最大手バイナンス、先物取引所「Binance Futures」と「Binance JEX」を正式ローンチ

バイナンス、2つの先物取引所を正式にローンチ
先物取引所コンペを実施した2つのバイナンスプラットフォーム「Binance Futures」と「Binance JEX」が両方ローンチされた。取引手数料50%割引キャンペーンなども行われている。
           

バイナンス、2つの先物取引所を正式にローンチ

8日までユーザーテストを行なっていた2つのバイナンス先物取引所が、両方ともローンチされたことがわかった。

12日の最新発表では、「Binance Futures」は9月13日13時より、すべてのユーザーに向けて、公開する。

なお、このプラットフォームの出来高は四半期の仮想通貨BNBバーン(流通量を減らす方法)の計算ベースに含まれる。

12日まで招待客のみ限定利用できるものであるが、「Binance Futures」では、9日〜10日の24時間出来高が、早くもテザー換算(USDT)で1億5000万ドルを超えたことが明らかになった。

すべての利用者は、開始から最初の三ヶ月において、取引手数料50%割引特典を享受することができるという。

参考:バイナンス最新発表

第二の先物プラットフォーム

なお、プラットフォームBの「Binance JEX」は先日バイナンスが買収した仮想通貨デリバティブ取引所であり、本家バイナンスから「ワン・クリック」でログインができると。「Binance JEX」では先物だけでなく、オプションも取引することが可能だ。オプションの銘柄はBTC・ETH・EOS・LTCとなる。

Binance JEXは、認知度向上キャンペーンの一環として、独自のプラットフォーム仮想通貨「JEXトークン」の無料配布を毎月行うほか、JEXトークンは、取引手数料の割引などの待遇などで利用される。

関連Binance JEX、独自通貨をBNB所有者に配布

CoinPostの関連記事

速報 米国版バイナンス、9月18日から登録と入金の受付開始|最初はBTC・ETH・XRPなど6銘柄を提供
「Binance.US」が9月18日の午前8時から、アカウント登録と仮想通貨の入金の受付を開始する。日本時間13日には本家バイナンスが米国ユーザーへのサービス提供を停止する。
仮想通貨「最重要ファンダ」予定表:ビットコイン、リップル(XRP)、イーサリアム、ネム等【9/22更新】
23日には、Bakktがビットコイン先物取引をローンチする。そして24日、SECの長官らは米下院の公聴会に出席し、リブラを含む仮想通貨の規制、ビットコインETFなどの課題について証言する予定だ。仮想通貨市場価格に影響を与え得る様々な最新情報を随時更新。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら