「マネーグラムとの提携はリブラよりも仮想通貨市場にとって重要」リップル社CEO

「マネーグラムとの提携は仮想通貨リブラよりも重要」
リップル社CEOは、大手送金企業マネーグラムとの戦略提携の重要性が今後フェイスブック社主導の仮想通貨リブラを超えると語った。xRapidの利用規模に関しても見込みを明かした。

リップル社CEO、マネーグラムの提携がリブラを超える

リップル社CEOは、「マネーグラムとの提携は仮想通貨リブラよりも重要」と語った。CEOのGarlinghouse氏はYahooファイナンスUKの取材にて、大手送金企業マネーグラムとの戦略提携の重要性がフェイスブック社主導の仮想通貨リブラを超えると話した。

マネーグラムの案件こそ、プロダクションにおけるデジタルアセットの大規模な実利用にあたる。

これは重要な案件だ。賭けることができるのなら、一年後にはリブラのホワイトペーパーよりも仮想通貨市場に重大な影響を与えている。

リップル社は6月に、マネーグラムに最大5000万ドルの出資を約束した。マネーグラムは今後2年間、国際送金でXRP利用のxRapidを正式に導入することを決定した。

関連MoneyGram、仮想通貨XRPを使う「xRapid」の利用を開始

「xRapid」の利用状況について、Garlinghouse氏はQ1〜Q2の間、xRapidによる送金高(ボリューム)が170%も増加していたと明かした。この利用上昇がマネーグラムがxRapidを正式に利用する前の数字であり、2020年の年末までにはxRapidは10億ドル超の送金高になるだろうと、同氏は見込んでいる。

グローバルにおいて、200社以上の金融企業とパートナーシップを締結したリップル社について、Garlinghouse氏は「2019年には、およそ100の契約を結ぶと見込んでいる。中の20社ほどがxRapidとXRPを利用する案件になる可能性はある。」と説明した。

2年ほど前、銀行らは我々の技術に対して好意を示したが、仮想通貨の利用には触れていなかった。

しかし今は、その好意を示した銀行が我々にアポローチして、xRapidの利用について話したいと言っている。なぜなら、xRapidがより安価・高速、流動性管理の課題を解決できるため、彼らはその利用価値を認識できた。

と、Garlinghouse氏はxRapidの需要増加について語った。

さらに昨日コインポストの既報では、Garlinghouse氏は同じ取材にて「マネーグラム」の案件に続き、複数の企業出資・買収案件を目論んでいると言及した。

CEOは可能性のある「複数」の出資・買収について現在前向きに討論を行なっているとは言及したものの、具体的にどのような出資なのか、「提携事業を予測するのは非常に難しい」と言及。明確な企業名の言及は避けた。

関連リップル社、複数の企業に出資計画か

参考資料:UK Yahoo!finance

CoinPostの注目記事

米国版バイナンスで30銘柄の仮想通貨上場を検討 BTC・ETH・XRP・BNBほか
バイナンスの米国版「バイナンス US」は、ビットコインやXRP、BNBやETHなど、計30銘柄の仮想通貨の上場を検討中とのことを伝えた。本家バイナンスの「9月12日」利用制限に向けて米国事業の進展が加速。
仮想通貨「最重要ファンダ」予定表:ビットコイン、リップル(XRP)、イーサリアム、ネム等【10/15更新】
仮想通貨市場価格に影響を与え得る様々な最新情報を随時更新。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら