米ムーディーズが2021年までに「ブロックチェーン標準化」予測、証券化にメリット

ムーディーズ報告書、2021年迄のブロックチェーン基準化を予測
米格付け機関ムーディーズは、ブロックチェーン技術が2021年までに標準化され、クロスチェーンの互換性が最大化されるとの見通しを伝えた。証券化に対するメリットの享受も期待される。

2021年までにブロックチェーンISO化

米大手格付け機関のMCO(Moody’s Invstors Service)は、5日に発表した報告書の中で、「ブロックチェーン技術は、2021年までに標準化される」と予測した。

ブロックチェーン技術の標準化は、国際標準化機構(ISO)が進めており、報告書ではこの世界標準が設けられる事により、ブロックチェーンの課題の一つである「互換性(Interoperability)」が改善されるとしている。互換性とは異なるブロックチェーンでもデータのシェアやトランザクションを行える機能という。

Moody’sのシニアリサーチアナリストのFrank Cerveny氏は、「基準化はブロックチェーンのシステム、市場参加者の互換性を改善すると共にカウンターパーティーの集中化、トランザクション上の業務・法務リスクを軽減することが期待できる。」とコメント。

標準化は、異なるブロックチェーンにおいて、それぞれのブロックチェーンに搭載されているdAppsの互換性、およびレガシー・ITシステムとブロックチェーンの互換性を改善させ、ブロックチェーンのエコシステム確立を促進することを可能にすると見込む。また、運用上および法的/規制上のリスクも軽減されることで、テクノロジーを使用した証券化に対する信用力向上も期待している。

参考:Moodys

CoinPostの注目記事

ビットコイン強・アルトコイン弱の流れはいつまで続く?カイザー氏がBTCドミナンスを予想
ビットコイン(BTC)のドミナンスがどこまで伸びるか。仮想通貨の強気派として知られるマックス・カイザー氏が、ドミナンス推移にコメントした。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【11/13更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら