「ビットコイン(BTC)ドミナンスは実質90%」出来高も含めた仮想通貨市場シェアを算出

ビットコインの実質ドミナンスは90%か
ブロックチェーン分析企業Arcane Cryptoは、投資家の市場判断指標であるビットコイン(BTC)などのドミナンスを計測するときに、「時価総額/総時価総額」の算式だけではなく、全通貨の出来高(流動性)も考慮する必要があると指摘した。

ビットコインの実質ドミナンスは90%か

ビットコイン(BTC)一辺倒な相場を経て、データサイトCoinMarketCapのBTCドミナンス(時価総額のシェア)は70%弱に達しているが、ビットコインのドミナンスが実質的に93%近くあると主張する新たな報告書が公開された。

そのように指摘するブロックチェーン分析企業Arcane Cryptoは、仮想通貨のドミナンスを計測するときに、「時価総額/総時価総額」との算式だけでなく、全ての通貨の出来高(流動性)も考慮する必要があると指摘している。

これは、単純な時価総額からの算出では、正確な市場シェアを測れないとした指摘である。

流動性を加えた計算を行なった結果は、9割以上占めるレベルに達するという。これは、ビットコインは現在一般的に認知・利用されているドミナンスと比較して、約20%も高い水準に相当する。

Arcane Cryptoの研究員が算出に利用した基準は2つ、それらの数値をもとに計算を行なった。1つはCoinMarketCapで、もう1点はBitwiseが指定した信頼できる取引所10社の出来高だ。出来高と時価総額の算出で値動きがないステーブルコインは計算対象外になった。

流動性を踏まえた計算となると、多くのアルトコインは市場のドミナンス持たず、ビットコインと競争する能力に欠けていると指摘した。

これらの調査結果を報告した上で、ドミナンスは投資家の市場判断指標になるとした一方で、プロジェクトを評価する基準には適していないと説明した。異なるブロックチェーンプロジェクトにはそれぞれのソリューションを提供することが、ドミナンスからは判断できない基準であると、同分析企業は結論付けた。

参考:Forbes

CoinPostの注目記事

仮想通貨出来高水増し問題、低信用度の取引所の水増し高が再び増加=CryptoCompareの最新報告
CryptoCompareの最新レポートで、信用度の低い取引所の出来高水増し額が19年に入り拡大していることがわかった。bitFlyerやKrakenなどは、信頼度で最高位を獲得。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【11/13更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら