アムステルダム証券取引所トレーダー「ビットコインは天井ではなく、買い集め期間」

ビットコインは買い集め期間か
アムステルダム証券取引所のトレーダーが、2020年5月に迎えるビットコインの半減期に向け、ビットコインが買い集め期間にあるとの見解を示した。

Michael氏が現在のビットコイン相場に言及

アムステルダム証券取引所のトレーダーであり仮想通貨アナリストでもあるMichael氏によると、現在のビットコイン相場は半減期前の買い集め期間だと見解を示した。

Michael氏は、Twitter上で自身による分析チャートを投稿。現在の相場はブルマーケットの天井ではなく、FOMO(取り残されることへの恐れ)が高まる前にビットコインが再度買い集められている状態であると分析。

2020年の5月に迎える半減期に向け、ビットコインは2万5000ドル、日本円で約270万円付近を目指していくのではないかと見解を示した。

事実、過去のビットコインの半減期後はパラボリック上昇が見られる傾向にある。次の2020年の半減期が価格上昇の圧力となる可能性が高いことから、2020年のQ3とQ4の価格に大きく影響を与える可能性がある。

大胆予想も

テクニカルアナリストのRekt Capital氏は、ビットコインの半減期に言及しながら、今後の価格が上昇するのではないかとツイート。前2回の半減期をベースに今後数年間にビットコインが脅威的な上昇をみせ、2024年までには40万ドル(約4300万円)に到達するのではないかとの大胆予想を披露した。

過去に起きた2つの半減期前にビットコインが上昇した事実を鑑みれば、この価格予想は可能性がない訳ではなさそうだ。ただし、過去の2つの半減期では、ビットコインの認知度および影響力に関しては大幅に劣るため、注意が必要である。

FOMOが始まる基準は?

米マーケット調査会社のファンドストラット代表を務めるトム・リー氏は、BMI指数が50に到達するのを待った方が良いとするレポートを顧客に送っていたことをツイート。

BMI指数は、ファンドストラットが独自に開発したビットコイン保有者の感情を計る指数であり、67より上が「幸福感」を示し、27未満は「苦痛」を示している。BMI指数が53辺りに到達するとFOMOが始まるとファンドストラットは分析している。

参考リンク:Bitcoin Is in Short-Term ‘Accumulation Phase’ Before Halving FOMO

CoinPostの関連記事

ビットコイン(BTC)ラインブレイクで500ドル幅急騰、いよいよ最終局面へ|仮想通貨市況
米中貿易戦争の余波で為替・株式市場が大荒れ模様の中、仮想通貨ビットコイン(BTC)は9時頃から500ドル幅ほど急騰、10500ドル台を一時回復した。いよいよ煮詰まっており、今後の命運を別ける最終局面が近いものと考えられる。
軟調なビットコイン 10,000ドルの攻防を左右するポイントについて解説|仮想通貨市況(タキオン)
軟調な動きを続けるビットコイン分析、イーサリアムやリップルのアルトコイン分析を交えて解説。ビットコインは軟調な中にも中長期的な現物の押し目買いが見受けられる。一方でアルトコインは低調ながらも大きなサポートに達しており、ここで反発するかが仮想通貨マーケット全体を大きく左右すると言える状況だ。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら