開発も目指す。
14:53
トヨタのサブスク「KINTO」がNFTを用いた安全運転証明の実証実験を開始へ
KINTOは2024年6月から、NFTを用いた安全運転証明の実証実験を開始。トヨタ自動車株式会社のコネクティッドサービス「T-Connect」と連携。安全運転ドライバーの評価証明をSBTとして付与、将来的にリーズナブルな各種モビリティサービス提供につなげる狙い。
13:00
仮想通貨コミュニティのトレンドから見る韓国市場=レポート
韓国のWeb3戦略コンサル企業「DeSpread」は、同国の仮想通貨市場の特性をまとめたレポートを発表。仮想通貨に対するコミュニティの強い関心に支えられ、世界市場で存在感を増していることが明らかになった。
12:16
イーサリアムETFが米国初承認、PMIインフレ懸念で仮想通貨相場は乱高下
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム現物ETFの歴史的なSEC初承認を巡り、期待先行で高騰していたETHが乱高下した。米PMI発表時のインフレ懸念で米株指数が急落したほか、MEV会社Symbolic Capital Partnersの大量売りが影響を及ぼしたと見る向きも。
11:15
米シンシア・ルミス上院議員「仮想通貨推進軍」結成を宣言
米国のシンシア・ルミス上院議員は、議会に「仮想通貨推進軍」を構築すると発言した。これはトランプ前大統領の声明にも呼応するものだ。
10:50
JPYCら3社、ステーブルコインの共同検討開始
国内ステーブルコインの利用拡大を目指し、JPYC・北國銀行・Digital Platformerが共同検討を開始。協業の背景や今後の計画が明らかになった。
09:50
米下院、CBDCによる監視国家に反対する法案を可決
米下院は、中央銀行デジタル通貨による国民監視に反対する法案を216対192で可決した。共和党と民主党で票が分かれている。
08:15
「STEPN GO」、STEPN運営FSLが続編を発表
フィットネスアプリSTEPNにソーシャル機能を追加した新たなソーシャルライフスタイルアプリSTEPN GOが発表された。アプリの特徴や今後の予定が明らかになっている。
07:45
グレースケール、StacksとNearの仮想通貨投資信託を提供開始
グレースケールは、投資信託から様々な銘柄を機関投資家に提供するで流動性を高めて今後ETF(上場投資信託)への転換の基礎を確立していく。
06:15
イーサリアム現物ETF、米SECが承認 ブラックロックなど8銘柄
米SECは24日、暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの上場申請を初めて承認した。
06:10
米SECがイーサリアム現物ETF発行企業と対話開始、S-1フォームめぐり
Galaxy Digitalのレポートによると、仮に承認されれば、7月か8月に取引所に上場され取引を開始する可能性が高い。
05:30
コインベース、仮想通貨XRPの取扱いをニューヨーク州で再開
2023年7月に裁判におけるRipple Labsの部分的勝利を受けニューヨーク州を除く他の州でXRP-USD・XRP-USDT ・XRP-EURの3通貨ペアで取り扱いを再開した経緯がある。今回は、これまで対応できなかったニューヨーク州での再開を実現した格好だ。
05/23 木曜日
14:45
ブリリアンクリプト、Coincheckで「つるはしNFT」のINOを29日から開催
BrilliantcryptoがCoincheck INOでつるはしNFTの販売を開始へ。IEO参加者には優先購入権が付与されるなど、販売詳細が明らかに。暗号資産(仮想通貨)交換業者を通じて、新たなブロックチェーン資産にアクセスする機会。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア