送金大国フィリピンの銀行が独自仮想通貨を発行|ブロックチェーンを活用した銀行取引は同国初

国際送金が活発なフィリピン
フィリピンの銀行UnionBankが、独自のステーブルコイン(PHX)を発行した。ブロックチェーンを活用した取引を実施する銀行は同国初。出稼ぎ労働者が多いフィリピンで、送金の効率化や透明性向上を狙う。

銀行独自のステーブルコイン

フィリピンの銀行UnionBankが、独自のステーブルコイン(PHX)を発行したことが、地元メディアの報道で明らかになった。

ブロックチェーンを活用した取引を行うのは、フィリピンの銀行では初めてだという。PHXは同国の法定通貨ペソにペッグされ、UnionBankの予備金で価値の裏付けがされる。同行は、金融のデジタル化を支持するフィリピン中央銀行からサポートを受け、同国政府とも連携をとっている。

UnionBankのトップArvie de Vera氏は、「PHXは価値の保存や取引に利用できる。また、トークンとしても活用して欲しい」と説明。支払いの透明性を高めることができ、支払いの自動執行も可能だと特長を語った。

すでに地元3社の銀行で取引の成功は確認済みだ。PHXの購入や送金、買い戻しや銀行間での国内送金が実験済みである。

PHXのプラットフォームには管理機能がもともと備わっているため、安心して利用ができる。過去のシステムとの互換性にも優れ、監査やコンプライアンスの機能が簡素化されていることも特長だ。

現時点では、同行の口座にある預金からお金を引き落とすことで、PHXを購入することができる。ペソとの交換も容易にできるようになっているという。

今後PHXは、互換性の高さを活かし、様々なプラットフォームやウォレットをまたいで、フィリピンだけでなく国際的に普及させることを目標にしている。UnionBankはシンガポールの銀行と協力し、シンガポールからフィリピンへの送金に最近成功した。

フィリピンは、海外へ就労に出ている人口が約1000万人に上り、世界的に見ても国際送金が最も活発な国だ。今年の4月には米送金大手ウェスタンユニオンと、500万人以上の顧客を持つ仮想通貨取引所を提供するフィリピンのブロックチェーン企業が提携している

参考資料:philstar.com

CoinPostの関連記事

フェイスブック社、仮想通貨リブラのローンチで延期・中止する可能性を示唆=CNBC
米フェイスブック社は仮想通貨リブラのローンチ自体を延期・中止する可能性を示唆していることが判明。規制順守やフェイスブックの信用問題などへの対応で、苦戦を強いられている。
仮想通貨取引所「バイナンスDEX」ステーブルコインの非BNBペアが初上場
バイナンスの分散型取引所「Binance DEX」に、ステーブルコインでのBNB以外の仮想通貨取引ペアが初めて上場した。BTCのバイナンスチェーン版と米ドルペッグ通貨との2つのペアで、今後の通貨ペア追加が期待される。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら