インドの仮想通貨禁止令への苦情処理、最高裁が中央銀行に対応措置を命令

インドの仮想通貨禁止令、最新状況
インドの中央銀行が国内の仮想通貨業界が禁止令に対する懸念や苦情を適切に処理していないとして、最高裁は、2週間以内に対応措置を講じるよう命令した。

インドの仮想通貨禁止令、最新状況

インドの最高裁は中央銀行に対して、仮想通貨の禁止令に対する苦情の処理を促している。

最高裁が、中央銀行が国内の仮想通貨業界が仮想通貨禁止令に対する懸念や苦情を適切に処理していないと判断したことが、最新の裁判プロセスで判明した。2週間以内に対応措置を講じるよう命令、中央銀行は「2週間の対応要求」に応じたという。

裁判の傍聴に参加した「CoinDCX」も、Rohinton Fali Nariman裁判官が中央銀行の疎かな対応に不満を示していたことを明かしている。

2018年より、インドの中央銀行(RBI)はすべての銀行が仮想通貨関連事業者(取引所等)にサービスを提供することを禁止しているが、一般人の購入に関してなど、インドの仮想通貨に対する規制方針は今も、不明確な状況が続いている。

最近では、インド政府の仮想通貨諮問委員会が、「政府が発行する仮想通貨を除き、民間における仮想通貨利用・取引など全面禁止を推薦する」とした報告書を提出したが、議会による具体的な法案、最高裁による法的な最終決定は未だ定まっていない状況にあり、各関係者の証言も異なる状況が見られている。

参考:Crypto Kanoon

CoinPostの注目記事

「インドが仮想通貨を全面禁止すれば約130億ドルの損失につながる」米リサーチ企業CEOが指摘
米仮想通貨リサーチ企業のCEOは、インドが仮想通貨を全面禁止した場合の損失額を算出。機会損失の規模を指摘しつつもインドの今後の規制方針に楽観的な見解を示した。
仮想通貨「最重要ファンダ」予定表:ビットコイン、リップル(XRP)、イーサリアム、ネム等【9/20更新】
23日には、Bakktがビットコイン先物取引をローンチする。そして24日、SECの長官らは米下院の公聴会に出席し、リブラを含む仮想通貨の規制、ビットコインETFなどの課題について証言する予定だ。仮想通貨市場価格に影響を与え得る様々な最新情報を随時更新。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら