仮想通貨DASH、米コインベースPROへ新規上場|8つの検討銘柄が着々と上場へ

米コインベースPRO、「DASH」が上場
米コインベース(Coinbase Pro)は、仮想通貨DASH(ダッシュ)の上場を発表した。先日公表したアルトコイン上場検討リストからの2番目の上場銘柄となった。

米コインベースPRO、「DASH」が上場

米最大手仮想通貨取引所コインベース(Coinbase Pro)は、仮想通貨DASH(ダッシュ)の新規上場を発表した。

取引開始予定日は、米時間9月17日(PT 9:00)と設定。取引ペアは、DASH/USD・DASH/BTCとなる。

DASHの取引提供制限はニューヨーク州とUKで、その他全て対象地域で取引が可能になる。

コインベースは先日、新たに8つのアルトコインの上場を検討していると発表した。リストから上場になった銘柄は、ALGOとDASHだ。

検討中のアルトコインは以下の8通貨となる。

  • Algorand (ALGO)
  • Cosmos (ATOM)
  • DASH (DASH)
  • Decred (DCR)
  • Matic Network (MTC)
  • Harmoney (ONE)
  • Ontology (ONT)
  • Waves (WAVES)

DASHは、匿名通貨の枠組みとして複数の取引所が上場廃止を決定する流れが見られていた。日本での取引も制限されたほか、先日にはOKExでも上場廃止のアナウンスが行われている。

一方、DASH開発を中心的に担っているDashコアグループは、プライベートセンドの法的位置付けを訴える声明文を公開しており、匿名通貨としての位置づけは規制と法律の観点から見ると、誤ったDashの取り扱い方であると主張している。

原文は日本語で読むことも可能だ。

参考:Coinbase Pro

CoinPostの関連記事

速報 米コインベース、仮想通貨資金調達のIEO実施を検討
米コインベースが、仮想通貨資金調達IEOとSTO用のプラットフォームを新たに立ち上げることを検討していることがわかった。
仮想通貨「最重要ファンダ」予定表:ビットコイン、リップル(XRP)、イーサリアム、ネム等【9/20更新】
23日には、Bakktがビットコイン先物取引をローンチする。そして24日、SECの長官らは米下院の公聴会に出席し、リブラを含む仮想通貨の規制、ビットコインETFなどの課題について証言する予定だ。仮想通貨市場価格に影響を与え得る様々な最新情報を随時更新。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら