米ビットコイン投資信託のプレミアムがBTC現物価格の下落余地を暗示か

GBTCプレミアム、BTC価格の上方乖離を示唆
米グレースケールの投資信託「Grayscale Bitcoin Trust」のプレミアムが、BTC価格の過大評価を示唆した。適正価格として、8,000〜10,000ドルが導き出された根拠とは。

GBTCプレミアム、BTC価格の上方乖離を示唆

米大手仮想通貨投資ファンド、米グレースケール・インベストメンツの投資信託「Grayscale Bitcoin Trust(GBTC)」のプレミアムが、過大評価を示唆した。ビットコイン(BTC)の価格帯は、19日昼時点で10,400ドル(110.6万円)ほどで推移している。

ファンドマネージャー兼アナリストのティモシー・ピーターソン氏は、グレースケールの「Grayscale Bitcoin Trust(GBTC)」における需要を示すプレミアム(価格乖離)をBTC価格と関連付けて分析するモデルをTwitter上で公開した。

ツイート情報を参照すると、赤色のチャートと左のメモリがBTC現物価格を示し、グレー色のチャートと右側のメモリがGBTCのプレミアムの値を示している。これらの相関性を比較すると、極めて高い相関性を示しており、GBTCの需給関係がビットコインの現物価格の行く末を暗示しているとの指摘だと思われる。

Grayscale Investmentsは、デジタル通貨を主な投資事業とするDigital Currency Groupの子会社で、金融の中心地である米ニューヨークに本社を置く。15億ドルの投資資金を運用する米資産運用ファンド「Grayscale Bitcoin Investment Trust」は、市場価格をベンチマークとする投資信託であり、投資対象をビットコイン(BTC)のみとした初の証券となる。

同金融商品は、1受益証券当たりのビットコイン保有比率が、ビットコイン市場価格に連動する投資成果を目指すもので、仮想通貨特有の問題である「秘密鍵」の漏洩・ハッキングリスクなどは皆無であり、その需要の高さから「高いプレミアム(価格乖離)」が常態的に発生した。

このGBTCにおける需給面から分析すると、1BTC=14,000ドル(149万円)を記録した6月下旬には、最大+4.0%を超えるのプレミアムが付いたものの、8月以降は+2.5%まで乖離が縮む場面もあり、出来高の減少など、需給関係が下方傾向にある。これを過去のチャート分析に当てはめた場合、8,000ドル(85万円)〜10,000ドル(106.4万円)が適正価格になり得ると指摘した。

機関投資家の需要拡大

出典:grayscale.co

なお、グレースケール社の2019年第2四半期における投資運用資産額は過去最高を記録し、27億ドル(約3000億円)に及び、Q2では、グレースケールの提供する10の投資商品が全て初黒字となった。

2018年7月〜2019年Q2までに自社投資商品を投資を利用した投資家の84%が機関投資家であったとしている。

「Bitcoin Trust BTC」の年初来リターンは、6月27日時点で+330%に到達していた。

CoinPostの関連記事

『移動平均線』ビットコイン(BTCFX)投資に役立つ、初心者向け仮想通貨チャート講座
仮想通貨ビットコイン(BTC)チャートなどで使える移動平均線を軸に、ゴールデンクロスとデッドクロス、パーフェクトオーダーといった相場のシグナルについて徹底解説。投資初心者にもわかりやすいよう図解付き。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【11/13更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら