パキスタン最大手銀行、リップル社とパートナーシップを締結|国際送金の利便性向上へ

パキスタンの銀行が国際送金の利便性向上へ
パキスタンの最大手銀行が、デジタル送金サービスを開始するために、米リップル社とパートナーシップを締結。150都市にある455以上の支店間で、送金の利便性向上を狙う。

パキスタンの銀行がリップルと提携

パキスタンの最大手銀行Faysal Bankが、デジタル送金サービスを開始するために、米リップル社とパートナーシップを締結したことが分かった。

Faysal Bankは、150都市でビジネスを展開しており、455以上の支店を持つ銀行だ。この内の200以上の支店がイスラム圏以外にある。

今回のパートナーシップを祝し、Faysal BankのCEO Yousaf Hussain氏らが出席して、パキスタン最大の都市カラチでイベントが行われた。

今回のパートナーシップに関して、現時点では両社とも詳細を公式発表していないが、Faysal Bankはリップルネット(RippleNet)に参加するとみられる。上記のツイートでは「速くて安全で便利な国際送金が可能になる」と説明している。Faysal Bankにとっては、送金業務の負担軽減やコストの削減にもつながるだろう。

先日リップル社の欧州連合VPを務めるJeremy Light氏は、国際送金ネットワーク協会「IAMTN」に対し、リップルネットの利用状況について語った。北米・ラテンアメリカ・欧州・アフリカ・アジアなどにおいてリップルネットによる送金経路を確立しており、最近ではカナダとナイジェリアにおける送金経路を新たに開設したという。

現在リップル社のクライアント企業の多くが「リップルネット」の「xCurrent」を利用しており、仮想通貨XRPを利用していない。しかし、Light氏は企業と規制当局がXRPを受け入れつつある現状から、XRPを利用する「xRapid」の採用も増えていくと見込んでいる。

CoinPostの関連記事

仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【11/13更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。
SBI北尾社長「国際送金は、仮想通貨XRP(リップル)を使用する形で」|フィンサム2019
SBI北尾社長はフィンサムにて、デジタル決済および仮想通貨領域について熱弁。米Rippleと提携したマネーグラムのほか、デジタル決済マネータップの展望、STOによる資金調達など、多岐に渡る事業展開に言及した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら