仮想通貨で世界50ヶ国をめぐる:全財産をビットコインに換えたオランダの家族

仮想通貨で世界旅行:全財産をビットコインに換えたオランダの家族
全財産をビットコインに換えたオランダのディディ氏が家族6人と共に車でめぐる世界旅行を始めた。各国でのホテルやレストラン支払いは仮想通貨決済が中心になるという。日本国内の仮想通貨決済事情は?

仮想通貨で世界旅行:全財産をビットコインに換えたオランダの家族

ロイターの報道によれば、オランダの起業家ディディ・タイフットゥ氏は、妻と娘3人と共に、ビットコインマークのついたミニバンで世界各地を巡っている。

投資会社がスポンサーとなり、アジアを含む50ヶ国を訪問する計画だ。旅行中に得た収益は、慈善活動の寄付やインパクト投資に充てるとしている。

トルコの大都市イスタンブールを皮切りに、「アドリア海の秘宝」と呼ばれる小さな国であるモンテネグロなどに観光旅行に行き、欧州ツアーを終えるという。今年10月に予定されるイーサリアム(ETH)の大型アップデートに「イスタンブール」というコードネームが付けられていることも無縁ではないかも知れない。

ディディ氏は2年前、仮想通貨取引で生計を立てるため、家や車、会社など全財産を売却してビットコイン(BTC)を入手した。 世界旅行では、ビットコイン(BTC)が使用できるホテルやレストランで暮らしている。

決済事情

国内では、リップル(XRP)ネム(XEM)などで決済できる埼玉のうなぎ屋「川昌」のほか、ADA決済可能な焼肉たむらなどはあるものの、飲食店で使用できる実例はまだまだ少ない。

2017年7月に全店でビットコイン決済を導入(注文完了時のbitFlyer社の買い取りレートを参照)した、国内最大手の家電量販店「ビッグカメラ」の広報担当者は2018年3月、ビットコイン(BTC)決済の客単価は、現金やクレジットカードなどの決済手段で購入する顧客を含めた全決済平均の2~3倍に上ると明かした。

現状は、利用時点で利確とみなされ税金が掛かるなど、現行の仮想通貨税制問題に加え、決済時間の間に価格変動が起きるリスク、トランザクション詰まりによる決済時間の長期化など、さまざまな障壁が存在する。

金融庁に認可を受けたばかりの仮想通貨交換業者ディーカレットが、JR東日本の「Suica」を含む複数の電子マネーで、今年6月から仮想通貨でチャージ出来るサービスを検討するなどしているが、東京五輪2020の外国人観光客のインバウンド需要を踏まえた施策の一環としても、仮想通貨少額決済は非課税にするなどの法改正がない限り、普及の足枷になることが懸念されている。

価格変動の面については、法定通貨とペッグされるステーブルコインの決済利用も想定されており、世界有数のゲレンデとして知られる北海道のニセコスキー場は、ブロックチェーンを用いた、SBIホールディングスが提供する「Sコインプラットフォーム」を利用するキャッシュレス決済アプリの実証実験を昨冬に開始した。

CoinPostの関連記事

金融庁認定業界団体、仮想通貨の申告分離課税・少額非課税などを求める要望書を提出
国内仮想通貨取引所が苦境に立たされ、新興産業で海外に後れを取る懸念が強まる中、JVCEAは19日、今国会で成立した金商法改正法をもとに、金融庁に対して「税制改正要望書」を提出した。
ビックカメラ広報:ビットコイン決済客単価は全決済平均の「2~3倍」
ビックカメラ広報担当者は、他の決済方法を利用する顧客と比べて、客単価が全決済平均の2~3倍である、と発言しました。仮想通貨決済導入の障壁は様々なものが存在していますが、実店舗では数百店舗、通信販売ではDMM.com等も導入しています。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら