Facebook、リブラ推進業務で米上院銀行委員会の前議長補佐を雇用

リブラ関連業務で上院銀行委員会の前議長補佐を雇用
Facebookは、上院銀行委員会の前議長補佐であるSusan Zook氏を採用し、仮想通貨リブラ推進業務に配属したことが明らかになった。

FB、上院銀行委員会の前議長補佐を雇用

Facebookは、上院銀行委員会の前議長補佐を採用し、仮想通貨リブラ推進業務に配属していたことが明らかになった。米政府で厳しい指摘が行われるリブラのロビー活動を行う。

Facebookはリブラ・イニシアチブ推進へ向けて、上院銀行委員会の前議長補佐であるSusan Zook氏を採用していた。Zook氏は、以前Mike Crapo上院議員 (R-Idaho) の元で勤務しており、今回Facebookから招聘を受け、リブラの政策・立案に関わっているとされる。今後政界でも、同氏の活動がリブラの動向に影響を与える可能性がある。

Zook氏はメディアPoliticoに対し、上院共和党を中心に行うと伝えた。

Zook氏の採用は、上院銀行委員会がFacebookの仮想通貨リブラについて、プライバシー問題・データ保護問題・AML対策等を巡り、懐疑的な見解を示してからわずか一週間後の出来事であり、Facebookの採用タイミングは完璧と言えそうだ。

Facebookは今年に入り、 $7.5 millionドル(約8億円相当)もの予算を政治活動に割いている。今回のZook氏のように政界経験者を採用するだけでなく、リブラ関連の様々な議論を巡り、サードパーティーの政治関連団体も巻き込み、政治活動に注力していると見られる。

今年6月には、Facebookはスタンダードチャータード銀行の政策立案者であった、Edward Bowles氏を採用している。同氏は、同銀行の公共政策・規制関連業務に携わっていた。

仮想通貨リブラを巡っては、米国内の政治的圧力のみならず、英、豪、加およびEUの規制当局からもプライバシー保護の懸念を示す共同声明が発表されるなど、圧力が高まっている。今後Facebookのリブラ・イニシアチブ推進により、政府・規制当局・世論に対し、いかに影響力を高められるかに注目していきたい。

CoinPostの注目記事

欧米などの規制当局がリブラに懸念表明 協会参画の予定企業に情報開示を要求する共同声明
米やEUなどのデータ保護・プライバシーの規制当局はフェイスブックのリブラに対して、プライバシー懸念を示す共同声明を開示した。公開情報が十分でないとして、情報開示を要求した。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【12/05更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら