CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨のリスク許容度が影響か、英大手バークレイズ銀行が米取引所コインベースとの契約を終了

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

英大手銀行バークレイズ、米大手取引所コインベースとの契約終了
英大手バークレイズ銀行は、米大手仮想通貨取引所コインベースとの提携解消したことが明らかになった。仮想通貨取引所での英ポンドの入出金等でユーザーに影響が出る見込み。

英バークレイズ銀行、コインベースとの契約終了

英バークレイズ銀行と米コインベースの契約が終了した。米仮想通貨大手メディアのコインデスクが日本時間の今朝報じた

バークレイズ銀行は、英国ロンドンに拠点を置くグローバルバンクだ。同行は、米国サンフランシスコに拠点を置く仮想通貨取引所コインベース社との契約関係を終了したことが、関係者の話から明らかになった。

当初の提携の狙いとしては、同行が中心となって設立したファスター・ペイメント・スキーム(FPS)にコインベース社を取り込むことで、英国在住ユーザーが取引所上でイギリスポンドの入出金ができるようにすることであった。

したがって、同契約が終了することによる同取引所のユーザーへの実質的な影響は大きい。仮想通貨の売買にあたってのイギリスポンドの入・出金が事実上ストップすることになる。現在そのプロセスは数日かかると、コインベースUKのCEOは発表している

これに対してコインベース社は、英国における振興企業クリアバンク社を代替として起用することを決めたが、何れにしてもユーザはしばらくの間、不便を強いられることになる。このクリアバンク社は英国におけるチャレンジャーバンクの一つである。同社がコインベースのFSPへの接続をQ3末までに完了する予定だ。

この件について、バークレイズ、クリアバンク、コインベースの三者は、共にコメントを控えている。

コインベース、大手銀行のご機嫌を損ねたか

英国におけるとある仮想通貨関連企業のCEOは次のように語る。

私は、バークレイズのリスク選好が若干弱くなったと理解している。その理由や、何がそうさせているのかはわからないが、彼らが好ましいと思わない何かがあった可能性がある。しかしそれは、概してバークレイズの仮想通貨に対するリスク許容度だ。

また、別の情報源からは、コインベースとバークレイズの提携は、単なるパイロットプログラム(実証実験プログラム)だったのではないかという見解もある。更にこの情報源は、この提携がバークレイズにとってはコインベースに対するコイン/トークン上場の抑止力となり、銀行が新しい資産を開発するまでの時間稼ぎになっていたと付け加えている。

いずれにせよ、両者からのコメントがない状態では、正確な理由はわからない。

銀行との提携、取引所のボトルネックに

更に、新たに提携したクリアバンクに関して、コインベースが自由な裁量権を得られている訳ではないことにも言及すべきだろう。

今週初めに、コインベースはZcash(ZCH)の上場を取りやめた。Zcashは、ビットコインが完全に取引情報を公開する形で、その取引の透明性を確保しているのに対し、ゼロ知識証明という新しい技術の開発により、耐改ざん性を維持したまま、取引情報を秘匿化して送金することが可能な仮想通貨である。

この決定に詳しい人物によると、クリアバンクは規制当局の業務を困難にする機能を備えた通貨を間接的にサポートすることを快く思っていなかったという。一刻も早くFPSとの接続を完了したいコインベースとしては、ここで波風を立てたくない。

一連の流れの中で、銀行の持つ影響力の強さが顕著に表れている。仮想通貨の購入には法定通貨の利用が主流であり、そのボトルネックの部分のAPIを銀行側が握っているというのは、取引所としても銀行には頭が上がらない。国際的影響力のある銀行の提携解消ニュースがどの程度他行に波及するのかは今後の注目ポイントだ。一方で、現地の取引所ユーザーとしては、一刻も早いサービス回復が求められる。

CoinPostの関連記事

米仮想通貨取引所コインベース、Tezos(テゾス)上場|20%以上の価格急騰も
米コインベースは、仮想通貨Tezosテゾス(XTZ)を8月5日に上場すると発表。ステーキングサービスで報酬を得る仕組みで機関投資家にも人気と見られる。
米Seed CX子会社、世界初となる現物決済ビットコイン・スワップの試験導入実施
米シカゴに拠点を置く仮想通貨取引所Seed CXの子会社は、仮想通貨における現物決済のビットコイン証拠金スワップのユーザー受け入れテストを開始した。機関投資家をターゲットにするという。
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/25 日曜日
11:00
週刊仮想通貨ニュース|WLD急騰や日本株の「七人の侍」に高い関心
今週は仮想通貨ワールドコインの急騰、ゴールドマン・サックスによる日本株の「七人の侍」の選定、コインベースからのビットコインの大口出金に関する記事が最も関心を集めた。
02/24 土曜日
17:10
米国債担保型トークンがアプトスで流通 オンボーディングも視野 
米国債のトークン化を進めるOndo FinanceとAptos Foundationが戦略的提携を発表。USDYトークンのAptos統合、DeFiプロトコルが採用を進めておりエコシステムがさらに拡大。暗号資産(仮想通貨)のロックアップ総額も上昇傾向にある。
14:00
SuiブロックチェーンがStardustと提携、Web3ゲーム開発促進へ
Web3ゲーム用ウォレットを手掛けるStardustが、Suiブロックチェーンの統合を発表。この提携により、Web3ゲームのエコシステムが強化され、新たなゲーム体験が提供される。暗号資産(仮想通貨)スイは時価総額トップ50にランクインした。
13:00
米トランプ前大統領、ビットコインに前向きな姿勢に変化か
米ドナルド・トランプ前大統領は「仮想通貨ビットコインとは共存できる」と発言。懐疑的だった以前よりもビットコインに前向きな姿勢を示した。
12:00
グレースケール、プライバシーテーマのインデックスETFを申請
グレースケール「匿名銘柄のインデックスETF」はデータ・プライバシー技術を開発する企業およびZcashに投資する。ビットコインETF以外の製品を増やす狙いだ。
11:00
米登録の投資アドバイザーCarson Group、iSharesなどのビットコインETFを顧客に提供
ブラックロックのIBITでの仮想通貨ビットコイン保有数は126,950 BTCで、45.3万 BTCを保有するGBTCにつぐポジションを維持。一方、グレースケールのGBTCを除けば現在時価総額が最も高いのはブラックロックのIBITで、66億ドルに相当する。
10:00
Matrixport、3月までにビットコイン6.3万ドルも視野
Matrixportは2024年3月までにビットコインが6万3,000ドルに達する可能性があると強気予測。現物ETF承認や利下げなど複数要因を背景に挙げた。
09:00
加速する仮想通貨リステーキング、a16zがEigenに150億円投資
仮想通貨ETHやSOLのリステーキング「ストーリー」は今年の代表的なテーマの1つであり、投資家の注目と資金を集めている。
07:45
アバランチ、約2時間ブロック確定停止
仮想通貨アバランチのブロックチェーンで、ブロックの確定に問題が発生。ノードのソフトウェアのアップグレードを実施し、約6時間後に解決したことが報告された。
07:15
Flare Network、初期投資家のトークンアンロックを延長 FLR価格20%以上上昇
今回新たに出資したFlareの既存投資家はFLRトークンのロックアップ期間を2026の1Qまで延長し、30日の日平均出来高の0.5%を超えないトークンの売却に同意した。
06:30
UniswapのUNIに利益分配を提案、トークン価格が50%急騰
今まで仮想通貨UNIトークンの保有者には、Uniswapの手数料が分配されない仕組みとなっているが、これが変わる可能性が出てきた。
05:45
bitFlyer、仮想通貨3銘柄新規上場へ
国内暗号資産取引所bitFlyerは3銘柄の新規取り扱いを開始する予定だ。今週2度目の銘柄リスティング発表となる。
02/23 金曜日
16:00
Valkyrie「イーサリアム現物ETFの承認には1〜2年はかかる」
米仮想通貨投資企業Valkyrieの最高投資責任者は、イーサリアム現物ETFは今後1、2年以内に承認される可能性があると意見した。
16:00
Web3とは|次世代を担う非中央集権的インターネット環境のメリットを解説
世界中で技術革新の進むインターネット環境は、今まさに新たな時代へと移り変わろうとしています。Web3(ウェブスリー)という言葉の意味やメリットについて詳しく解説します。
13:05
JPモルガンアナリスト「仮想通貨相場の力強い上昇は、個人投資家の関心の高まりが寄与」
JPモルガンはリテール投資家が、ビットコインなど2月の仮想通貨市場の上昇に寄与した可能性が高いと述べた。背景として3つの要因を挙げている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/02/29 12:00 ~ 19:00
その他 オンライン
2024/03/01 19:00 ~ 21:30
東京 東京都千代田区
重要指標
一覧
新着指標
一覧