FATF、国家間で仮想通貨の取引情報を共有するシステムへの関与を否定

FATFはプライバシーやデータ保護を重視
金融活動作業部会(FATF)は、約15カ国の政府が合同で構築する仮想通貨取引の監視システムには関与していないことが判明。プライバシーの重要性を理解していると説明し、本システムでユーザーの情報を共有することを否定した。

FATFが関与を否定

金融活動作業部会(FATF)は、G7を含む約15カ国の政府が合同で構築する仮想通貨取引監視システムには関与していないことが分かった。

8月9日の報道では、FATFが上記のシステム構築のプロジェクトを主導すると伝えられていた。

本プロジェクトは、ユーザーの個人情報と共に、仮想通貨の取引データを収集して共有し、マネーロンダリングやテロ資金供与といった違法な資金移動を防ぐことを目的としている。2020年までに詳細を詰め、その後の数年間システムの運用を継続する予定だ。

FATFは、この報道内容が事実でないことを、仮想通貨メディアCoinDeskに伝えた。「6月に発表したガイダンスでは、仮想通貨取引所にユーザーの個人情報を確認することを求め、そのために収集した情報を、非公開の状態で安全に保管するように伝えた」と前置きし、以下のように説明している。

 

仮想通貨取引所は、マネーロンダリングやテロ資金供与の調査で必要な場合に備えて、法的機関にユーザーの情報を提供できるようにしておく必要がある。これは既に銀行や他の金融機関が実行している。

このような要求を含めたガイダンスを定めたのはFATFだが、FATF自身がユーザーのデータを収集することはない。我々はプライバシーやデータ保護の重要性を理解している。

参考資料 : Coindesk

CoinPostの関連記事

金融庁がキャッシュレス事業者へ集中検査を予定|相次ぐトラブルやFATF対日審査を意識か
金融庁がキャッシュレス事業者数十社に対してセキュリティやマネロン対策を重点的に検査予定であることが判明。以前よりも多角的な検査から、相次いだトラブルやFATF対日審査を意識していることが伺える。
FATF、対日審査スケジュールが10月28日~11月15日正式決定|仮想通貨市場にも大きな影響
金融活動作業部会(FATF)の日本審査の日程が、10月28日~11月15日の3週間にわたり行われることが正式に決定した。マネロン規制対象には仮想通貨交換業者も含まれ、日本の審査結果は20年夏に公表される。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら