14ヶ国で事業展開するラテンアメリカ金融企業、国際送金にビットコイン活用

ビットコインで国際送金
ウルグアイの金融サービス企業Bantotal社が、仮想通貨取引所Bitexとパートナーシップを結び、ビットコインを国際送金に活用することが分かった。送金の効率化だけでなく、関係国のGDP増加も狙っている。

ビットコインを国際送金に活用

ウルグアイの金融サービス企業Bantotal社は、ビットコインのブロックチェーンを導入して国際送金を円滑に実行するために、ラテンアメリカを拠点にする仮想通貨取引所Bitexとパートナーシップを結んだ。

Bantotal社は、14カ国で事業を展開し、60以上の金融機関にサービスを提供している大手企業だ。同社の担当者によれば、2000万人以上の人々がBantotal社の金融サービスを利用しているという。

Bitexのマーケティング責任者であるManuel Beaudroit氏は、「今回のパートナーシップは、銀行業にブロックチェーン技術を導入するための重要な一歩だ」と語った。Bitexは、金融機関を仲介し、各国の通貨とビットコインを交換する役割を担う。

Beaudroit氏によれば、Bitexとの協力によって、従来の国際送金に比べ、必要な費用を5分の1に減少できるという。また、「送金プロセスを可視化でき、信頼性向上に役立つ」と、ブロックチェーンの利点を説明した。

さらに送金スピードも大きく向上すると語っている。一例を挙げ、アルゼンチンとパラグアイの間で輸出業を営む企業が、Bitexの送金システムに切り替えたら、1ヶ月かかっていた支払い手続きが1週間に短縮されたと説明。実際に業務が効率化できることが証明されている。

またBeaudroit氏は、ブロックチェーン導入によって商業活動が活発になり、ラテンアメリカの国々の国内総生産(GDP)の増加につながることも期待していると語った。しかし一方で、ビットコインのブロックチェーンを活用することによって、そこに銀行が参入していくには、本人確認やマネーロンダリング対策が必要になってくるため、普及にはハードルもある。

参考資料 : CoinDesk

CoinPostの関連記事

米送金大手MoneyGram、仮想通貨XRPを使う「xRapid」の利用を開始
送金大手MoneyGramが、xRapidの利用を開始していたことを決算報告書内で明言した。企業導入後のパフォーマンスデータが採用率の向上に繋がる可能性もある。
送金大国フィリピンの銀行が独自仮想通貨を発行|ブロックチェーンを活用した銀行取引は同国初
フィリピンの銀行UnionBankが、独自のステーブルコイン(PHX)を発行した。ブロックチェーンを活用した取引を実施する銀行は同国初。出稼ぎ労働者が多いフィリピンで、送金の効率化や透明性向上を狙う。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら