米フィデリティ、仮想通貨募金額の1億ドル到達を報告 ビットコイン募金の免税メリットを享受

フィデリティ、BTCなどでの募金が1億ドル超え
米大手資金運用企業フィデリティの傘下の慈善企業「Fidelity Charitable」は、2015年より仮想通貨による募金が1億ドル以上に達していると明らかにした。募金数が相場に相関する傾向があると関係者が説明。

フィデリティ、BTCなどでの募金が1億ドル超え

米大手資金運用企業フィデリティの慈善企業「Fidelity Charitable」は、2015年より仮想通貨による募金が1億ドル以上に達していると明らかにした。

Fidelity Charitableの年度報告によると、仮想通貨による募金を2015年より開始して以来、1.06億ドル(110億円)に相当する仮想通貨を通じた募金が集まった。

相場の影響もあり、仮想通貨の募金数が年々減少しているというが、募金までのクリアな送金プロセスや簡易送金に優れる仮想通貨の特性が利用される事例となっている。

なお、募金数が最も増加した年は「仮想通貨バブル」と知られる2017年で、計6900万ドルになったが、2018年ではその半分になる3000万ドルに留まった。

同社の関係者は「仮想通貨の募金数は仮想通貨の価格上昇に相関することがわかった。」と説明した。

さらに、価格が低下する時に仮想通貨を募金しない傾向には、税金の考慮があると、Fidelity Charitableのマーケティング責任者Amy Pirozzolo氏が言及した。

仮想通貨募金のメリット

Pirozzolo氏によると、仮想通貨の募金は「資本利得税」が免除されるメリットがあるため、仮想通貨の募金サービスを開始した。

現在、募金可能の銘柄はこれまでビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)ライトコイン(LTC)とビットコインキャッシュ(BCH)だったが、年度報告書では5月にリップル(XRP)を追加したことが掲載された。

募金の大半はビットコインだったが、イーサリアムの増加も見られている。

そして、主に下半期に募金される傾向がある。

と、Pirozzolo氏は説明した。つまり、毎年の納税期限になる4月15日の前に仮想通貨を募金する動きが多いと考えられる。

参考:Fidelity Charitable

CoinPostの注目記事

米フィデリティがビットコインマイニング事業に本格参入か 採掘プールの参加を表明
米大手資産運用企業「フィデリティ」が新にビットコインマイニングプールへの参加を表明した。本格的にマイニング事業に参入する可能性が見えてきた。
「仮想通貨間取引は非課税に」仮想通貨の二重課税問題解決で米議員が法案を提出
仮想通貨支持派の米下院議員は仮想通貨間取引は課税対象とならない法案を提出した。現在問題視されている二重課税の問題をなくすことを目的としている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら