CoinPostで今最も読まれています

【前編】仮想通貨デビットカードのMONACO社に独占インタビューを実施

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨デビットカードプロジェクトを進めているMONACO社に独占インタビューを実施
日本の取引所、韓国の取引所上場予定で話題を呼んでいるMONACOのCEO Marszalek氏にインタビューをさせていただきました。また、少し長くなりましたので、前編後編に分けました。
日本の取引所に、韓国の取引所上場予定
具体的な上場取引所名については12月14日17:00頃に発表予定との事です。

MONACOは、仮想通貨デビットカードのプロジェクトです。トークン単位はMCOです。

手数料なし、尚且つ最適な為替レートを通して仮想通貨を法定通貨に替えて支払う事が出来ます。

対応通貨は、BTC、ETH、ERC20トークンです。

CoinPostでは、日本の取引所、韓国の取引所に上場予定で話題を呼んでいるMONACOのCEO Marszalek氏に独占インタビューを実施させていただきました。

また、具体的な上場取引所名については、発表があり次第CoinPost Twitter上で拡散しますので、是非チェックしてみて下さい。

公開許可をして頂いたMONACO社及び、長時間のインタビューにご協力頂いたCEO Marszalek氏に御礼申し上げます。

インタビュー時間が少し長くなりましたので、記事を前編後編に分けて公開します。

※追記

12/18(月)に後編を公開しました。

【前編】仮想通貨デビットカードのMONACO社に独占インタビューを実施
仮想通貨デビットカードプロジェクトを進めているMONACO社に独占インタビューを実施しました。日本の取引所、韓国の取引所に上場予定と発表し、話題を呼んでいる仮想通貨です。

Monaco質疑応答

初めに自己紹介を踏まえ、Monacoとはなにかについて教えてください。

私の名前はクリス・マーザレックです。

Monaco社の共同創業者兼CEOを務めています。

Monaco社は2016年6月に創業し、今年6月にICOを遂げ、$2,670万(約30億2千万円)の資金調達に成功しました。

Monacoのビジョン『仮想通貨を全てのウォレットに』をモットーにスイス、シンガポール、香港で活動しています。

我々の商品は鉄でできたプレミアムカード、通称Monaco Visaカードです。

Monacoビザカードは、とても正確な為替レートで取引でき、仮想通貨のキャッシュバックなど、たくさんの特典が付いています。

仮想通貨界にとって魅力的な商品で、これから世界的に売り出すために準備をしている段階です。

Monacoの企業理念と価値提案は何でしょうか。

Monacoの目的は、仮想通貨を大衆市場のために利便性を向上することです。

つまり言葉通り『仮想通貨を全てのウォレットに』移すのです。

これを達成するにはいくつかの段階があります。

まず初めに、利用者がMonacoビザカードを所有することによって、資産への即時アクセスを可能にします。

口座に仮想通貨があれば、そこからネットショッピングや、ATMの引き出しをすることができます。

このような資産(仮想通貨)へ容易なアクセスできることはとても大事な要素だと考えます。

さらに我々のコアコンピタンス(中核能力)は信頼性や親切心です。

我々は、利用者のデータの安全を保証することによって、彼らの信頼を得る事もとても大事だと考えます。

そしてこの市場を勝ち抜くには、信頼性や親切心と素晴らしいユーザーエクスペリエンスの調和が大切だと強く思います。

つまり各ターゲット市場・国の法令順守をし(コンプライアンス)、シンプルかつフレンドリーな体験を提供(ユーザーエクスペリエンス)をするのです。

現在最も力を注いでるプロジェクトを教えて下さい。

広告なしでアプリユーザーが3万人に到達したことを踏まえると、アプリ開発は成功したと言えるでしょう。

一番の目的はMonacoビザカードをローンチし、アジア、ヨーロッパ、アメリカの順にマーケットを広げる事です。

このプロジェクトはとても素晴らしく魅力的ですが、同時にとても複雑でもあります。

なぜならマーケットによって法令が異なり、それぞれのコンプライアンスを考慮すると、とても複雑になるからです。

しかし同時に、Monacoトークンは幅広く入手が可能です。

今月だけで5つの取引所に上場され、今月末にも上場取引所を増やす予定です。

これによって、仮想通貨としてMonacoの知名度を上げることになるでしょう。

何故アジア圏が最初のターゲットなのですか。

チームの殆どはアジアで活動しています。

そしてMonacoは仮想通貨事業として初、公式にVisa(シンガポール)の承認を受けた会社です。

さらに仮想通貨事業初、カード発行社の承認を受けた会社でもあります。このように既にアジアマーケットで活発な活動をしています。

市場の大きさも影響しています。

世界的にアジアの取引量は巨大であり、日本のような仮想通貨の取締り(基準作り)が世界を先導しています。

ですので、我々の初期段階のマーケットとしてアジア圏を選択したのです。

ここで重要な点は、最終的にMonacoを世界中で利用可能にすることです。

アジアのローンチ後、直ちにヨーロッパ市場、来年にはアメリカでも提供開始するつもりです。

アメリカのコンプライアンスは他国より複雑ですが、Monacoは必ず世界中で利用可能になります。

日本のように仮想通貨に対してフレンドリーな国がある裏で、中国のように仮想通貨に厳しい国もあります。将来、政治的壁はどのように乗り越えていくのでしょうか。

私達のアプローチは、各国にローカライズすることによって、各市場の法令を遵守(コンプライアンス)することです。

例えば、Monacoは既に日本の弁護士と協力し、登記の準備を進めています。

このように各国に合ったアプローチを他国でもしていく予定です。

また、Monacoは以下の4つを約束します。

  1. 必ず各国に沿った法令順守をします。
  2. プラットフォームの全ての利用者がKYC(顧客熟知規則)であり、企業として顧客に合ったリミットを責任を持って約束します。
  3. 積極的に規制者にアプローチし、Monacoがどのような企業なのか、なにを達成するのか、ビジョン、商品などを明確にします。
  4. 規定者に不明点があれば、それに対してどのようなアクションを取るのかを明確にします。

仮想通貨は新しい市場なので、これから豊富なルール作りが必要となるでしょう。

市場の投資家を守ることは必須です。

仮想通貨を全てのウォレットに』というシンプルなコンセプトですが、市場によって規定者の要望は異なりますので、それに応えた法令遵守を行います。

Monacoビザカードは従来のビザやマスターカードのようなデビットカードとはどのように異なるのでしょうか。

私たちが開発した商品は、世界大手のクレジットカードに負けない強みがあります。

現時点では銀行のクレジットカードが最も利用されています。

しかしどの銀行も仮想通貨の取り扱いをしていませんので、これは大きな違いの一つです。

仮想通貨やブロックチェーン技術を使い、商品に新しい仮想通貨の特典や機能を追加できることは、銀行から差別化できる点でもあります。

現段階のMonacoビザカードは既に無料、手数料なし、正確な為替レート(クレジットカードは銀行の利益化のために不可)など様々な特典があり、これからも新しい機能や特典を追加していきます。

根本的に、仮想通貨やブロックチェーン技術の発展は銀行が追い付けないほど早いので、近い将来Monacoは銀行に打ち勝つでしょう。

bitpay、Token card、ten X、Wirexなど仮想通貨デビットカードを提供している企業がすでに存在します。さらに今月12日Roger Ver氏が、『ビットコインカードを作る』と述べましたが、これらの競合者にどのように打ち勝つのでしょうか。

仮想通貨界をマクロな視点でみると、数百万の利用者を持つ銀行に比べて仮想通貨スタートアップのサイズはとても小さいことがわかります。

だからこそ銀行に真っ向勝負をすることに意味があるのです。

他社のデビットカード商品についてコメントすることは避けますが、Monacoは手数料がなく、発送費もなく、為替レートも正確です。

私は、仮想通貨スタートアップ企業は競争者だとは考えず、JPモルガンチェイス、HSBCなどが我々のメイン競争相手だと考えます。

将来Monacoビザカードは他社とは劇的に違った方法で発展していくでしょう。

顧客はとてもスマートなので、仮想通貨カードを選択する際に迷うことなくMonacoを選ぶはずです。

14日に上場の発表を控えていますが、ずばりどちらの取引所で上場されるのでしょうか。

Monacoはパートナー(取引所)間の機密保持を厳しく守っています。

そして我々がパートナーに同じ基準を求めるように、パートナーもそのルールは守ります。

厳密な取引所の名前は出せませんが、14日の時点で複数の取引所を発表する予定で、これからその数はさらに増えます

そして我々の最終的な目標は、全ての大手取引所に上場することです。

これからどのようにプロモーションを行う予定ですか?

マーケティングはとても単純に考えます。

もし商品が素晴らしければ、マーケティングを行う必要は殆どありません。

我々はMonacoビザカードを開発する際、細部のディテールまで完璧にするために多大な時間を費やしました。

Monacoユーザーが支払いをする際、それを見た人が疑問に思い質問をします。

そしてユーザーは、『これは私のMonacoカードです』と自信を持って答えるのです。

このように商品とユーザー間の感情的な繋がりを築くことができたブランドは、アップル、シャネルなどごく僅かしかありません。

そしてこのコネクション作りはMonacoの目標でもあります。

この感情的な繋がりを築くことができれば、マーケティングは簡単です。

ですので、完璧な商品開発がマーケティングの初めのステップなのです。

次に、アプリのダウンロード数を増やします。

来年の目標は数百万ダウンロードで、それが数千万単位になればより理想的です。

最後に、YoutubeなどのSNSプラットフォームを利用し、幅広いオーディエンスにリーチします。

仮想通貨の難点の一つは利用手段の少なさですが、これから仮想通貨がどのように世界を変えていくでしょう?

Monacoビザカードはビザと提携しているため、初日から幅広く受け入れられ、世界中の4200万箇所で利用が可能になりました。

ビザのように既存する企業と提携することにより、仮想通貨の難点は解決されました。

確かに、仮想通貨の利用方法はこれから改善されなければなりませんが、来年発売予定のMonaco新商品によってより優れたユーザーエクスペリエンスを提供できるでしょう。

仮想通貨界はテクノロジーの大変革で、多数の天才や資産がこの世界に流れ込んでいます。

ブロックチェーンの波は、インターネットやスマートフォンが社会を変えた時代と似ていますが、この技術が将来どのように発展していくか予想することはとても難しいです。

例えば2003年、ウーバーのように世界の交通手段に変革をもたらすアプリを予測できた人がいたでしょうか。

恐らく不可能だったでしょう。

みなさんがお分かりのように、たくさんの知恵や資金がこの市場に投資されているため、発展のポテンシャルは巨大です。

私はこの変革の一部になれていることを、とても嬉しく思います。

Q. 中国ではWeChatのモバイル決済が主流ですが、中国市場でMonacoはどのように競争していくのでしょうか

来年新商品を発表した後明確になりますが、まずWeChatは我々の競争者ではありません。

現在Monaco商品は決済だけに限りますが、それ以上の商品や機能が今後発表・開発される予定です。

中国市場を俯瞰的に見ると、中国仮想通貨政策の安定、つまり仮想通貨企業が中国市場で活動するための基準を制定する必要があると考えます。

いずれ中国政府の取締りは安定化します。その時をMonacoは待っています。

Monacoの2018年の目標を教えて下さい。

先ほども話しましたが、まずはアプリの目標ダウンロード数を達成することです。

それ以上に大きな目標は、各国のコンプライアンスを実行し、マーケットに根付き、最終的にMonacoを世界的な存在にすることです。

Monacoにとって2018年はとてもエキサイティングな年になると同時に、オペレーション面の挑戦もたくさんあるでしょう。

日本の皆さんに一言お願いします。

我々にとって日本はとても大事な市場です。

来年、Monacoは日本にオフィスを作り日本市場に特化した(ローカライズ)した商品も出す予定です。

これからもMonacoから新しいニュースや商品が発表されるので、期待してお待ち下さい。

CoinPostの考察

後編ではMonacoCEOが考える今後の仮想通貨市場、ブロックチェーン市場についてご回答いただきました。

【後編】MONACO社CEOが語る仮想通貨やブロックチェーンの未来とは
仮想通貨デビットカードMonacoのCEOであるMarszalek氏との独占インタビュー記事後編です。Marszalek氏に仮想通貨とブロックチェーンの未来についてお尋ねしました。
Monaco日本Qryptos(Quoine) 、韓国Coinnest、Coinrail上場 
Monaco(MCO)日本、韓国取引所上場発表されました。上場場所は日本上場取引所Qryptos(Quoine) 、韓国の取引所CoinnestとCoinrailとなります。日本と韓国からの取引所に上場されたことでさらにアジア市場からの認知度が増えていくでしょう。
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/21 水曜日
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。
11:00
マスターカードがSwooウォレットと提携、仮想通貨による報酬プログラム提供へ
決済大手マスターカードはモバイルウォレット企業Swooと提携し、ビットコインなど仮想通貨による顧客報酬プログラムを提供すると発表した。
10:24
ゴールドマン・サックス、日本株を代表する『七人の侍』を選定
日経平均株価が34年ぶりにバブル後の最高値をつける中、大手投資銀行ゴールドマンサックスは日本市場を代表する「七人の侍」を選定した。では、どの銘柄が採用されたか。
08:30
明日決算発表を前にエヌビディア大幅安、仮想通貨関連株も下落
米ナスダックはエヌビディアやAMDなどIT・ハイテク株の売り先行で下落。多くのアナリストはエヌビディアの決算のハードルは非常に高く引き上げられていると指摘した。一方、イーサリアムは約2年ぶりに3千ドル台を回復した。
07:45
計1400億円相当のBTC、米コインベースから出金
計1400億円相当の仮想通貨ビットコインがコインベースから出金されたことがわかった。出金理由については売り圧の低下につながるといった声や、OTC取引のための出金であるといった声など複数の見方が上がっている。
07:30
米デリバティブ大手CME、小口のユーロ建のビットコイン・イーサ先物を提供へ
CMEのビットコイン先物OIは先月過去最高値の52億ドルを記録。仮想通貨ビットコインETFへの高い需要に伴ってヘッジの需要も高まっているようだ。
07:00
EVMウォレットMetaMask、ユーザーへの警告機能を導入 モバイル安全性強化
マルチチェーンへ対応 暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)の主要EVMウォレットMetaMaskは、モバイルアプリおよびエクステンションで、ユーザーへのセキュリティアラー…
05:50
Optimism、4回目のエアドロップで約60億円分の仮想通貨OPを無料配布
今回のエアドロップはOptimismを利用するWeb3アーティストやクリエイターをターゲットとしたもので、合計10,343,757.81 OPトークン(約4100万ドル)を2025年2月13日までに付与する。
05:30
バイナンス、全てのレバレッジトークン廃止へ
仮想通貨(暗号資産)取引所バイナンスは全てのレバレッジトークン廃止の予定を発表した。一方、昨夜StarknetのSTRKトークンの新規上場を実施した。
02/20 火曜日
14:51
韓国与党、選挙公約でビットコインETFやIEOの承認など検討 課税猶予の延長も
韓国の与党「国民の力」は4月の総選挙に向けた選挙公約の一環として、ビットコイン現物ETFの認可を含む、仮想通貨投資に関連した法律の制定を検討すると発表した。
14:36
Uniswap v4は2024年第三四半期に実装へ
Uniswap v4が2024年第3四半期にリリース予定。新機能「フック」の導入、暗号資産(仮想通貨)イーサリアムDencunアップグレードの影響、および監査プロセスに焦点を当て、ロードマップの近況をまとめる。
14:14
LINE NEXT、読んで稼ぐ「ReadON」と提携 コラボNFTを販売
NFT市場DOSIを手掛けるLINE NEXTが、読んで稼ぐアプリReadONとの提携を発表。コラボデジタルアイテムを2月21日に発売。Web3エコシステムにおけるマーケティングやビジネス領域での連携を図る。
12:23
50000ドル台で揉み合うビットコイン、イーサリアム先物市場に過熱感も
暗号資産(仮想通貨)市場では半減期を控えるビットコインが50000ドル台で一服。続伸中のイーサリアムは先物市場のOI(未決済建玉)に過熱感も見受けられる。
11:30
スタートアップ育成のY Combinator、ステーブルコインへの取り組み推奨
Y Combinatorはスタートアップ企業への推奨分野を発表。「ステーブルコインを使った金融」にも巨大なチャンスがあると述べている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア