Twitter CEOが語る、今のビットコイン(BTC)が「通貨」として利用できないワケ

ビットコインを通貨として使うための課題
ツイッターCEOのJack Dorsey氏が豪メディアのインタビューに応じ、将来的なビットコインの普及拡大を確信する一方、通貨として利用できない理由について語った。

決済手段としての課題

ツイッターと決済企業SquareのCEOを務めるJack Dorsey氏が、豪州メディアとのインタビューで、ビットコイン(BTC)などの仮想通貨について語った。

Dorsey氏は、過去に「ビットコンは仕組みもシンプルで公益性が高く、世界中の人々が平等にアクセスできる上に、強さも兼ね備えている」と述べるなど、以前からビットコインを強く支持している。一方で「大衆に受け入れられるまでには、まだまだやるべきことが山積している」と、課題も見据えてきた。

また、現在はインターネットが世界中をつないでいるため、インターネットを1つの国家だと考えることができるとした上で、そこには統一された通貨があるべきだという考えを持っている。インターネット通貨として利用できる可能性を持つ仮想通貨は、ビットコイン以外には考えにくいとも語っている。

関連「インターネット通貨になり得るのはビットコインのみ」

今回のインビューではDorsey氏は、ビットコインの普及がこれから拡大していくことを確信しているが、まだ通貨として利用できるレベルには達していないと話した。「ビットコインは価格の変動が大きく、ゴールド(金)に似た投資向け資産のようだ。我々はビットコインをもっと入手しやすくて、より使いやすくする必要がある」と、その根拠を説明している。

今後の取り組み

Dorsey氏は、「金融サービス業界に参入するための技術トレンドとして、AIと仮想通貨の2つの技術が存在しているが、Square社は後者を活用することを選択した」とも話している。

また、「コードを書くエンジニアやソフトウェア開発者といったオープンソースを提供してくれるコミュニティが我々を支援してくれている。金融領域で何か恩返しがしたい。」と今後について意気込みを語った。

Dorsey氏は、仮想通貨の経済圏を改善するために、5人のエンジニアを雇っているという。インターネット通貨ができる日まで、「自分たちにできることは何でもする」と意欲をみせた。

参考: The Australian Financial Review

CoinPostの注目記事

ツイッター社CEOアカウントに不正侵入事案、約20分間乗っ取られる|専門エンジニアが解説
ツイッター社CEOのJack Dorsey氏のツイッターアカウントが一時的に乗っ取られた事案について、専門エンジニアが侵入手法や仮想通貨取引を含むネットサービスの注意点などを解説。
米CME、ビットコイン(BTC)のオプション取引を開始か 早ければ年内実現=The Block
The Blockの独占報道によると、米大手デリバティブ取引所CMEはBTCのオプション取引の提供に向けて準備を行なっている。年内ローンチする可能性もあるという。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら