Tether [テザー] USDT

USDT/JPY チャート

24H7D30D180DMAX

USDT 基礎情報

Tether(テザー)は、米ドルを価値の裏付けとするステーブルコインとして最も普及している仮想通貨のひとつです。取引所、ウォレット、決済処理業者、金融サービス、ATMなど企業が、法定通貨に価値が紐付いている(=価値の安定した)トークンを簡単に使用できるようにします。ブロックチェーン技術を活用することで、Tetherは米ドルに価値の等しいトークンを国境を越えて瞬時に、かつ安全に保管・送受信することを可能にします。

USDT関連ニュース

08/04 (火)
米司法省、押収した仮想通貨を詐欺被害者に返還へ 650万ドル相当
米国の司法省が、ポンジスキームと疑われる「バナナファンド」の運営者が所有する650万ドル相当(約6.9億円)の仮想通貨を差し押さえた。具体的な銘柄はビットコインとテザーで、被害者へ返還を行う。
08/03 (月)
今後数年の仮想通貨・ビットコイン業界展望予想:投資ファンドがレポート
米ベンチャーキャピタルJump Capitalが、今後数年の仮想通貨・ビットコイン業界予測を発表。米ドルステーブルコインの台頭、仮想通貨採用の加速、近い将来成長見込みがある仮想通貨関連ビジネスなどを論じた。
07/31 (金)
仮想通貨史上最大の詐欺「PlusToken」、主謀者全27名を逮捕
中国の公安部が、仮想通貨ビットコインのポンジスキーム「PlusToken」で、主謀者全27名と重要メンバー82人を逮捕した。PlusTokenは、被害額が推定で約3140億円に上る仮想通貨史上最大規模のポンジスキームだ。
07/10 (金)
NY司法当局の捜査権認める 仮想通貨USDT巡るテザー裁判で
8.5億ドルに及ぶテザー準備金の不正利用疑惑で裁判沙汰となったBitfinexおよび親会社iFinexがニューヨークの控訴裁判所から新たな判断を受けた。仮想通貨USDTの発行に暗雲か。
07/10 (金)
仮想通貨USDTでも──法的機関の要請でブラックリストのアドレスを資金凍結
米ドルステーブルコイン「USDT」などを発行するテザー社が現在までに、USDTを保有する39のイーサリアム上のアドレスをブラックリストに追加していることが分かった。法的機関の要請で資産を凍結している。
07/06 (月)
2020年前半のステーブルコイン市場とUSDT(テザー)躍進を振り返る|寄稿:CoinGecko
仮想通貨市場の重要データを分析・提供するCoinGecko寄稿、2020年前期のステーブルコイン市場をデータで振り返ると同時に、急成長を見せるテザー(USDT)の成長要因と今後に関して考察する。
06/30 (火)
300億円相当の仮想通貨USDT、チェーンスワップを実行
大口送金を探知するWhale Alertが29日午後8時半ごろ、バイナンス取引所の関連アドレスから299,999,900テザー(USDT)がテザーのトレジュリー(自社金庫)に送金されたことを投稿した。
06/23 (火)
イーサリアム再び急騰、背景に「DeFi市場」の指数関数的な成長
仮想通貨の分散型金融(DeFi)人気急上昇を受け関連トークンが高騰している。23日にかけイーサリアムとビットコインも大幅上昇。「Compound」上のUSDT賃借需要拡大の影響でテザー供給量が増加している可能性が指摘される。
06/23 (火)
次世代の仮想通貨ランキング、どの銘柄がランクイン? 業界関係者らが見解
仮想通貨リサーチ企業Blockfyreの共同創設者が、時価総額ランキングでトップ10に入っている仮想通貨の内、5銘柄はその地位に値しないとの見解を示した。その根拠を語っている。
06/21 (日)
中国でビットコイン口座凍結騒動、カザフスタンが仮想通貨産業に投資誘致、リップル社主導でOpen Payments連合|1週間仮想通貨注目ニュース
今週の注目ニュースは 今週(6/15~20)のニュースをまとめて追っていく。0.1BTCを超えるビットコイン保有者が過去最高値を更新する中、日本では麻生大臣の国会質疑を受け、仮…
06/20 (土)
Compoundでテザー(USDT)の供給量が200倍以上、仮想通貨COMPの受け取り競争が背景か
DeFiプラットフォームCompound上でテザー(USDT)の供給量が急増。その理由は独自トークンCOMPと関係している。
06/18 (木)
イーサリアムのインフレ懸念にヴィタリックが反論「供給量は当初の見積もりより少ない」
イーサリアム創設者が、ETHの供給量は当初の見積もりより少ないと明かした。資産運用会社がETHに対して示したインフレ懸念へ反論した格好になった。
06/17 (水)
分散型金融CompoundのガバナンストークンCOMP、大手BitGoでカストディ対応
大手分散型金融のCompoundが発行するガバナンストークンCOMPは初の配布・上場で暴騰。その仕組みを解説する。
06/15 (月)
「合法アカウントは凍結しない」中国大手銀行やAlipay回答:中国ビットコインOTC口座凍結騒動で
中国で仮想通貨トレーダーの口座凍結事例が発生していた件について、大手銀行やAlipayが合法的な口座は凍結しないと回答した。中国では仮想通貨取引所が閉鎖された後、OTC取引が広がっている。
06/14 (日)
相場大荒れでVIX指数再び急伸、金の強さ目立つ展開に|今週の仮想通貨市場ニュース
今週の市場の動きや相場ニュースをまとめて追う。週の前半にかけ、アメリカの株式市場は好調な動き。しかし、12日になりダウ平均は史上4番目の下げ幅を記録、ビットコインもつられて下落する荒れ相場となった。一方、週を通してビットコインに関する新たな金融商品の登場や、仮想通貨の取引所への上場報道など明るいニュースも。
06/12 (金)
仮想通貨・ビットコインの「謎」 USDT発行増加の背景に迫る=Sino Capital
仮想通貨USDT(テザー)の発行は、中国のOTCブローカーが主導しているとするレポートが、香港の投資銀行会社Sino Capitalより発表された。ビットコインの価格操作と指摘されるテザーの謎に迫る。
06/07 (日)
国会で仮想通貨質疑、イスラム大手銀と提携のマネーグラムに買収報道、金融庁ビットコインの投資助言行為で警告|1週間仮想通貨注目ニュース
今週(6/1~6/6)のニュースを追っていく。維新の会の音喜多議員は2日、暗号資産の規制について質疑を行なった。ステーブルコインのテザーは新たにOMG Network利用を発表、金融庁が新たにビットコインの投資助言行為で警告を行った。
06/05 (金)
テザーの時価総額がイーサリアムを抜くのは時間の問題=Bloomberg Crypto Outlook
ブルームバーグは、仮想通貨の最新レポート「Bloomberg Crypto Outlook 」にて、ステーブルコインのテザー(USDT)と仮想通貨市場の関係に言及。ビットコインに次ぐ時価総額に成長する可能性高いとして、その根拠を説明した。
06/02 (火)
テザーが「OMG Network」を活用 取引時間短縮と手数料削減へ
仮想通貨テザー(USDT)が、「OMG Network(以前の『OmiseGO』)」を利用することが分かった。イーサリアムのネットワークにおける取引の処理時間短縮と手数料削減を目指す。
05/31 (日)
コロナ後の経済再開期待で金融市場は上昇基調、日経が上昇率トップ・ビットコインも前週比プラスに|各市場の動きと仮想通貨相場ニュース
今週(5/25~30)の各経済指数、仮想通貨等の動きを見ていく。コロナ終息との期待感からか、市場は全面的に上昇傾向に。ビットコインも週後半にかけ持ち直し、100万円を再び突破した。最新のマイニング機器であるビットメイン社のS19出荷が開始され、ハッシュレートにも注目が集まる。