「BitwiseはビットコインETF申請を継続する」最高執行責任者が意志表明

BitwiseはビットコインETFの申請を継続
Bitwise COOは、NYSE Arcaに上場予定のビットコインETF申請を継続する意向であること表明した。米SECからの質問に回答する形で、業界の発展に寄与する意志を明確にしている。

Bitwiseは申請継続

米仮想通貨投資運用会社Bitwise Asset Managementは、NYSE Arcaに上場を予定しているビットコインETFの申請を、今後も継続していくことを表明した。

これは、シカゴ・オプション取引所(Cboe)に上場を予定するVanEck版ビットコインETFが、米国証券取引委員会(SEC)への申請を取り下げられたことに対するBitwiseの意志表明である。

関連VanEck社がビットコインETFの申請を取り下げ

VanEck版は今年1月に続き、今月2度目の取り下げとなったが、VanEck社のデジタル資産部門のディレクターであるGabor Gurbacs氏は、ETFの提供が最優先事項であることに変わりないと説明し、今後もETFの承認に向けた取り組みを継続する意志を示した。

Bitwise版のETFは、VanEck版と同様に承認期限が3回延期されており、その最終判断は10月13日に迫っている。

BitwiseのCOOであるTeddy Fusaro氏は、「歴史的にみても、新しいETF商品が承認されるまでには長い年月を要するものだ。(その間にも、申請取り下げは往々にして起こり得る)」と述べた上で、同社の意向について以下のように語っている。

 

Bitwiseは今後も申請を継続し、SECの提起する重要な質問にも全て回答する方針だ。

私たちは、仮想通貨業界をいかに発展させるかにフォーカスしていく。

参考資料 : The Block

CoinPostの関連記事

米SEC長官、ビットコインETFへ向けて「前進」 懸念点は未だ複数あり
米証券取引委員会のJay Clayton長官が、ビットコインETFの規制条件をクリアする状況へ向けて進んでいるかとの質問に「YES」と回答。しかし、金融商品として未だ懸念点は複数残っていると語った。2つのビットコインETFの承認判断期限は来月に予定する。
「1年で大きく変わった」ビットコインETF承認に自信を示すワケーBitwise CEO 最終判断は10月13日
10月13日にビットコインETFの最終可否判断を予定するビットワイズのCEOが、申請が許可されることに自信をのぞかせた。その理由と今後ETFが関わる仮想通貨市場の展望とは?


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら