大阪あべのハルカス、仕事体験イベントで子どもたちに500円相当の「仮想マネー」

あべのハルカス仕事体験イベントでこどもたちに「仮想マネー」
大阪の超高層ビル「あべのハルカス」で、8月1日から6日まで、子どもたちによる仕事体験イベント「あべの★こども博覧会」が開催され、仕事を体験した子どもたちに会場限定仮想マネー「5アベノ」の給料がもらえるという。

あべのハルカスお仕事体験イベントでこどもたちに「仮想マネー」

大阪市の阿倍野・天王寺地区で、8月1日から6日まで、子どもたちによるお仕事体験イベント「あべの★こども博覧会」が 開催 されている。日本で一番の高さを誇るあべのハルカスは、百貨店の「あべのハルカス近鉄本店」やホテル、美術館などが入る複合ビルなので、体験できる仕事もさまざまだ。

あべのハルカス

今年で6回目となるこのイベントだが、仕事を体験した子どもたちは「あべの★子供博覧会」のワークショップで使える会場限定仮想マネー「5アベノ」の給料がもらえる。

この「仮想マネー」は紙製で、子どもたちは自分で働いて稼いだ「5アベノ(500円相当)」を、催し物会場で使うことで小さな社会を作ることになる。

受け取った子供たちは大喜びで、親たちからも面白い取り組みだと好評だという。

近鉄グループホールディングスでは、2019年度中の本格運用を目指し、近鉄ハルカスコインの実証実験を行なっている。今回の体験イベントでの「仮想マネー」は、ハルカスコインとは関係はないが、いずれ、本物の仮想通貨が子どもたちに支払われる日がくるかもしれない。

CoinPostの関連記事

仮想通貨のブロックチェーン技術を使用した「電子地域通貨」が普及し始める、岐阜県飛騨市では5.4億円が決済利用
木更津市・飛騨市で地域通貨「アクアコイン」が重宝されている。BTCのような価格変動はなく、1アクアコイン1円の価値で利用できるステーブルコインとなる。
JR東日本の電子マネー「Suica(スイカ)」に仮想通貨チャージを検討|キャッシュレス社会で普及するか
金融庁に認可を受けたばかりの仮想通貨交換業者ディーカレットが、JR東日本の「Suica」を含む複数の電子マネーで、今年6月から順次、仮想通貨でチャージ出来るサービスを検討していることが分かった。チャージ出来るのはビットコインではなく、独自ステーブルコインの可能性がある。7500万枚発行されるSuicaは、大手コンビニなど58万店で利用可能。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら