『仮想通貨は支払い手段として世界中に普及する可能性』米旅行会社最大手CEO

支払い手段としての仮想通貨
旅行会社Booking HoldingsのCEO Glenn Fogel氏が、仮想通貨は支払い手段として世界中に普及する可能性を秘めていると語った。ユーザーが安心して利用できるようになれば、新興技術も受け入れられると説明している。

ボーダレスな仮想通貨

米旅行会社最大手Booking HoldingsのCEOであるGlenn Fogel氏が、ブロックチェーン上で発行される仮想通貨は、支払い手段として世界中に普及する可能性を秘めていると、米旅行メディア企業Skiftとのインタビューで語った。

Fogel氏は、特にクレジットカードが主流の米国以外で、旅行者が支払い手段において多くの選択肢を持てるようにすることを強く望んでいる。その選択肢として、仮想通貨は広く受け入れられる可能性があると持論を述べた。

Booking Holdingsは、フェイスブックが主導する仮想通貨リブラを運営するリブラ協会への参加を表明している。Fogel氏は、旅行の際の支払いは、今後はボーダレスになる必要があると語った。この発言が、国際的な普及を目指すリブラを支援する理由だろう。

また支払いには、情報のセキュリティが最優先されなくてはならないとも説明した。ユーザーが安心して利用できさえすれば、最新の技術も受け入れてもらうことができると意欲を示している。

Booking Holdingsは「人々が世界各国を旅する時のサポートをする」というミッションを掲げている。Fogel氏は、支払いがスマートフォンで完結し、現金の利用が珍しくなるような未来を思い描いているという。旅行者が望む支払い手段が、旅先で利用できないかもしれないといった心配をしなくてもいいような世界にしたいと話した。

CoinPostの関連記事

バイナンス出資の豪州旅行会社、仮想通貨BTC、LTC、BNBに対応するベータ版アプリをローンチ
仮想通貨取引所バイナンスが出資する旅行会社TravelbyBitが、仮想通貨で支払いが可能な予約アプリのベータ版をローンチしたことが明らかになった。決済時の手数料削減や処理速度向上を狙う。
中国政府の主要国策、深セン市でデジタル通貨やモバイル決済を研究項目に
中国政府は、深セン市特別経済区における「デジタル通貨」の研究を支援する方針を明かした。重要な国家プロジェクトとして、先行するイノベーションの研究になる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら