急落のビットコイン(BTC)、一時9,600ドル割れ|BitMEXで1.5億ドルのロングが強制清算

急落のビットコイン、一時9,500ドル割れ
ビットコインは29日、約8万円幅急落し、一時9,600ドルを割った。急落する数時間前にBitMEXでは1.2億ドル分の買い板があったという。

急落のビットコイン、一時9,500ドル割れ

ビットコイン(BTC)は29日2時より、10,269ドルから9,522ドルまで、約750ドル(8万円弱)幅急落した。

現在、9,500ドル台から反発し、9,700ドル台を推移している。

この急落を受け、SNS上でアナリストは取引所BitMEXにおけるロングポジションの大量強制清算を伝えた。

急落に際し、「1.5億ドルのロングポジション」がロスカットされたが、ショートポジションにはほぼ無影響であったという。

なお、人気アナリスト「The Crypto Monk」は急落について、28日の夕方BitMEX上の1.2億ドル分の買い板が見られ、大口・クジラが大量に売りさばきながらも一定の価格ラインを維持するための動きではないかと分析している。

CoinPostの注目記事

『日本の仮想通貨市場復活のために』業界最先端のトレーディングツール、デコチャート開発秘話
仮想通貨業界の有志が共同開発する、最先端の仮想通貨トレーディングツール「DECOCHART」プロジェクト。CoinPostの取材で、開発の舞台裏や今後のビジョンが明らかとなった。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【11/20更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら